【ポイントカードは一枚も持たない】20代男性のお金の考えと生き方

初めまして現在お財布の中にポイントカードが一枚も入っていない20代後半の男です。今回は、なぜポイントカードを一枚も持っていないのかということについて真剣に考えてみたいと思います。始めに私は、ポイントを貯めることが嫌いだと言うわけではなく、ポイントカードを持たない主義だと言うことを伝えておきます。(Amazonポイントや楽天ポイントはあります。web上で管理しています。)

財布のカード入れが緩まない


ポイントカードを一枚も持たない主義~2ポイントカードを持たないと言うことについて真面目に考えた時、トップ内容に書くことといえば・・・やはり「お財布のカード入れが緩まない」でしょう。これは、皆さんに共感していただけると思います。ポイントカードが多くなってくると、入れるスペースが無くなり通常一枚しか入れてはいけない所にポイントカードを2枚入れてしまうということもあるでしょう。するとどうでしょう。お財布がパンパンになるだけではなく、何かの拍子でカードが一枚になった時お財布の中からカードがポロポロと落ちてしまいます。普段、長財布を持ち歩いている女性にはわからないかもしれませんが、二つ折りの財布を持っている彼氏のお財布がパンパンで、たまに中からカードがポロっと落ちる財布を持っていたらどうでしょう。「やめてくれよ・・・。」と思うはずです。かといって、ポイントカード専用のケースを持ち歩いている彼氏も引きますよね。(小銭入れとはわけが違います。)

皆さんはお財布を買い替えるのはどんな時ですか?お財布を買い替えるタイミングは人それぞれですが、プレゼントでお財布を貰ったりお財布をなくしたから新しく買うと言う理由を除けば、今のお財布に飽きてしまった場合か、上記で述べたカード入れが緩んでお財布が使いにくくなった時です。20代の女性・男性は「年齢×1,000円」が適切なお財布の値段と言われたりもしますが、多くの人が3万円台のお財布を持っているのではないでしょうか。帽子よりもシャツよりもパンツよりも高価なお財布を、たった100円で1ポイント貯まるだけのポイントカードに駄目にされて良いのでしょうか。


会計で「ポイントカード有ったかな〜」が要らない



よくお会計の時にレジで「ポイントカードはございますか?」と聞かれて、「あったかな〜」と財布の中の至る所を探し始めるおっさん・おばさんがいます。「有った!有った!」と喜んでいる顔も正直見たくはございません。ポイントカードを探すことで、後ろの人がどれだけ腹を立てているのかわからないのでしょうか。もし、ポイントカードも持っているのであれば、どこに仕舞っているのかを把握するかあらかじめ会計前に準備しておいてほしいですよね。ポイントカードを一枚も持っていない場合は、そもそも探す必要すらございません。

出来ることなら小銭もNG

会計で良く見かける光景として、「1円あったかな〜」とお財布の中の小銭を確認したり、一度お金を出し終わった後に鞄の中から小銭入れを出して1円を探す人がいます。会計の合計金額をあらかじめ計算して、丁度のお金を用意しろよ!とは言えませんし、私にも出来ません。しかし、列の後ろの人に気を使うことは可能です。最近私は、お会計で小銭を出すことがほとんどありません。と言うか現金をほとんど持ち歩いていないのです。全てクレジットカード支払いで済ませるのです。アメリカンスタイルです。日本では偽札の問題はほとんどございませんが、人に気を使いながら行きて行くと言う文化がございます。小銭を出すのにもたもたするくらいならクレジットカードで支払った方がマシです。(ポイントも貯まりますしね!)


お店のポイント還元率を知る


スーパーのポイント還元率っていったいくらなのでしょうか?イオンのWAONポイントは、200円の買い物で1ポイント付きます。20,000円分の商品を買ってやっと100円ポイント貯まる計算です。(ポイント対象商品などがあったりしますが・・・。)還元率0.5%のポイントであれば、毎月の買い物で、買い物カゴの中に入れた大好きなプリンを一つ商品棚に戻すくらいで差し引き0になります。大好きなプリンを1つ諦めることで、ポイントカードの呪縛から開放され、財布のカード入れが緩まず、レジで後ろの人を待たせることもございません。

Tポイントカードって貯めてどうする?

