【北海道での出会いを提案】昔懐かしのローカルゲームで仲を深める

突然こんな事を聞くのは変かもしれませんが「あなたが最後にした鬼ごっこ・大根抜きは何歳ですか?」私の記憶では、小学生のときが最後ではないかと思います。小学生の時は、休み時間になると男だとか女だとか気にせず体育館で「鬼ごっこ」や「大根抜き」「ミニバレー」「ドッチボール」をやったものです。しかし、思春期の中学生になると男子(女子)は男子(女子)だけのグループで遊ぶようになりました。そして、26歳になった今・・・。ただ単に童心に戻ってみんなで「鬼ごっこ」をしたい!この歳になると、昔はめちゃくちゃ足が速かった友達も簡単に捕まるでしょう。(お腹のお肉と運動不足のため)鬼ごっこは鬼ごっこでも「手繋ぎ鬼」がしたい!捕まると鬼と一緒に手をつなぐアレですよ。十数年の時が経って大人になった今、手を繋いで”いちゃいちゃしたい!”(あっ、すみません、話しを戻しますね。)


ローカルイベントの開催で地域活性化



「ナイナイのお見合い大作戦」という番組で嫁不足に悩む地域に住む独身男性と集団お見合いをすると言うような番組がありますが、そんな番組が無くてもローカルで地域活性(婚活・出会いイベント)をどんどん開催してくれるイベント会社があったら良いなと思っています。・・・終わり。ではなく、今回はどんなローカルイベントを開催したら人が集まるのか、そしてそのイベントを開催するためにはどのような事をしなければならないのかを考えてみたいと思います。まず、そもそも現在ローカルイベントって存在するの?存在する場合、どのくらいの頻度で開催されているのか調べてみました。私の地元、網走市を調べてみましたが定期的に開催されている出会い・婚活イベントは全くございませんでした。(※ネット上の情報では)と言うよりも、網走市ってどこだよ!と言う人に、簡単に網走市の説明をしたいと思います。網走市は、北海道の東部(道東)に位置する人口3万8,000人の市です。田舎ではありますが24時間営業の飲食店やYAMADA電気もあります。ローカル過ぎて話しについて来れない方もいると思いますが、ローカルと言うものはあまり知らないからローカルと言うのです。(調べたところ網走以外でもローカルイベントの定期開催はほとんどございませんでした)

「ナイナイのお見合い大作戦」は、都会から集まった女性陣が嫁不足に苦しむ地方に行って婚活をするのです。つまり、「網走市でイベントを開催します!みんな集まって下さい!」と宣伝しても人は集まらないのです。(集まる人がいないのです。)集まったとしても発起人と発起人の友人と興味本位の参加者数人くらいで、定期開催には繋がりません。では、地方をターゲットに出会いイベントを成功させるためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

その答えは至って簡単です。網走よりも人口が多くて、網走の人がイベントに参加出来る距離の地域で開催すれば良いのです。つまり、開催場所は北見市です。北見で開催すれば、網走・美幌・津別・置戸・遠軽あたりの人は参加出来るでしょう。そして、イベントの広告(宣伝)は北見市在住の方向けに情報発信をするのではなく、北見市に集まれる地域の方に宣伝をするのです。考え方としては、「北見市でイベントを開催するので北見市の人は参加して下さい!」ではなく、「網走に住んでいる人、美幌に住んでいる人・・・は、北見市に集まってお見合いイベントをしましょう!」という感じになります。これで、開催場所と情報発信のベクトルが決まりました。次は、出会い方とどんなイベントを開催するのかです。


札幌をベースに異性との出会い方について考えてみる



札幌で異性と出会うためには、掲示板やFacebookから自分に合ったイベントを選んで参加したり、健全な出会い系アプリに登録したり、友達の紹介であったりと様々です。この中でも最近は、Facebook上で出会い系のイベントを見つける方法が一番簡単です。但し、個人で運営している出会いイベントは飲み会イベントがほとんどですのでお酒が飲めなかったり、酔って変な人に絡まれるのが嫌な人は参加できません。それに、飲み会がベースですので参加費が無料であったとしても食事代が3,000円くらいはかかってしまいます。ですので、見ず知らずの人とお酒を飲んでお金が取られるのが嫌だと言う人には難しいでしょう。最近は、ランチ会というものもございますので、ワンコインで人と交流する事も出来るようになって来ています。しかし、ランチ会はお酒を飲まずシラフの状態で人とお話をしなければなりませんので婚活(異性との出会い)と言うよりも、ビジネス上のコネクション作りのために開催される事がほとんどです。大都市札幌と言えど、出会いに特化したイベントはそれほど多くはございません。最近流行の「街コン」がすすきので開催されたりしますが(北見でも開催された事があります。)やはり、お酒を飲まなければなりませんので結局はどれも同じです。

