2年間のリゾバ体験まとめ|リゾートバイトのリアル生活と経験談

リゾートバイト(リゾバ)「別名:やりたい事を叶えるための短期・長期の住み込み派遣アルバイト」をご存知ですか。私は夢を叶えるために、リゾートバイトを約2年間行いました。リゾートバイトはやりたい事(夢や目標)を叶えるための準備期間に最適な住み込みのアルバイトになります。派遣先のホテルから見ればただの派遣アルバイトになりますが、実際は派遣社員ですので派遣会社の社会保障に加入が可能です。社会保証もあって尚かつ高時給で働けると言うのがリゾバの最大の特徴です。私は2年2ヶ月間12か所のホテル・旅館でリゾートバイトを経験致しました。現在は夢に向かって一歩一歩、着実に進んでいるという感じです。今回は、リゾートバイト生活の体験談や口コミ・評判・派遣会社(ヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾート)の企業比較など、実際にリゾートバイトを経験した人にしか分からない事をこれからリゾートバイトをしてみたいと思っている人向けにまとめてみました。


リゾートバイトの概要と仕事の始め方


リゾートバイト口コミ・評判私がリゾートバイト中に初めて、書いた記事が「リゾートバイト(リゾバ)の概要と始め方:体験談」になります。記事の内容は、リゾートバイトをするとどんな良いことがあるのか・・・ということについてです。リゾバは高時給で働けるため毎月貯金が出来るだけではなく、人(同年代・異性)との出会いもたくさんあるリゾートバイトの概要を私なりにまとめました。

また、初めてリゾートバイトをする方にリゾバとはどのようなものなのかを想像していただきたいと思い、リゾートバイト(リゾバ)を題材にした映画もご紹介させていただきました。私もこの映画を観てリゾバをしてみたいと思いました。(観たのは高校生くらいの時でした。)リゾートバイトを題材に描いた映画は、香里奈・谷原章介・成宮寛貴・長沢まさみ出演の『深呼吸の必要』と言う映画になります。香里奈の初主演映画になります。脇役には当時、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』を同時並行で撮影していた長澤まさみも出演しています。舞台は、沖縄の石垣島になります。リゾートバイトで、サトウキビの収穫をするために本土から集まった若者が慣れない真夏の沖縄での生活(環境)や人間関係を乗り越えて成長していくという物語になります。私自身は、すべてホテル勤務(接客サービス)でしたので映画の内容がどこまでリアルに描かれているかについては分かりませんが、映画の休日のシーン(香里奈と谷原章介が地元のお店でアイスを買うシーンなど)はリアルリゾートバイトだと思いました。リゾートバイトをしてみたいけど、どんなものか分からないという人にぜひ観て欲しいおすすめの映画になります。


リゾートバイト体験談:群馬県北軽井沢編


リゾートバイト探しなら!私の初めてのリゾートバイトは、「ヒューマニック」を使い北海道の富良野の小さなペンション風ホテルでリゾバをいたしました。3ヵ月間のリゾバは、一般的な派遣期間になります。富良野はRADWIMPSの曲『いいんですか?』の歌詞の中に「富良野は寒い訳で・・・」とあるように夏期の勤務でしたが朝の出勤時は死ぬ程寒かったです。富良野でリゾバをしていた時は、ブログでリゾバの記事を書いていませんでしたので、リゾバの体験談としては2ヶ所目の勤務地である群馬県北軽井沢でのアルバイトが最初の記事になります。今読み返してみると、体験談と言うよりも勤務条件を書いただけの記事になってしまっています。大手の派遣会社、ヒューマニックから仕事を紹介してもらった職場になります。2年間のリゾートバイトの中盤・終盤は、ヒューマニックではなくアプリリゾートとアルファリゾートに派遣会社を変えてしまいましたが、ヒューマニックとの出会いが私のリゾートバイト生活の始まりだと言えます。



