【リゾバ派遣のブラック企業】サービス残業の有無やブラックな体験談

今までこちらの『リゾーバイト住込み派遣で高額貯金を貯めフリーになった物語』で、リゾートバイト(リゾバ)の良い所を沢山ご紹介してきましたが、今回は思い切ってリゾートバイト派遣のブラックな部分をご紹介してみたいと思います。今までリゾバ派遣で2年2ヶ月間で12ヶ所の職場で働いてきた私の実体験からお話したいと思います。

※ブラックだと思う企業名・ホテル名を公表する訳ではございませんので、ブラックな派遣先を知りたい方はリゾバ掲示板などから探すと良いかもしれませんね。


一般的なブラック企業って?


一般的にブラック企業と呼ばれる企業とは一体何なのかということについて考えてみたいと思います。まず、労働者にとって最も重要なのは労働条件です。労働契約に定められた労働をして、定められた賃金をもらうと言うのが普通です。残業が全く無い企業は少ないと思います。残業に関しても労働契約で定められた通りに行わられなければなりません。さもなければ、違法残業の問題に発展するだけではなく、仮に社員が過労で病気になってしまうとなるとかなり深刻な問題になります。

さらにセクハラ・パワハラが日常的に行われている企業もブラック企業と呼べるでしょう。見方を変えて、売っている商品やサービスに違法性の有無によってもブラック企業と呼ばれることもあるでしょう。飲食店を例に上げると、「国産」と表示している場合でも「外国産」の輸入品を使っていたり、半ば強制的なサービス提供などを行っている会社もブラック企業と呼べるでしょう。

今回お話しするのはリゾートバイト(リゾバ)派遣でのブラックな部分です。リゾートバイトの仕事はほとんどがホテル・旅館でのお仕事になります。ホテル・旅館でのサービススタッフは飲食業と変わりませんので、ある意味ブラックな部分がたくさんある業界になります。現在リゾバをやっている人も、これからリゾバ派遣をやろうと思っている方もぜひ最後までご覧になってみて下さい。


リゾバにおけるブラック企業とは?



リゾートバイト(リゾバ)で一番多いのは、残業・休憩・休日数に関するブラックです。まず始めに、リゾートバイト(リゾバ)派遣では残業シフトは当たり前にあります。ホテル・旅館では残業を想定してシフトが組まれているということはしばしばございます。しかし、残業がある事が違法な事ではなく、残業をしているのにも関わらず残業代が支払われなかったり、その残業時間の長さが問題になるのです。

リゾートバイト(リゾバ)の場合、派遣スタッフと派遣先のホテル・旅館の間に派遣会社が入っていますのでサービス残業と言うものはほとんどございません。あるとするならば、リゾバは基本的に15分単位でタイムカードの時間が計算されますので14分で退勤をした場合は、14分間のサービス残業になります。1時間のサービス残業に比べると14分間は短く感じる人もいれば、長く感じる人もいるでしょう。私は、14分間は長く感じます。出来る事ならばジャストに退勤するのが理想です。ただし、14分間残業したからと言って”ブラックだ!”と騒ぐのは賢い生き方だとは思いません。皆さんはどうでしょう?

次に、休憩時間に関してですが、法律上では6時間~8時間の労働で45分以上の休憩、8時間以上の労働では1時間休憩を取ると言う事になっています。リゾバで、中抜け休憩がある場合は労働中に休憩はありません、午後からの出勤で労働時間が長くなる場合は休憩が必要になります。今までの職場の中で一ヶ所だけ、午後14時に出勤で退勤時間が22時の職場がございました。しかしながら、休憩時間はありませんでした。違法だと言えば違法です。ただし、このシフトもリゾバの世界ではなぜか了承されています。もし、休憩をしていないのに1時間分の休憩を取っているとして時給計算をされていたら騒いだと思いますが、8時間分の給料が支払われていましたのでその時は渋々納得しました。

最後に休日日数に関するブラックです。リゾバの世界でも基本的には週2日が基本です。しかしながら、リゾートバイトでは忙しい時は毎日シフトを入れられ、ホテルが暇なときは平気で休みにされます。これまた実体験ですが、夏休み明けの9月の休日日数が9回あったのに紅葉シーズンが始まり、ホテルが忙しい10月の休日日数はわずが3回だけ・・・という職場がありました。契約上では一週間に最低一回以上の休みがなければ違法になりますので、100%ブラック企業だと言えるでしょう。この時は、契約期間満了前に派遣契約を切り他の職場に移りました。

タイムカードの改ざんがあるの?

