【中国語(繁體字)を無料で独学】おすすめ台湾公式ラジオアプリ

台湾に留学・ワーキングホリデー経験のある私がおすすめする、中国語(繁體字)を独学している方向けに日本にいながら台湾のラジオが聴ける公式アプリをご紹介致します。

実は、中国語を勉強している人なら既にわかっていらっしゃると思いますが、日本で売っている中国語勉強のためのテキストや参考書はもとより、スマートフォン(スマホ)のアプリケーション(アプリ)までもが簡体字で作られているものがほとんどです。例えば、HSK(中国語検定)の試験は簡体字での試験になります。簡体字が公用語の「中国」に留学をしたり、ワーキングホリデーに行こうと考えている人には良いと思いますが、親日国家で「日本大好き!日本人大好き!」の台湾へ留学に行きたいという人は、HSKの勉強をしても実際は学習したことの半分くらいしか台湾では使えません。日本で繁體字のテキストを手に入れるのは少し難しいと思いますが、台湾政府公式のラジオアプリを使うことで、台湾で日常的に使われている会話表現を勉強することが出来ます。今回は、台湾公式の無料ラジオ放送局のアプリケーションを2つご紹介したいと思います。


公式ラジオ「POP Radio


POP Radio
一つ目にご紹介するのは、「POP Radio」「http://www.olis.com.tw/popradio/」になります。台湾公式のラジオアプリは、リアルタイムで台湾の音楽番組を一日中聴くことが出来ます。今回ご紹介するアプリ以外にもAppStoreやGoogle playストアで、無料のラジオアプリをダウンロードすることが出来ます。しかし、一般的なラジオアプリはラジオ局から発信されている電波を携帯端末で拾って聴くというものです。電波を拾うラジオアプリでは、様々なラジオ局の電波を拾えますが、日本で台湾の電波を拾うのはほぼ不可能です。また、拾えたとしても電波状況が悪く途切れ途切れにしか聞くことが出来ません。しかし、台湾公式アプリの場合は、電波をキャッチする形式ではなくアプリを通して番組が配信されていますので、番組が聴けないということも途切れ途切れにしか聞こえないということもございません。Wi-Fi環境でも利用が出来ます。(電波を拾う形式のアプリは私が実際に台湾で使ってみましたが、現地でもほとんど使い物になりませんでした。)

「POP Radio」の最大の特徴は、チャット機能が備わっている点です。「POP Radio」は、日本人のみならず台湾人も利用していますので、自らチャットに参加しなくても台湾人同士の会話を見ているだけで繁體字の勉強ができます。会話表現は中国語のテキスト・教科書では学ぶことが出来ませんので、実際に台湾人の友達と会話をするしか方法はございません。しかし、中国語学習の初学者の方の中には会話をするLevelに達していない人もいると思いますので、まずは他の人たちの会話を見て中国語の使い方を学びましょう。

公式ラジオは、台湾時間でRadio放送が配信されていますので時差が一時間ございます。(台湾と日本の時差が一時間あるということです。)時差一時間のリアル台湾生活を体験してみて下さい。ラジオの使い方は至って簡単で、アプリを起動すると自動的に番組に繋いでくれます。何もしなくてもC-POP等の音楽やパーソナリティーのトークを聴くことが出来ます。番組表を見ていただくとわかるようにパーソナリティーは、2時間おきに代わります。そのため、一日中ラジオを聴いても飽きることはございません。(ただし、朝1時〜6時までは音楽のみの番組になります。)


公式ラジオ「Hit FM 聯播網


Hit FM 聯播網「Hit FM 聯播網」も、台湾公式のラジオアプリになります。使い方は「POP Radio」とほぼ同じです。ただし、チャット機能がありません。「POP Radio」は、音楽番組が比較的多いのですが、「Hit FM 聯播網」は音楽以外にも情報系の番組もありますのでより中国語のトークを聴くことが出来ます。(私の感覚では。)

台湾公式のラジオアプリは、どちらか一つをダウンロードするのではなく2つともダウンロードして下さい。(もちろん2つとも無料です。)現在私は「POP Radio」の方を良く聴きますが、以前は「Hit FM 聯播網」を聴いていました。どちらが良いということはございません。どちらも良いです。日本で台湾のラジオを聴くならこの2つのどちらかです。(他のアプリは全く使えません。)Android・iPhone両方で使うことが出来ます。台湾留学やワーキングホリデーに行こうと考えている人はぜひ活用してみてください。

※最近「Hit FM 聯播網」のスマホアプリのダウンロードページが検索されないようですので、URLはPOP Radioの方だけ掲載させていただきます。


まとめ|台湾ラジオアプリで勉強をする


台湾ラジオアプリは聞き流しているだけでスピートラーニングのような効果があるかと言うと、そのような学習効果はございません。台湾ラジオは中国語の発音や会話の中での呼吸の置き方などを学ぶことが出来ます。中国語を学ぶためにはやはりテキストを使っての勉強が絶対的に必要になります。もし、繁体字のテキストがなければ台湾に行って購入するのも良いかと思います。台湾には東京・大阪・名古屋・福岡・沖縄から出ているLCCの飛行機を使えば、片道一万円未満で行くことか可能です。往復費用でも2万円以内です。たった、テキストを買うだけに台湾に行くと言うのが嫌だと言う人は観光を兼ねて渡航すると良いと思います。

一度、台湾に行くと今後台湾に留学をすることになった場合やワーキングホリデーをすることになった時には旅行の経験を生かすことが出来ます。日本で中国語を勉強しているだけではなく、一度本場の台湾に行ってみるとこれかの課題を見つけることも出来ます。私も一度台湾に行ったことによって、発音の大切さを学びました。間違った発音を覚えていると全く相手に伝えたいことが伝わらないのです。上記のラジオアプリをダウンロードして台湾人の発音を学べば、全く伝わらないと言うことはないと思いますが、やはり一度台湾に行くことには意味があるのです。

ぜひ、中国語をマスターし自分の可能性を広げられると良いと思います。

〜中国語学習に関するおすすめ記事〜