リゾートバイト体験談:有馬温泉編


リゾートバイト(リゾバ)有馬温泉:体験談・口コミ兵庫県有馬温泉でのリゾバは3ヶ所目の派遣先になります。リゾートバイトは通常3ヵ月間勤務が基本ですが、前回の群馬県北軽井沢でのアルバイトが1ヵ月間の短期アルバイトでしたのでリゾバ開始後4ヵ月後の記事になります。有馬温泉のアルバイトも派遣期間が1ヵ月間でしたので5ヵ月間ので3ヶ所(北海道・群馬県・兵庫県)で生活をした事になります。全国の旅をしたい人や知らない土地で生活をしてみたい!一人暮らしをしてみたという人はぜひリゾートバイトをしてみて下さい。全国を旅したいと言う人は、リゾバで拠点を確保してその拠点を中心に休日に周辺都市をまわれば滞在費用が少なくて済み、働いているのでお金の心配もございません。知らない土地で一人暮らしをしてみたいと言う人も、寮費が無料で何かあった時には周りの派遣社員や派遣会社の方に助けてもらえる環境で一人暮らしが出来ます。前回の北軽井沢の記事に比べると文章の書き方が少し良くなり、成長が見られる記事になっていますので良ければ有馬温泉の記事も読んでみて下さい。

有馬温泉で勤務を満了した後、派遣会社をヒューマニックからアプリリゾートに変更致しました。年が明けると派遣の仕事(案件)が一気に少なくなり、大手のヒューマニックだけでは仕事が探せるか不安だったため、念のため休日にこれまた大手のアプリリゾート(大阪支店)に行って、派遣登録をしたところ、閑散期の2月に仕事があるとのことでしたので、ヒューマニックからアプリリゾートに派遣会社を変更しました。


リゾートバイト体験談:熱海温泉&初島編


20代リゾバ派遣リアル体験談・口コミ|静岡県熱海温泉&初島旅行リゾートバイト派遣4ヶ所目は、静岡県の熱海温泉にあるとあるホテル・旅館に派遣されました。派遣会社を「ヒューマニック」から「アプリリゾート」に変更して熱海に参上しました。ヒューマニックからアプリリゾートに変更した理由は、担当者が選べないと言う所です。私がヒューマニックの派遣登録をしたのが札幌支店で、最初に富良野の仕事を紹介してくれたり富良野の仕事を終えた後も親身に仕事の相談に乗ってくれた担当者がいたのですが、有馬温泉で働いていた時に大阪支店の女性担当者と話しが合わなくてそのことを札幌支店の以前親身になってくれた方に相談をしたところ、遠回しに今は担当ではないので大阪支店の担当者に直接言って下さいと言われました。今は分かりませんが、札幌支店も大阪支店も自分にとっては良い印象はありません。

熱海は2月でも温かく、かなり過ごしやすい所でした。熱海の勤務先には寮が無いとのことで、ホテルの客室を使わせてくれました。休日には、フェリーに乗って初島にも行けましたので本当に良かったです。

静岡県の仕事は稼げない職場が多いように感じます。なぜなら、静岡に来る観光客は首都圏の方が多く、週末はどのホテルでも満室になるためフルで働けますが、平日はどこも集客がかなり落ちてしまうからです。そのため、我々アルバイトは休日や半日出勤が増えてしまいます。逆に稼げるのは関西の職場になります。前回の有馬温泉では一ヵ月間に23万円くらい稼げました。お金を稼ぎたいのか、休日に好きな事をしたいのかなど、どのようなリゾバ生活にしたいのかを考えて職場(勤務地)を選んだら良いと思います。



リゾートバイト体験談:大分県編


リゾバ!!九州大分県編大分県には有名な温泉地「湯布院」や「別府温泉」があり、年中多くのリゾバ求人が出ています。しかし、大分県の旅館は「仲居」の募集が多く男性の求人が多くはございません。(私が求人を探した時だけかもしれませんが)そのため、今回は有名な温泉地での勤務ではなく九重にある山奥のホテルで働く事になりました。(派遣会社は、アプリリゾートで派遣期間は3ヵ月間です。)標高1,000m以上の所にある登山客が泊まりにくるホテルでのレストランスタッフになります。勤務をして一ヵ月で、ホテルが年内で閉館(私の勤務期間中は営業していました。)することが決まり、かなりバタバタな感じの職場になりました。西鉄が経営しているホテルでしたので、従業員は安心しきっていたのかもしれませんね。山奥のホテルでしたのでこちらも静岡の熱海と同様ホテルに住み、ホテルの温泉にも毎日入る事が出来ました。まかない料理も今までの派遣先の中で一番美味しい職場でした。九重での勤務期間は3ヵ月間で、富良野のリゾバ以来の長期勤務になりました。この勤務を終えると8ヵ月リゾートバイトをした事になります。リゾートバイトは数ヶ月間で期間を満了して次の職場に移動しますので、仕事が長いと感じる事はございません。逆に時が経つのが早すぎて怖くなる事の方が多いと思います。