リゾートバイト(リゾバ)派遣では、給料の未払いタイムカードの改ざんがあるのかと言う点については、リゾバ派遣では派遣会社を通して仕事をしますので未払いは絶対にございません。タイムカードの改ざんについては派遣会社の社員が出勤時間を変える事は100%ございませんが、ホテル・旅館側が改ざんする可能性は0ではございません。

以下に給料の未払いとタイムカードの改ざんについて詳しく書いてみました。


一番心が痛いのは同じ職場で働いている社員さん



リゾートバイト派遣で一番心が痛いのは、ブラック企業に働く正社員の方です。例えば、14分間サービス残業をしなければならないホテル・旅館があるとします。気持ち的には14分間も余分に働かせやがってと思うことでしょう。しかし、ブラック企業で働く正社員の方々はアルバイトとは比べ物にならないくらいのサービス残業を強いられています。週14時間以上のサービス残業なんて普通です。しかも、もっと可哀想なのはリゾバの派遣社員は寮費無料・食費無料で生活をさせてもらえますが、正社員は毎月寮費と食費が給料から引かれています。(寮費月20,000円、食費10,000円とか)さらに、光熱費などの請求もされます。

正社員の給料に関しては、16万円~20万円に残業手当等が少し上乗せされ19万円~23万円くらいでしょう。例えば19万円もらってそこから社会保険や国民年金が引かれると手元に残る金額は10万円程度になります。リゾバ派遣社員は20万円~23万円もらって個人で国民年金等を支払っても15万円以上は手元に残ります。しかも、ほとんどサービス残業をしていませんので自分の時間を確実に確保する事が出来ます。私がリゾバ派遣をしている時は、資格取得のための勉強や語学学習に時間を使っているという人がよくいました。私自身は休憩時間や退勤後にブログ副業をしていました。もう一度言います、一番可哀想なのはブラック企業で働く正社員なのです。

リゾバ派遣をしているとよく派遣社員から正社員になった!という人がいますが、リゾバ派遣の法が絶対的に高待遇ですので正社員になるというお話はよく考えてからお答えした方が良いでしょう。

リゾバの一ヶ月間の給料明細を大胆公開!


リゾバでブラック企業はどのくらいるの?



リゾートバイト(リゾバ)派遣では、ブラック経営のホテル・旅館に派遣される事はしばしばあると言われますが、派遣社員は派遣会社に守られていますので例えブラック企業に当たってしまった場合でも、派遣会社の方に対処してもらう事が出来ます。また、リゾバの派遣期間は通常3ヵ月間です。(一ヵ月間の短期のお仕事もあります。)そのため、どんなにブラックな企業に派遣されても期間を満了したら辞める事が出来るのです。

私はリゾートバイト派遣を2年2ヶ月間行い12ヶ所のホテル・旅館で働きましたが、ブラック企業に当ったのは僅か2ヶ所です。ブラックではございませんが職場環境が悪いホテルだな〜と思ったのは、ブラック企業だと思ったホテル以外に3ヶ所ありました。8割以上のホテルが健全で、5割以上のホテルは職場環境もそこそこ良いという印象が私にはございます。そのため、飲食業界の中ではリゾバのお仕事は比較的お勧めできます。また、短期間で高額貯金を貯めることができますので、正直な話そこまで贅沢なことは言ってられない!とにかく働け!というのが本音です。もし、リゾバ生活に挑戦してみたいという方は以下に私がお勧めするリゾバ派遣会社の比較記事も合わせてご覧になってみて下さい。