大手リゾバ派遣会社の交通費比較|交通費が高い派遣会社はどこ?

リゾートバイト(リゾバ)派遣では、各派遣会社から交通費が支給されますので安心してリゾバの旅に出発をする事が出来ます。しかし、派遣会社によって支給される交通費の金額や交通手段が異なりますので、交通費が支給されると言ってもその内容には違いがあるのです。今回は、大手リゾバ専門の派遣会社による交通費の金額と交通手段について実体験からお話ししたいと思います。比較するリゾートバイトの派遣会社は、「ヒューマニック」「アプリリゾート」「アルファリゾート」の3社です。どの派遣会社もリゾートバイト業界では超有名な派遣会社ですのでぜひ参考にしていただけましたら幸いです。


リゾートバイトの交通費とは?



リゾートバイトの交通費は、ヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾートなど、どの派遣会社を使っても基本的には同じ支給方法で受け取る事が出来ます。交通費の支給は、勤務したリゾートホテル・旅館で働いた最後の月の給料に一括上乗せの形で支払われます。例えば東京在住の方が1月〜3月まで北海道で働き、4月〜6月まで沖縄県でリゾバをして東京に帰ったとします。この場合、4月に振り込まれる給料(3月に働いた分の給料)に東京→北海道と北海道→沖縄県分の交通費が支給され、7月(6月に働いた分の給料)に沖縄→東京分の交通費が支給されます。また、北海道の仕事を終えた後一度東京に帰省した場合は4月に東京⇄北海道、7月に東京⇄沖縄県分の交通費を受け取る事が出来ます。さらに、始めに勤務した北海道への交通費の支給上限金額が低い場合は、北海道→沖縄県の交通費を4月ではなく7月にもらう事も出来ます。

リゾバの交通費は、派遣社員(リゾバスタッフ)の都合でいつの勤務の支給にしてもらうか比較的柔軟に対応してもらえます。しかし、リゾバの交通費の支給条件は、リゾバ期間の満了が絶対条件になっていますので、先の職場でもらっておく事をお勧め致します。例えば上記の例で北海道での仕事の派遣期間を満了した後、沖縄県行きの交通費を少し自分が負担する形になる場合であっても、沖縄県での仕事を100%期間満了が出来るとも限りませんので、数千円の場合であればいくらか自己負担をしてでも確実に交通費を受け取ることも有りです。私自身約2年間リゾートバイトを致しましたが、職場環境が合わないという理由で2ヶ所の派遣先で期間途中でリゾバを辞めました。(他の派遣先に移動致しました。)仕事内容で辞めたいと思う事はないと思っていたとしても、職場環境が合わなければ仕事を続けることができません。派遣先の環境が悪くてリゾバを辞めたとしても、派遣会社によっては一銭も交通費が支払われない場合がありますので注意して下さい。


交通費でリゾバ派遣会社を選ぶなら


ここからは、私の2年間のリゾバ派遣生活の体験談になりますので参考程度に聞いていただけたら幸いです。大手派遣会社の中で一番交通費の金額が高いと感じたのはアルファリゾートです。私がアルファリゾートでリゾバをやっていたときは往復3万円又は5万円の派遣先がほとんどでした。私は、毎回北海道発でリゾバをやっていましたが交通費が3〜5万円支給されるためほとんどの職場に自己負担無しで行く事が出来ました。また、アルファリゾートでは派遣期間に関わらず規定の交通費が出る職場が多く感じます。1ヵ月間だけの勤務でも3万円の交通費が出る職場もございました。大手派遣会社のヒューマニックは「3ヵ月で60万円」の貯金が出来ます。しかし、アルファリゾートでは「2ヵ月間で50万円」の貯金が出来ます。3ヵ月の勤務では75万円です。アルファリゾートを使うと高時給で働け、貯金がザクザク貯まります。また、交通費の待遇も一番良い派遣会社になります。(ちなみに私はアルファリゾートで4ヶ所8ヵ月間リゾバを致しました。)

ヒューマニックとアプリリゾートの交通費の支給金額はほとんど同じです。こちら2社は3ヵ月勤務で規定金額の満額支給、それ以下の短期勤務であれば一部支給がほとんどです。ヒューマニックは、支払い規定の範囲内で交通費が納まるように交通経路等を作成してくれます。しかしながら、アプリリゾートは交通費を最小限に抑えるような提案をしてきます。私は、2度兵庫県の職場から静岡県に派遣されましたが、アルファリゾートの場合は兵庫県から新幹線で静岡県の三島まで言って下さいと言われましたが、アプリリゾートの場合は深夜バスで向かってくれと言われました。新幹線で移動した時は、兵庫県の仕事を終えた次の日の午前中に寮を出て夕方には静岡県の職場に着きました。しかし、深夜バスで行った時は仕事を終えた次の日に寮を出たのにも関わらず静岡の三島に到着したのが次の日でした。当然です、新幹線であれば2〜3時間くらいで着くのに、深夜バスで10時間かけて移動したのですから。(アルファリゾートとアプリリゾートの比較になってしまいまして、すみません。ヒューマニックでもおそらく新幹線で派遣先に向かってと言われると思います。確証はありませんが経験から・・・。)アルファリゾート・ヒューマニック・アプリリゾートのどの派遣会社でも交通経路をある程度指定されます。交通費で派遣会社3社を比較するならばアプリリゾート<ヒューマニック<アルファリゾートになります。余談になりますが時給で選ぶならヒューマニック<アプリリゾート<アルファリゾートになります。

詳しくは、大手リゾバ派遣会社の3社の総合比較をご覧下さい!