リゾートバイトの派遣期間は、1週間(超短期)〜3ヵ月間(長期)になります。私の中では、3ヵ月間が一番良い勤務期間になると思います。一ヵ月間では、仕事を覚えるだけで友達が全然出来ません。4ヵ月間だと新人では無くなるのであれこれ仕事が増えます。理想は、移動期間を含めて3ヵ月間がベストです。


高収入リゾートバイトで貯金が出来る訳とは?


高収入リゾートバイト(リゾバ)派遣で短期間に100万円貯金する
リゾートバイトで高額貯金が出来る仕組みをご紹介させていただきます。リゾートバイトの月給は職場によりますが、15万円〜23万円になります。北海道の富良野と静岡県の熱海温泉で働いた時の給料が15〜16万円でした。23万円だったのは有馬温泉での勤務になります。この金額(収入)は、地元でアルバイトを掛け持ちして働けば稼ぐ事が出来ます。しかし、リゾートバイトでは地元でアルバイトをするよりも断然貯金が出来ます。なぜなら、リゾバでは食費・光熱費・寮費が全て無料だからです!一人暮らしをすると一ヵ月に10万円程度生活費がかかります。しかし、リゾートバイトでは生活費がほぼかかりませんので給料のほとんどが手元に残ります。給料は平均すると20万円くらいですが、10万円分の生活費が無料だとすると手取りで30万円もらっている人と同じ生活が出来る感覚です。またリゾートバイトは、地元で働くよりも時給が100円〜200円高く雇われます。北海道の時給は当時最低時給が740円くらいでしたので、北海道の人にとっては時給850円は少し高めです。この点も貯金が出来るポイントになります。詳しく知りたい方は「高収入リゾートバイトで貯金が出来る訳とは?」の記事を読んでみて下さい。


リゾートバイト就業規則|給料の未払い・違法支払いはあるのか?


リゾバと労働基準法についてリゾートバイトでは、長時間労働の勤務日も中にはあります。給料の未払いに関しては、ヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾートではございません。(自身で実証済み)また、ヒューマニック・アプリリゾートの「前払い(前借り)制度」は担当者に事情を話せばすぐに対応してくれます。ヒューマニックは、すでに働いた分の給料の半分を振り込んでもらえます。アプリリゾートでは決まった金額を振り込んでもらえます。給料の違法支払いに関しては、12ヶ所の勤務先でリゾバ派遣をしましたが一度もなかったです。しかし、リゾバで知り合った人の話しでは違法支払いが実在するようです。派遣会社が違法支払いをすることは絶対にございませんが、派遣先(ホテル側)で行われる事があるみたいです。例えば、10時間勤務の日と6時間勤務の日があったとします。これを8時間×2日で処理された事があるようです。これだと時給が1,000円の場合500円損をしてる事になります。(1日8時間の勤務を超えると、時給×1.25倍になりますので時給1,000円の場合は1,250円に割増しされます。)派遣会社からは、勤務表を送ってもらえますので違法が行われていないかを自分の目で確かめる事が出来ます。怪しいときは必ず派遣会社に相談してください。また、タイムカードは携帯のカメラで必ず写真を撮っておきましょう。一度給料が振り込まれて違法がない事が確認出来れば次回からは、写真を撮る必要はございません。


全国各地のリゾートバイト検索サイト
はたらくどっとこむ


リゾートバイトの相部屋生活体験談


リゾートバイト(リゾバ)とルームシェアリゾートバイトでは、寮費が無料の勤務先がほとんどです。もちろん、電気代や水道代・ガス代も無料です。(無料だからと言って、使い放題と言う訳ではございません。)「リゾートバイトの相部屋生活体験談」では、「寮(相部屋)」についてお話ししたいと思います。まず、寮と言っても賃貸物件や社員寮に住む場合とホテルに住む場合があります。割合的には、社員寮に住む場合の方が高いと思いますが、ホテルでの生活もあります。社員寮では基本的には個室になりますが、中には相部屋のお部屋もございます。相部屋は北海道や沖縄など、入れ替わりの激しい勤務先での短期アルバイトでは相部屋になるケースがございます。スキー場勤務の仕事の職場では相部屋がほとんどです。お部屋は、個室の方が断然人気がありますが相部屋も言うほど悪くはございません。私も2度相部屋でのリゾバを経験致しました。富良野と群馬県北軽井沢での職場の寮が相部屋でした。富良野は3ヵ月間相部屋生活でしたが、夜はお酒を飲んだり将来の事を語ったりと楽しい生活を送ることが出来ました。相手が同い年と言うのも大きな要因だったのかもしれません。当時は24歳でした。本記事では、相部屋生活の体験談と相部屋のメリット・デメリットについて簡単ではございますがお話しさせていただきます。