いまいち分からないのがTポイントカードです。昔、TSUTAYAでCDを借りるために年会費数百円のTポイント会員になったのですが、一度使ったきり全く使うことなく放置してしまいました。その後、どこかのお店で「Tポイントカードはありますか?」と聞かれましたので、Tポイントカードを提示すると「会員の期限は切れていますけど、ポイントだけ貯めておきますね。」と言われました。そこで初めて気づいたのです。Tポイントカードはポイントを貯めるだけなら無料。TSUTAYAでレンタルをする場合は有料会員になる必要があるのです。だったらGEO(ゲオ)でいいじゃん・・・。

Tポイントは1ポイント1円で利用が出来るようですが、生まれてこの方Tポイントを利用したことがございませんのでどのお店で、どのタイミングで利用が出来るかは分かりません。また、昔Tポイントカードを持っていた時全くポイントが貯まらなかったことを記憶しています。今では、最も不要なカードです。店員さんにも「Tポイントカードをお持ちですか?」と聞くのをやめて欲しいくらいです。出し忘れても大きな損失ではないのですから・・・。提示するのが恥ずかしくなってしまいます。


家電を買う時にはポイントカードが必要


電気屋さんポイントカード一覧~2ヤマダ電機やビックカメラで家電を買うときは、ポイント還元率が高いためポイントカードが必要になります。私の場合は、数千円までの買い物であれば全てネットショッピングで買ってしまいますが、テレビや冷蔵庫となるとやはり話しは別です。このような大型家電に関しては、基本は現金値引で商品を購入出来るか店員に聞きます。もし出来なければ、ポイントカードをその場で作ります。ポイントの貯まっているポイントカードは、お財布に忍ばせておき、何か電化製品を買うことが有れば真っ先にそのポイントから使います。ポイントが無くなったら、カードを持っている必要が無くなりますので捨てます。ポイントカードは、ビックカメラのように厚いカードよりもYAMADAのポイントカードのように薄いものの方がお財布に入れておきやすいし、捨てる時に気持ちが少し楽です。(最近ではビックカメラのポイントカードもテレフォンカードのように薄くなりました。)

大きな商品を購入すると数千円のポイントが貯まります。そのポイントは次のお買い物で使えます。同じ日でも可能です。(次の買い物であれば・・・。)例えば、冷蔵庫とトースターを買いにヤマダ電機に行き、気に入った商品があったため購入をすることを決めたとします。この場合は、まず冷蔵庫を購入してポイントカードを作りポイントを貯め、購入後に再びレジに行ってトースターを先ほど貯まったポイントを使って購入します。こうすることで、トースターを数千円引きで購入をすることが出来るのです。(店員に言えばポイントで会計処理をしてくれますので、わざわざ並び直す必要はございません。)

※最近は「ヤマダ電機」も「ビックカメラ」もスマホのアプリでポイントを貯めることができますので、わざわざカードを捨てるということは無くなりました。


まとめ|ポイントカードを一枚も持たない男の考え


ポイントを貯めていないと、損をしていると大半の人が思うかもしれませんが、ポイントを貯めるためにポイントカードを持っているお店でしか商品を買わなくなったり、ポイントが貯まるからと言って少し高い商品を買ったりすることは一切ございません。ポイントカードを持たないと、買いたい商品を最安で売っているお店で買うという思考が身に付きます。結果、ポイントカードを持たないことで自由に買い物が出来るのです。そして、その価格差がポイントよりも上回る場合が有るのです。(ポイントは目に見える金額ですが、価格差は目に見えない金額なのかもしれません。)ポイントカードを一枚も持たない主義は、なかなか理解されない主義ではありますが、一度やってみると買い物が本当に楽になります。もしやりたいと思った人はぜひ実践してみて下さい。


追記】ポイントカードをもたない男の支払い方法


ポイントカードを一枚もたない男は、”小銭”を嫌います。そのため、基本的にはクレジットカードでの支払いを行います。コンビニでもスーパーでも基本的にはクレジットカードで支払いを致します。コンビニやスーパーの場合、サインレス決済ですので暗証番号やサインを求められることなくお支払いが出来ます。クレジットカードで決済をすると小銭を受け取ることがございませんのでお財布が重くなることはござ言いません。またお財布の中には、数枚のお札とクレジットカード・免許証等の身分確認証が入っていれば十分だと言えます。

クレジットカードはポイントを貯める用のカードと国内・海外旅行に行った際の保険として使うクレジットカードがございます。普段使いのカードはポイント還元率が高いクレジットカードを作りましょう。頻繁に利用するお店や特定のサービスがある場合、そのお店やサービスを利用した時の特典があるカードを作ると良いと思います。

もし特定のお店やサービスを利用していない場合は、私も使っている楽天カードがお勧めです。楽天カードはコンビニでもスーパーでも書店でも購入金額の1%がポイント還元されます。また、公共料金の支払い(電気・水道・ガス)に使っても1%ポイント還元されます。もちろん、楽天市場で商品を購入すると商品ごとの楽天ポイントとクレジットカード利用によるポイントが付きます。楽天カードは使えば使うほどポイントがドンドン貯まっていきますので、まだ普段使いのクレジットカードをもっていないと言う方はぜひ楽天カードを作ってみて下さい。年会費無料のクレジットカードです。

お勧め関連記事