28歳で月収10万円海外住み男と28歳公務員で月収30万円男の違い

今回は私の生活と私の親友との生活について比較したいと思います。なぜ、このような記事を書こうかと思ったのかと言うと一度の人生どのような生き方をするのが良いのかと言うことについてもっと考えて欲しいと思ったからです。私の親友の生活は同年代の人に比べると高水準の生活をしていると思いますので、多くの人は彼のような生活を望んでいると思います。でも、それが全てではないのです。私と彼のどちらの生活が良いのか・・・と言うことは人それぞれ感じ方が違うと思いますが、今回はほぼ真逆と言っても良い2人の生き方を比較することで、どんな生き方をしたいのかということを考えていただきたいのです。


私と彼との出会いや共通点


私と彼の出会いは小学生の時ですので、今から約20年前に知り合ったことになります。私たちは、同じ書道教室に通い、同じ陸上少年団で毎日のように汗を流し、高学年になると同じ少年野球団に入り、中学校を卒業する5年間熱心に野球をしました。共に3人兄弟の真ん中っ子であったため少し変わった所が有ったか無かったのかと言うと有ったと思います。高校と大学は違う学校に進学をいたしましたが、同じ学校に通っているかのような仲の良い2人でした。

大学卒業後に真逆の道を歩む

大学を卒業後、彼は国家公務員になり転勤があるものの安定した仕事を手に入れたのです。同じ頃私は何をしていたのかというと、日本全国をリゾートバイト(リゾバ)と言う住込みの派遣社員として、各地で働きながら旅をする生活を始めたのです。彼は公務員というお堅いお仕事に就き、私はと言うと日雇いではございませんが期間が決められている派遣社員(契約社員)になったのです。

2014年に2人に転機が起きる

2014年のとある日に彼から連絡が来ました。内容は・・・結婚をするとのことです。彼は国家公務員になって3年目に長年付き合っている女性と結婚をしたのです。公務員という安定した仕事に就いただけではなく、生涯の伴侶を手に入れたのです。誰もが羨む順調な生活です。その頃、私は何をしていたのかというと台湾で留学をしていたのです。リゾートバイトを続けて行くうちに”何でまだ俺は日本に収まってるんだ!”という気持ちになり、日本を一周とは言いませんがある程度日本を周った後に日本を飛び出して台湾で中国語の勉強を始めたのです。

2017年に2人に起きたこと

2017年には彼に第一子となる男の子が誕生いたしました。公務員となり安定した生活を手に入れ、結婚をして、子供まで授かることができたのです。その頃・・・と言っても今年のことですが、私がしていることは留学ではなく台湾で本格的な生活を始めたのです。彼は日本の男で私はもはや台湾の男になってしまったのです。生活が安定している彼とは違いいつも生活が不安定な私との生活はほぼ真逆と言ってもいいでしょう。

これからどんなことが起きるのか

彼にこれからどのようなことが起きるのかは、わかりませんのでここでは私がこれからどのようなことをしたいのかということを書いてみたいと思います。現在私には台湾人の彼女がいますので、その女性との将来について考えたり、次はアジアを抜け出してヨーロッパなどで生活をしたいと考えています。


私と彼の仕事や収入の違い



公務員の仕事は私には知る余地がありませんが、一週間に2回の休日がありますし残業もほとんどありません。仕事内容が楽しいかどうかはわかりませんが、そこで働く人との相性が良ければ他の企業と同じように毎日楽しく働くことができると思います。副業に関しては法律で制限されていますので、もっと稼ぎたい!と思っても稼ぐことはできませんが、同年代の方と比べて公務員の給料は高い上に手当てや退職後の生活が安泰です。

一方私の仕事はブログ作成と写真販売業で生計を立てていますので、出勤はございません。(毎日が休みみたいなものです。)自分の都合で今日は10時間仕事をする!明日は3時間仕事をする!朝は10時に起きる!というように決めることができます。写真販売業に関しては、毎週末に色々な場所を彼女と観光をして綺麗な風景を撮影して販売しています。そのため、写真販売に関しては仕事をしているのか旅行をしているのかの線引きが難しいものとなっています。ブロガーは将来が保障されていませんので、稼いだお金を運用したりして自ら老後に備えなければなりません。