リゾートバイトで異性との出会いはあるの?


リゾートバイト(リゾバ)の恋・恋愛|異性との出会いはある?
リゾートバイトは、言い換えれば「恋人探しのアルバイト」になります。(異性との出会いを目的に働いている人もいます。)リゾートバイトを行っている方の年齢層は20代・30代前半です。リゾートバイトは、数ヶ月間住み込みをしなければなりませんので大半の人が彼氏・彼女なしの人です。彼氏・彼女がいる人のほとんどは、相手もリゾバをしていたりします。他県で仕事をしようという考えをお持ちの人たちの集まりですので、遠距離恋愛でも距離を感じさせません。

リゾートバイトでは、派遣先に派遣社員が1人と言う事はほとんどございません。なぜなら、派遣社員が一人しか必要ではないホテル(派遣先)であれば、少し頑張れば地元の人(地元求人)で人材を賄えるからです。派遣社員が必要なホテルは、数名規模で募集をかけていますので異性との出会いがないと言う事はまずございません。つまり、結論は異性との出会いが必ずあるです。


一年間のリゾートバイト生活で何を得た?


リゾートバイト(リゾバ)口コミ・体験談こちらの記事は、一年間のリゾートバイトを終えた時に書いた記事になります。私がリゾートバイトを始めようと思ったきっかけや派遣先の選び方について書かさせていただきました。何度か手を加えていますが、当時書いた内容も残っています。リゾートバイトを始めた頃のBlogではリゾートバイトではこんな事をしますよ!と言うような内容ばかりでしたが、1年間リゾートバイトをすると派遣事情について詳しくなってしまいましたので、初めてリゾートバイトをすると言う方にリゾバの真実をお伝えしたいと思いました。リゾバ2年目になるとより多くの事が見えて参りましたが、ここでは1年間で知り得た事を簡単ですがご紹介しています。2年目に書いた記事はこれ以降になりますので、よりリゾバについて知りたいと言う方はこの後の内容も読んでみて下さい。

1年間嫌な事も嬉しい事もありました。リゾバでは、他の人の2倍も3倍も濃い時間を過ごす事が出来ます。1年の最期の派遣先では、本当に25歳?と言われました。老け顔ではありますが、様々な派遣先で経験した事が相手にそのような印象を与えたとポジティブに考えています。飲食業で経験を積みたいと言う人も社会経験をしてみたいと言う人、学生にもリゾバは本当に最適です。1年間ありがとうございました。まだまだ、私のリゾートバイトは続きます。


リゾートバイトの荷造り・持ち物一覧


リゾートバイトに持って行くと良い荷物を一覧にまとめてみました。まず始めにリゾートバイトに持って行くキャリーバックを用意しましょう。キャリーバックは、派遣期間によって大きさが変わってきます。派遣期間と持ち物の多さから自分にあったサイズを選びましょう。リゾートバイトでは、周辺にスーパーやドラックストアがない勤務地もございます。生活用品は現地で調達するのが一番良いのですが、買い物が出来ない勤務地も中にはございますので最低限のものは自宅から持って行きましょう。また、リゾバではバスタオルやドライヤーを自分で持参する必要がございます。セブンイレブンに売っているバスタオルはどのコンビニよりも品質の良いバスタオルが売っていますので、勤務地に向かう途中に買うと良いと思います。この他にもリゾバで用意するものは沢山ございます。以下では、リゾバ体験で必要だと思ったものを一覧にまとめてみました。男性目線での持ち物一覧ですが、共通するものもあると思いますので男性・女性に関係なく一度目を通していただけたら幸いです。


