【貯金額0円の生き方】20代前半は全ての収入を自己投資せよ

平成生まれも早いことに、20代前半最後の年となってしまいました。大学卒業後、大手司法書士法人に就職したのにも関わらず4ヵ月で退職し、台湾留学やフィリピ留学、リゾートバイト(リゾバ)を経験した今、「20代前半」の生き方について自分なりに考えてみたいと思います。人は誰しも「私は他の人とは違う。」と思っているはずです。当然です。同じ人間なんてこの世に一つと存在しないのですから。生活環境が人の人格や性格を形成するのは、様々な研究により証明されていることは周知の事実ですが、20代前半に経験したことや出会いが30代になった時にどのように働くのかについて考えてみたいと思います。


重要なのは5年後、10年後にどうなっているか


20代前半というのは、若さや勢いで仕事ができる年齢です。そのため、例え仕事で大きな失敗をしても”社会経験が浅いから”という理由で許されてしまうことも多々ございます。しかし、これが30代であればそうはいきません。例え社会経験が0であったとしても、あるとみなされてしまいます。また、20代は就職やアルバイトをする際に年齢が若すぎるという点で不採用になるのは外資系保険営業マンくらいで、「若さ」というのは強力な武器になります。年齢が上がるにつれて「若さ」という武器は弱くなります。30代40代は若さ以外のスキルが必要になるのです。

これから先、例え一生同じ会社に勤めようと考えている人であっても30代になった時、20代の時と同じ能力ではいつまで経っても出世は出来ません。また、転職を考えている人もスキルアップは必要です。上記で述べた通り、歳をとってからの転職はそれなりの能力が必要だからです。

20代前半で独身の人は、一番自由にお金を使うことが出来ます。もし、結婚をしてしまうとお小遣い制度に変わったり、子供が出来たりすると時間まで子育てに取られてしまいます。お金と時間が十分に使える20代前半の今が、自己投資をする最大のチャンスなのです。5年後、10年後を見据えた自己投資を行いましょう。


人はどうして貯金をしているのだろう?


どうして人は貯金をしているのでしょうか?昔、貰ったお年玉を親が貯金しているのを見ていたからですか?日本の銀行の金利は、あってないようなものです。日本の銀行にお金を預けている人で、投資目的のでお金を預けている人はまずいないと思います。ほとんどの人は現金を手元に置いていると危ないと思っているから預けているのでしょう。

貯金は車を買うためですか?

車を買おうとお金を貯めている人は、一体いくらの車を買おうと考えていますか?車は中古で30万円くらいのものがあれば、新車で500万円の車もございます。以前、ビートたけしが「若い時に好きな車に乗るのが良いんだろ!」と言っていた記憶がございますが、私から言わせれば乗れれば良いのです。(20代前半では。)中途半端なお金(貯金)で、中途半端な車種を買うよりもボロボロの車に乗っている方が少し笑えて、活かした男にさえ思えたりします。中途半端な車に乗っている男のことを女性はどう思っているのだろうか?格好いいと思ってくれているのならば、さぞかし幸せなんだろと思います。20代前半にくだらない見栄で高い車を買うよりも、30代に高級外車に乗りませんか?

結婚資金の準備ですか?

結婚資金は一般的に100〜200万円くらい必要だと言われています。すでに結婚の予定があるのであれば、ぜひ準備をして下さい。しかし、彼女がいない人が結婚資金を準備する必要は全くございません。結婚は、結婚資金(お金)があるからするわけではございません。相手の事が好きだから結婚をするのですよね?そのため、結婚のために頑張って一時金を貯めたとしても意味がありません。きちんとした収入があって、彼女を幸せにすることが出来る男になることが重要なのです。

老後の心配をしているのですか?

老後のことを考えて貯金をしている人は、老後に何を求めているのですか?60歳になった時に、20代前半の時よりも楽しめる何かが待っているのですか?60代には60代の楽しみ方があるのかもしれません。しかし、20代にも20代にしか出来ない楽しみ方がございます。そのため、今から老後の心配をしても無駄です。老後は30代、40代の生活を踏まえて考えるものです。ただし、全く老後の心配をしないと言うのも少し問題です。国民年金を毎月きちんと支払ったり、投資信託の勉強をしたりすることはとても大切です。


