【海外にいながら就活】日本のホテルのお仕事を探す最も簡単な方法

今回は現在海外に留学している人やワーキングホリデーをしている人が、海外にいながら帰国後日本のホテルや老舗旅館で働くリゾートバイト(リゾバ)のお仕事を探す方法をご紹介したいと思います。また、この方法は海外在住ではなくても派遣会社の支店がない地域に住んでいるに人も使える方法ですので、リゾートバイトをしてお金を稼ぎたいと言う人はぜひ参考にしてみて下さい。


海外在住の方向け、帰国後日本でのお仕事探し


現在、海外に留学をしている人やこれから海外へ行って留学やワーキングホリデーを行おうと思っている方で、日本に帰国後自分のやりたい事をするためにお金を貯めようと思っていたり、海外からの日本へ帰ってくる交通費を浮かしたいと考えている人は短期のリゾートアルバイトをやってみてください。リゾートバイトは、海外にいながら日本に帰国後すぐに働ける仕事を探す事が出来ます。リゾートバイトは、派遣会社に派遣登録をすると派遣会社とホテル・旅館側が採用・不採用(ほとんどのケースで採用です。)を決めてくれますので、自ら就職活動を行う必要はございません。そのため、海外からでも簡単にお仕事を決める事が出来ます。海外でする事は、いくつかある派遣会社の中から自分に合う派遣会社を選び派遣登録をして、どんな仕事をしたいのか、リゾートバイトを何ヵ月間やりたいのかを明確にするだけ。派遣登録は、海外からでも出来ますが日本にいる時に済ませておくとスムーズに話しが進みます。


海外在住者対応の派遣会社比較



海外在住者対応のリゾートバイト(リゾバ)の派遣会社は、アプリリゾート・アルファリゾートと言う会社が有名です。派遣会社に仕事を紹介してもらうときは、必ず電話でお仕事内容を聞かなければなりません。これは、お仕事の内容を理解してもらうのと本人確認を兼ねて行っているようです。アプリリゾート・アルファリゾートは、Skype電話が可能な派遣会社ですのでWi-Fi環境があれば海外にいながらでもお仕事を紹介してもらえます。私自身も台湾・フィリピンから現地のWi-Fiを使って、派遣会社にSkype電話をしてお仕事を紹介してもらいました。海外からのお問い合わせでも快く対応して頂きました。

私の場合は、日本で派遣登録を済ませておきましたので担当者との話しがスムーズに進行しました。お仕事の紹介の流れは、登録した時に対応してくれた担当者に”日本に帰るのでお仕事を紹介して下さい。期間は~です。”(一ヵ月間や三ヵ月間など)と言うような連絡を致しました。その後、担当者に勤務地と仕事内容の確認があり、お仕事を10件程度メールで送ってもらいました。送ってもらった仕事の中から一番条件の良い仕事を選んで担当者に”~ホテル・旅館のお仕事の詳細を教えて下さい。”と言うと、数日以内にSkype電話がかかって来てお仕事の内容を教えてもらえます。お仕事は2、3日で採用が決まりますので、後は日本に帰国する航空券を予約して採用が決まったホテルに時間通りに行くだけです。私の場合は、アルファリゾートにお問い合わせをしてお仕事を紹介してもらいました。アルファリゾートはどのお仕事も時給が1,000円を超えますが、求人数がアプリリゾートの三分の1以下で派遣期間が3ヵ月間と少し長いので、短期間で勤務地を自由に選びたいと言う人はアプリリゾートでお仕事を探す事をお勧め致します。


地方在住者の方が使える派遣会社



リゾートバイトの派遣登録はインターネット上で出来ますので、地方在住者の方が派遣会社の本店や支店に行く必要はございません。そのため、アプリリゾート・アルファリゾートだけではなく、リゾートバイトの最大手であるヒューマニックと言う派遣会社も使う事が出来ます。日本に住んでいる方は、当然電話が可能ですのでわざわざSkype電話を使う必要はございません。また、ここで言うSkype電話はテレビ電話ではなく、単なる電話の事を指しています。派遣登録は、各派遣会社の派遣登録又はお問い合わせフォームからお問い合わせをする事で登録の手続きをする事が出来ます。もちろん、登録は無料ですし登録をしたからと言って絶対にリゾートバイトをしなければならないと言う訳ではございません。登録をして、担当者にリゾートバイトについての話しを聞いてみてやってみたいと思ったり、やりたい仕事が見つかった時に仕事をすれば良いのです。興味のある方は、お問い合わせをしてみましょう。


海外からリゾバをする場合の交通費の支給額は?


さて気になる海外から直接ホテルや旅館に着任する場合の交通費の話しを致しましょう。海外からの交通費は一円も支給されません。ここで言う海外からの交通費とは、国際線の飛行機の料金になります。もし派遣先が交通費全額支給の職場であった場合、台湾→東京(成田)→北海道というルートで着任するケースでは、台湾から東京行きの交通費は支給されませんが、東京から北海道行きの交通費は支給されます。また、例えば実家が沖縄であった場合、北海道で期間を満了して沖縄に帰る北海道→沖縄の交通費も支給されます。海外からリゾバをする場合、交通費の起算点が海外から帰って来た時に利用した空港がスタートとなります。もし、中部国際空港や関西空港を利用した場合はそこが起算点になります。

交通費は、3ヵ月以上勤務しないと全額支給されない職場がほとんどです。交通費目当てで仕事を三ヵ月以上すると言うのは現実的ではございません。但し、一ヵ月間だけ働いて日本で生活するための貯金を貯めつつ交通費もいくらか出してもらいたいと思っている人はぜひリゾートバイトをやってみて下さい。一ヵ月間のアルバイトは、アプリリゾートかヒューマニックから仕事を探すと良いと思います。ただし、上記で述べた通り海外から仕事を決める場合は、アプリリゾートが一番だと思います。


まとめ|海外在住者でも地方の方でもリゾバが出来る!


海外留学やワーキングホリデーをした方は、日本に帰国後すぐに仕事をしなければお金が無いという方がほとんどです。日本に帰国した後、ゆっくり仕事を探すのも良いと思いますがリゾートバイトでは海外で学んだ外国語を活かせる職場もございますので、一ヵ月間だけでも働いてみると良いと思います。一ヵ月間働くと、15~20万円の貯金が出来ます。時期によっては25万円の給料になる月もございます。食事も寮費も基本的に無料ですので、たった一ヵ月間派遣で住み込みアルバイトをするだけで次にやりたいと思っている事の資金を貯めることが出来ます。また、帰国後は少し考える時間が必要だと思いますので、働きながらゆっくり今後の事を考えると良いでしょう。私自身も、半年ぶりに台湾から帰国した時一ヵ月間だけ兵庫県でアルバイトを致しました。一ヵ月間考える時間を持てた事で、その半年後にフィリピン留学へ行く決意を固める事が出来ました。日本に帰って来てから何をしようかまだ考えがまとまっていない人は、ぜひリゾートバイトをお勧め致します。ぜひ、ホテル・旅館の仕事をやってみて下さい。