リゾートバイト31日間の日記&給料明細公開


リゾートバイトの給与明細リアル公開!派遣社員の手取りとは?
リゾートバイト31日間日記では、2度目の有馬温泉でのリゾートバイト生活の31日間を毎日お伝えした記事になります。有馬温泉でのアルバイトは、超激務でしたので休日にお出かけをする事が少なく、リゾートバイトを楽しいものだと想像している人にとっては少し想像と違う感じにお伝えしてしまったのが残念ですが、超激務の職場もあることを知っていただけたらと思います。「リゾートバイト31日間の日記&給料公開」記事の一番最後には、その月の月給(給料明細)をリアル公開しています。派遣会社は、「アルファリゾート」を使って1ヵ月間の仕事を致しました。23万円稼げる職場でしたので休日の楽しみが全然ない職場でしたが、給与明細はかなりリアルな数字が出ています。2度目の有馬温泉での勤務でも23万円稼げましたので、有馬温泉では月23万円超えの職場が2つもあると言う事です。高収入の職場を探している方は有馬温泉での勤務が良いかもしれませんね。(但し、時期や派遣会社によって収入が違いますので注意して下さい。)リゾバの月収が気になる人はぜひ確認してみて下さい。



リゾートバイトの派遣会社3社の比較


リゾートバイト(リゾバ)口コミ:体験談:派遣会社比較(ヒューマニック・アプリ・アルファ・セールスタッフ)リゾートバイトに関する記事の中で一番皆様に読まれている大人気の記事が「リゾートバイトの派遣会社3社徹底比較です。」約2年間のリゾートバイト生活で3社の派遣会社をつかった私が、大手派遣会社のヒューマニック・アプリリゾートと中堅の派遣会社であるアルファリゾートの3社を体験者の立場から中立に比較をしてみました。3社とも実際に私が利用した派遣会社で、どの派遣会社も良い所と他社に負けている所がございます。3社を時給・待遇・スタッフ対応などの観点から評価してみました。リゾートバイトを始めるためには、派遣登録が必ず必要になります。これから、リゾバを始めようと思っている方はぜひ参考にしてみて下さい。と言うよりも、損をしないために必ず読んで下さい。リゾバ経験者の方にも好評の記事です。派遣会社を変えようと思っている方もぜひ読んでみて下さい。


リゾートバイト(リゾバ)では住民票を移すのか?手続き一覧


リゾバにおける住民登録手続きリゾートバイトをする時に住民票を移す必要があるのかどうかと言う事についてお話しさせていただきます。私のケースではリゾバ中は住民票を移す事は致しませんでした。実家の母親が私の郵便物を全部保管しておいてくれたからです。法律的には、住民票を移さなければなりませんが、派遣会社(アプリリゾート・ヒューマニック・アルファリゾート)の担当者から住民票の話しが出た事は一度もございません。私が派遣を行っていたのがマイナンバー制度になる前でしたが、おそらく今でも変わらないのではないかと思います。実家に荷物や郵便物が届くのが嫌な人は住民票を移すと良いと思います。また、本記事では述べていませんがリゾバ(リゾート・アルバイト)は、アルバイトと呼ばれていますが実際は派遣社員ですので社会保険に加入する事が出来ます。つまり、厚生年金に加入でき、しかも支払いの半分を派遣会社が負担してくれるという事です。社会保険の話しをしっかりとしてくれる派遣会社は、アプリリゾートです。ヒューマニックとアプリリゾートはこの辺りをあやふやにするところがありますので、将来の事も考えて仕事をしたいのであればアプリリゾート(はたらくどっとこむ)でお仕事を探すと良いと思います。



大手リゾートバイト派遣会社の交通費支給金額の比較


リゾートバイト交通費について
リゾートバイトでは交通費が無料です!と、言われていますが実際には100%交通費が無料だと言う訳ではございません。その理由の一つは、例えば北海道の人が沖縄県に行って仕事するとして、北海道と沖縄では端から端ですので往復で交通費が50,000円かかったとします。交通費が50,000円かかったので、派遣会社に50,000円支払って!と言えるかと言うと言えない場合がほとんどです。2つ目の理由は、交通費の支払い条件が派遣期間の満了だからです。例えば、派遣期間の途中で自己都合だったり派遣先のホテルとの相性が合わなかったため勤務期間を短くした場合は交通費が一円も支払われません。交通費は派遣会社や仕事先のホテル、派遣期間によって金額が変わってきます。今回は、どの派遣会社が交通費の待遇が良いのかと言う話しを致しますが、交通費はどの派遣会社も満了が条件です。途中でホテルを辞める事も多々あるリゾートバイトですので、交通費は参考程度にしていただくと良いと思います。