上記の事から、お酒も食事も一切取らずに会話ではなく参加型の出会いイベントを私が考えてみたいと思います。



どんな出会いイベントを企画しているの?



彼氏や彼女が出来ない人に多い特徴は口べたな事です。そのため「会食をしましょう!」と言うイベントは集まった人たちのニーズに合っていません。私が企画する出会いイベントは「単純に鬼ごっこをする!」それだけです。人と言うのは相手の匂いによってその相性を本能的に嗅ぎ分けています。鬼ごっこは体を動かしますので汗をかく上に相手に0距離まで近づく事が出来ます。鬼ごっこに会話は必要ございません。会話が少ないので相手の事が知れないと言う人がいるかもしれませんが、どの人が自分にとって相性の良い人か分かります。相性の良い人が見つかると口べたな人も会話が出来ます。なぜなら、相性が良いのですから。

2つ目のイベントは、「大根抜きゲーム」です。大根抜きゲームとは、北海道民だけが小さ頃からやっている遊びになります。どのような遊びかと言うと、体育館の壁に背中を合わせて座り足を伸ばします。その人の隣に同じように壁に背中を合わせて座り足を伸ばします。これを参加者一人を除いてみんな行います。次に、隣の人同士で腕を組みます。これでゲームを始める事が出来ます。座らなかった一人は、誰でも良いので足を引っ張ります。引っ張られた人は抜かれないように頑張って耐えます。両サイドの人は引っ張られている人が抜かれないように腕に力を入れてあげます。抜いた人は抜かれた人が座っていたところに座る事が出来、抜かれた人は抜く側になります。これを繰り返すと言う遊びです。以上。(※この説明は私の地元で行っていた「大根抜き」です。道民の方以外の方が記事を読んで下さっているかもしれませんので説明を加えさせていただきました。)

どちらのゲームにも共通しているのは昔やった事のある懐かしい遊びです。しかも、男女間の距離を縮める事の出来る遊びです。他にも「じゃんけん列車」などは良いかもしれませんね。食事をする訳ではございませんので参加費は体育館の入館料300円くらいです。イベント後に自由参加でお食事に行く事も良いでしょう。


ローカルイベント会社で起業は出来るの?


出会い・婚活をテーマにローカルビジネスで起業をする事が出来るのかについて考えてみたいと思います。上記で述べた昔懐かしい遊びイベントを参加費700円で30人集めて開催したとします。入館料が300円だとすると、収益は400円×30人=12,000円です。これを毎週土日に北海道の札幌・函館・旭川・帯広・北見・釧路の6ヶ所で開催したとします。4週間×土日×6都市×12,000円=576,000円の収益になります。ここで一つ問題になるのが、一人の人間が6都市にいる事が出来ないと言う事です。つまり、私一人で起業した場合毎週末札幌のイベントに参加して司会進行を行う事が出来ますが、その他の5都市のイベントには参加出来ないと言うことです。つまり、人を雇うか誰かに手伝ってもらう必要がございます。人を雇うほど資金に余裕がある訳ではございませんので、誰かに手伝ってもらいます。手伝ってもらうのは、地元のボランティアや非営利団体、同じような活動をしている団体や市の協力です。協力するメリットは、ホームページを立ち上げた際に広告枠を無料で貸し出すと言うサービスを行わさせていただきます。また、規模が大きくなれば参加団体様を集めて無料イベントなども行えたらと思っています。

上記では、週に2回のイベント開催をご提案させていただきましたが他にも出会い・婚活イベントを開催して成功をすれば会社の収入は上がりますのでローカルビジネスで起業をする事は十分可能だと考えます。ぜひ、どなたかイベントを開催してくれる事を心よりお待ちしております。「お前がやらないのか!?」と言われるかもしれませんが、言われましたらその時に考えます。最後まで読んで下さいましてありがとうございました。