追記:アルファリゾートの交通費には穴があった

アルファリゾートの交通費は高い!という話をいたしましたがデメリットもあるのです。それは・・・交通費は行きの2倍までしか支払われないということです。例えば、沖縄から名古屋で働いて派遣期間を終えた場合は、行きも帰りも同じ金額になりますので問題はありませんが、名古屋の職場で派遣期間を満了し、さらに名古屋の違う派遣先で派遣をして沖縄に帰る場合、名古屋から名古屋までの移動費なんてどう考えても少額になりますのでその2倍までと言われても・・・となるのです。

つまり、アルファリゾートは交通費の上限金額は高いものの行きの2倍までの交通費支給という制限がありますので、最後のリゾバ派遣ではお勧めしないのです。もし、最後のリゾバ派遣になる
!という場合は、ヒューマニックやアプリリゾートを使ってリゾバ派遣をすると良いのかな・・・と思います。


派遣期間途中で辞めた場合の交通費支給


上記で派遣期間を満了する前に職場を2度辞めたと話しましたが、その時交通費が支給されたのかどうかということについてお話ししたいと思います。一度目に派遣期間の満了前に辞めたときの派遣会社はアプリリゾートでした。辞めた理由は職場の人との相性が悪かったためです。後任の派遣社員が決まり次第すぐに辞めました。(1ヵ月間勤務しました。)期間満了前に職場を辞め、再度アプリリゾートを使って次の職場に向かいました。この時の、交通費は一銭も支給されませんでした。次に行った職場で3ヵ月間勤務しましたので、辞めた職場に行ったときの交通費だけ負担したことになります。(辞めた職場から3ヵ月間勤務した職場に行った交通費は支給されました。)もし、次の職場でも3ヵ月間勤務が出来ずに実家に帰っていたとすると、往復交通費分の費用を自己負担しなければなりませんでした。

2度目も職場環境が合わなかったため退職致しました。2度目のときはアルファリゾートを使って派遣を行っていました。この時は、予定では2ヵ月間の勤務でしたが1ヵ月間で退職しました。アルファリゾートでは期間満了前の退職であっても、契約書に書いてあった3万円の交通費が支給されました。アプリリゾート・ヒューマニックでは、派遣期間の途中で職場を替えた場合交通費は一切支給されません。(そういう契約ですので支払われないのが当然なのですが・・・)しかしながら、アルファリゾートでは退職理由によっては交通費が支給されます。リゾートバイトは、実際に職場に行ってみるまでどんな職場か分かりません。例え、担当者に「凄く良い職場」だと言われたとしても環境が合わない職場もあります。そう言った意味では、アルファリゾートではかなり派遣社員に優しい派遣会社だと言えるでしょう。

※ただし、交通費が支給されたのは次の職場もアルファリゾートでお仕事を決めたためです。これが、派遣を辞める場合やヒューマニックやアルファリゾートを使って次の職場に向かう場合は交通費が支払われません。そのため、お仕事を途中で辞めた場合は交通費の支払いはないものだと思っていた方が無難です。


まとめ【大手リゾバ派遣会社交通費比較】


上記ではアルファリゾートの交通費が高いと言うお話を致しましたが、アルファリゾートでは仕事の案件がヒューマニック・アプリに比べると半分以下になってしまいます。そのため、沖縄・北海道の人が一番最初の派遣先選びを交通費目的で決めると言うのも1つの手ではございますが、ヒューマニック・アプリゾートの交通費が0円だと言う事ではございません。いくらか負担をする可能性があると言うだけです。更に言ってしまえば、交通費の支給は任期満了後の最期の振込で給料と一緒に振り込まれるのです。そのため、交通費は一度立替えをしなければならないのです。つまり、どの派遣会社を使っても交通費分のお金が必要なのです。

もし、交通費を立替える事が出来ないと言うのであればアルファリゾートを使うよりもヒューマニック・アプリリゾートを使った方が前払い制度がありますので、勤務後すぐに給料を受け取る事が出来ます。例えば、アプリリゾートでは一律50,000円の前払い制度が利用出来たり、ヒューマニックでは実際に働いた給料の50%を給料日前に振り込んでもらえます。

リゾートバイトは高時給で、毎月10万円以上貯金が出来る人もいます。つまり、派遣期間が満了する頃には交通費の金額を細々言わなくても良いくらいお金があるのです。と言う事は、交通費で派遣先を選ぶよりも求人数で派遣先を選ぶ方が賢い選択だと言えるでしょう。

今回は大手派遣会社の交通費を比較してみましたが、実際にいくらの交通費が支給されるかはお仕事によって変わります。ヒューマニック・アプリでも満額支給の職場が沢山あるのです。と言っても、北海道の人がリゾバをする場合や北海道でリゾバをする人くらいしか交通費の上限を超える事がありませんので、どの派遣会社を使っても交通費に関しては全額保証されていると思っていただけたら良いと思います。但し、派遣期間だけは満了致しましょう。