リゾートバイト(リゾバ)の派遣先都道府県選びで注意するポイント


リゾートバイトの派遣先場所で注意する事
リゾートとは聞こえが良いが、中には到底リゾートとは言えないど田舎にある職場もございます。リゾートバイトとは、リゾート地で働くと言う意味ですが、若い人材がいない地域で働くと言う意味も含まれています。若い人材がいなく、働くスタッフを集める事の出来ない地域のホテルや企業側がリゾバスタッフを雇っていますので、リゾート求人も田舎求人もあるのです。派遣先選びで注意するポイントは、インターネットが繋がるかどうかです。(私の場合は。)普通に生活をしているとインターネットに接続が出来るのが当たり前の世の中であると思っている方も多いと思いますが、実はリゾバでは圏外の地域に派遣される事もあります。スマホが圏外になる地域は珍しいですが、パソコンのポケットWi-Fiが繋がらない地域は意外にも沢山ありますので、パソコンを日常的に使っていると言う方は派遣先選びに注意をして下さい。



リゾートバイト(リゾバ)の派遣期間の短縮・延長交渉について


リゾートバイト(リゾバ)の派遣期間の短縮・延長交渉について
リゾートバイトをしていると、良い職場に派遣される事も最悪な職場に派遣される事もございます。リゾバでは派遣期間を延長する事も短くして早々に次の職場に移動したり、派遣のお仕事を辞める事も出来ます。今回は、派遣期間の延長の仕方と派遣期間の短縮の仕方についてお話しさせていただきます。派遣期間の延長は比較的簡単に延ばすことができますので特別大きな問題はございませんが、派遣期間を短くする場合は派遣会社の担当者と何度かやり取りをしなければなりませんので注意が必要になります。リゾートバイトでは期間の満了前に仕事を辞めてしまう人が沢山いますので、明日は我が身だと思って参考までに良ければ読んでみて下さい。


リゾートバイト(リゾバ)で派遣仲間・異性との飲み会は出来るのか


リゾートバイト(リゾバ)で派遣仲間・異性との飲み会は出来るのか
以前、リゾートバイトで異性との出会いはあるのか?と言う話しをして、異性との出会いは100%あると言うお話しを致しましたが、今回はリゾバでタダで住まわせてもらっている寮でリゾバスタッフみんなで飲み会が出来るのかと言う話しをしたいと思います。結論から言うと、寮に管理人さんが駐在している場合は飲み会が出来ませんが、規則で寮に異性を入室させることを禁じているだけの場合は暗黙の了解で宅飲(寮飲み)が可能です。リゾバでの出会いは運命です。なぜなら、普通の20代・30代はアルバイトで転々としませんからね。一夏の恋?一冬の恋?が出来るのもリゾバならではです。もちろん、リゾバの派遣先で出会った者同士が結婚する場合もございます。実際に、私も目の当たりにしました。バツ2の40代後半の料理長と25歳の若い娘さん(同じ派遣です。)が結婚致しました。リゾバ同士じゃないのかよ!とツッコミをする人もいるかもしれませんが、結婚したのを見たのはこれが最初で最後です。恋人同士になったと言う話しは日常茶飯事ですので珍しくはございません。


リゾートバイト(リゾバ)で同じ職場の期間延長を他社で出来るのか?


リゾートバイト(リゾバ)で同じ職場の期間延長を他社で出来るのか?
これまた以前、リゾートバイトで派遣期間の延長が出来るのかと言う話しをして期間の延長は簡単に出来る言うお話し致しましたが、今回は今派遣されている職場を派遣会社を変えて期間を延長できるのかと言う話しを致します。結論は、派遣会社を変えて期間の延長は出来ません。派遣先のホテル側が期間の延長を了解していても、派遣会社を変えて期間を延長する事は派遣会社が倫理的にやらないと言うのが業界のルールのようです。これは、派遣で知り合った友人が私の横で実際に派遣会社に電話をして派遣会社を変えて延長をしたいと相談して断られました。電話はヒューマニックで働いているスタッフがアルファリゾートに連絡をして断られました。業界では時給の高いアルファリゾートに断られたと言う事は、ヒューマニックで派遣を行っている人が時給の高い派遣会社に変えて同じ職場で延長する方法は、アプリリゾートに相談をするしか方法はございません。ヒューマニックからアプリリゾートに変えて派遣を続けたいと言う相談は実際に行ってはいませんので出来るかどうかは分かりませんが、もしどうしても延長をしたい職場であるならば試してみて下さい。