年収(収入)の違い

現在28歳の公務員の彼の収入は、400万円以上ございますので手取り金額は30万円以上あります。28歳で毎月30万円以上の手取りがあると例え結婚をして子供が1人いたとしても十分余裕な生活を送ることができるでしょう。奥さんがパートタイムで働くともはや敵なしだと思います。一方、私の収入はと言うと現在10〜12万円程度でかなり不安定な生活を送っています。10万円の収入では赤字ですので、貯金を切り崩すということもしばしば行います。現在必死で収入を増やそうと頑張ってはいますが、なかなか思うように収入が伸びないのが自由業の辛いところなのです。ただ、自由業というのは個々の頑張り次第では年収500万円にも1,000万円にもなるのです。そのため、今は少ないかもしれませんがいつかは公務員の収入を上回ることができるかもしれないのです・・・。

働き方が違えば生活も当然違う

公務員の彼の生活はいわゆる日本人のお手本です。仕事があって、家に帰れば温かいご飯があって、休日には奥さんと子供と一緒に公園なんかで遊ぶというような生活です。一方、私はフリーランスですので仕事だけではなく住む場所も自由に選ぶことができるのです。そのため、現在は大好きな台湾で生活をしているのですが、どのような生活をしているのかと言うと毎日日本にはないものを食べたり、見たことのない風景を見たり、外国語(中国語)を使って現地の方と交流なんかしています。そのため、月曜日から金曜日まで同じような生活をしたな・・・これはデジャブかっ!?ということはあまりありません。いつも新鮮な気持ちで生活をしているのです。朝昼晩外食をする!というのも日本では考えられない生活になると思います。


人生は一度だから好きな道を選べばいい!


今回は私と親友との生活を比較してみましたが、人と比べる必要はございません。終わりを迎える時に自分が納得できる人生が送れればそれでいいのです。しかしながら世の中というのは比較・比較の世界なのです。自分よりもテストの点数がいい人は頭がいい!結婚をした人は偉い!みたいに常に誰かと比較されながら生きて行かなければならないのです。そのため、自分の人生だから!自分の勝手だろ!ではなく、誰もが納得するベースが必要なのです。どういうことかというと、例えば最低限の収入があるであるとか、少しでもいいから未来に希望が持てる生き方をしているとかです。そして、この最低限の土台があって初めて”人生は一度だから好きな道を選べばいい!”が可能になるのです。

私は私の選んだ道は正解だと思っています。おそらく、彼も彼の人生に納得して生きていると思います。決められたレールではなく、自分が作ったレールを走る人生はとても素晴らしいと思います。


まとめ|2人の男の生き方


今回の内容はいかがでしたでしょうか。私と彼の道は正反対の道になりますので、彼の生き方に賛成だ!私の生き方をしてみたい!と意見が分かれると思います。(もちろん、この他にもたくさんの選択があると思います。)彼のように生きるためには、学歴や国家資格がとても重要になってくると思います。公務員になるのは難しいという人がたくさんいますが、公務員試験を突破すれば平等に公務員になるチャンスがあります。私は公務員試験に受かる気が全くいたしませんが、皆さんは勉強をすれば絶対になれます。公務員試験の合格を目指す!という方は、自分はできる男だという証明が必要になります。そのためには、国家資格や民間資格でアピールする必要もあるかもしれません。

以下に、このブログで多くの方に読まれている国家資格の取得に関する記事を掲載したいと思います。ぜひ合わせてご覧になってみてください!

次に、私が日本全国を住込みのアルバイトをしながら回ったリゾートバイトとは?という記事をご紹介したいと思います。自分の力だけで自由に生きてゆくためにはやはりお金と自由に生きてゆくための計画を立てる時間が必要になります。私が行っていたリゾートバイトは、20代でも手取りで25万円貰える高収入のアルバイトになりますし、知らない土地で生活をすることで自分を見つめ直すことができるのです。私自身、このリゾートバイト生活を2年以上行ったことが今の生活に繋がっていると思っています。ぜひ、世界で活躍したい!という方はリゾートバイトを行ってみてください!

リゾバで高額貯金ができる理由