20代から始める高収入リゾート派遣アルバイト〜初心者ガイド〜


リゾートバイト(リゾバ)初心者ガイド
私がリゾバを始めたのが24歳の時です。飲食業界でのアルバイト経験が無い私が北海道の富良野で、3ヵ月間のリゾバを皮切りにトータルで2年2ヶ月間もリゾートバイトをしてしまいました。今回は、20代から始めるリゾートバイトの派遣社員になる方法を簡単にですがお話ししたいと思います。リゾートバイトで一番多い年代は20代半ばです。23歳〜26歳くらい年の人が一番多くいます。(私自身の約2年間のリゾバで出会った人たちをみると。)リゾバはバイトではなく派遣社員ですので、派遣先ではアルバイトとして働きますが実質は契約社員です。リゾバはある意味就職ですので、アルバイトと言われていても全く恥ずかしいものではございません。契約社員として全国を旅しながら働きたいと思っている人はぜひ参考にしてみて下さい。


高収入リゾートバイト(リゾバ)の派遣先ブラック企業の実情とは?


高収入リゾートバイト(リゾバ)の派遣先ブラック企業の実情とは?
リゾートバイトの派遣先の中にブラック企業があるのかという話しを致します。ホテル業界におけるブラック企業とは、労働時間に応じた休憩の有無やサービス残業があるのかと言う事です。もちろん、ホテル業界ですので扱っている食品の産地偽装があるのかと言う事も重要ですが、派遣社員は数ヶ月間働けばその職場を離れる訳ですので今回は、自分(派遣社員)にとって不利か有利かと言う部分のブラックな話しを致します。派遣社員は、15分以上のサービス残業は一切ございません。派遣社員は15分刻みで時給計算されますので、タイムカード(退勤)を14分、29分、44分、59分に切れば14分間の残業をしたと言う事になります。しかし、飲食業界で仕事をしている人は毎日サービス残業をするのが大半ですのでこれくらいは許容範囲です。詳しくは「高収入リゾートバイト(リゾバ)の派遣先ブラック企業の実情とは?」を読んでみて下さい。


海外にいながら日本のホテル・旅館のお仕事を探す最も簡単な方法


海外にいながら日本のホテル・旅館のお仕事を探す最も簡単な方法
海外にいながらリゾバの仕事を探す方法をご紹介致します。派遣会社からお仕事を紹介してもらうときは必ず担当者からの電話連絡を受けなければなりません。電話はSkype電話でも可能です。全ての派遣会社が海外対応をしている訳ではございません。海外対応が可能の派遣会社は「海外にいながら日本のホテル・旅館のお仕事を探す最も簡単な方法」でご確認ください。Skype電話が出来れば、お仕事の紹介方法は日本にいる時と同じです。ただし、交通費は帰国便の空港が起算になります。また、交通費は行き(空港から赴任地)でかかった金額の2倍(往復ですので)までとなります。


リゾバを途中で辞める方法|ブラック企業や職場環境が悪い所だった


リゾバを途中で辞める方法|ブラック企業や職場環境が悪い所にあたった場合
リゾバ業界では派遣社員が突然いなくなる事を「飛ぶ」と言います。荷物をまとめて誰にも言わずに実家に帰ってしまうことです。誰にも言わずにいなくなるなんてあり得ないだろ!と、思うかもしれませんが派遣先の社員の中には派遣スタッフに当たりの強い人がいます。また、板場の人たちは縦社会で生きていますので全ての調理人は派遣社員(新人)を見下してきます。派遣社員は交通費が要らなければいつでも職場を辞めて次の派遣先に行けます。派遣社員にも職場を選ぶ権利があるのです。今回は、職場環境が悪いホテル・旅館に当った時にリゾバの派遣期間を短くして仕事を辞める方法をご紹介致します。私も実際に派遣期間を短くした経験がありますので、実体験を元にお話し致します。リゾバを辞めたい人はぜひ参考にしてみて下さい。


最新の記事は以下で確認してみてください!