自己投資〜ビジネス・スキルアップ編〜


社会人になる年齢はバラバラですが、20代後半のスタートラインは皆同じです。20代後半になった時に「何が出来るのか」や「どのような経験を積んだのか」がとても重要になってきます。そして、20代の頑張りによって30代に就ける役職や仕事が変わってきます。もちろん、年収(手取り)も大きく変わります。昨今では、同じ職場に5年いる社員よりも能力次第では入社半年の社員の方が評価され、実際の給料や地位に反映される時代です。

本・書籍に投資をする

”読みたい本は、全て買うべき!”書籍というものは、執筆者の考えや情報を1,500円程度で買えるうえに何度でも読み返す事が出来ます。自己啓発セミナーの参加費に1万円を払うよりも、1,500円で何度も読み返しが出来る本に投資した方が絶対にお得です。また、本を読むという習慣ができると次第に集中力が高くなっている事に気づくはずです。会社のパソコンに向き合った時、いつもよりも集中ができ、作成資料の出来映えも良くなるはずです。さらに、書籍を読むことでビジネスマンとしての思考が備わってきます。まずは、一冊の本を最後まで読んでみましょう。

スキルアップに投資する

書籍やテキストで勉強をした後は実際にセミナー等に参加してみるのも一つの手です。ただし、いくつかのセミナーに参加するとわかると思いますが、話している内容はどこもほとんど同じです。参考書や入門書に書かれている内容を話すだけの講師もいたりします。セミナーでは、最新の情報などを手に入れることが出来ると思いますが、ビジネスマンの基礎部分に新しいも古いもございません。

スキルアップの定番は、資格試験の受験です。今就いている仕事に活かせる資格試験の勉強をしましょう。不動産仲介業であれば、宅建は必須です。保険営業マンであれば、ファイナンシャル・プランナー試験(FP)の受験をすると良いと思います。資格試験が全く関係のない仕事をしている場合は、自分の趣味のことでもいいでしょう。例えば、海外ドラマが好きな人は英語・中国語・韓国語の勉強をしてみてはいかがですか?釣りやウインター・マリンスポーツが趣味の方は、ライセンス取得を目指してみて下さい。

人脈作りに投資する

ビジネスは人がいて成り立つものです。例え、BtoB(企業間取引)の会社であってもそこで働くのは人です。人脈作りは、ビジネス交流会や異業種交流会に参加すると良いでしょう。交流会では全ての参加企業の方と名刺交換をする人もいれば、何人かとしか名刺交換をしないという人もいます。ビジネス交流会では、全員と名刺交換をした方が今後に繋がる可能性が増えます。しかし、無理に全員と名刺を交換しなくても大丈夫です。私が社会人の時は、どんなに大きな交流会であっても自分から話しかけて名刺を交換する相手は、男女合わせて10人までと決めていました。交流会では一分程度の各企業のスピーチがございますので、話しを聞いて5社(一社2人)だけ自分から声をかけていました。名刺を10人に渡し終えると、主催者側の人たちと軽く話をして早々に帰っていました。おそらく、その会場から最も早く去るのはいつも私だったのではないかと思います。

いつの時代も勝ち上がれる人というのは、人に支持される人です。ぜひ、交流会で自分の味方を沢山作って下さい。全国の無料・有料ビジネスセミナーやコーチング・資産運用講座が検索出来るサイトがございます。都合の良い日時に開講するものがあればぜひ参加してみて下さい。

多くの人に読まれている人気記事のご紹介


自己投資プライベート編


プライベートに自己投資する!!

食事に気を使う

ビジネスの資本は自分の体です。体調が悪かったり、体を壊してしまうとどんなに能力があったとしてもそこで終わりです。また、色々な所で食事をするとその数だけネタになります。美味しいお店を知っていると、飲み会の幹事を任されたりビジネスシーンで話す内容がない時、話題に使うと無難に乗り切れます。地元のおすすめのお店を知っていると、他県から来た営業マンをもてなすことも出来ます。もちろん、地元の人にも喜ばれます。ぜひ毎日の食事に気を使うこととお店探し(情報収集)は必ず行って下さい。

一人暮らしで毎日料理をすると言う人は、テレビ番組で話題の健康食品を使った料理を作ったりするのも良いかもしれせんね。最近では、エゴマ油やチアシードが人気のようです。

外見を良くする。そして、出会いを求める

一時ブームになった書籍『人は見た目が9割』(竹内一郎著)のタイトルからもわかるように、外見を奇麗にするということはとても重要です。スーツ・革靴・髪型・スキンケアに至る所まで気を使いましょう。人は見た目が9割というのは、ファーストコンタクトの時に9割は外見で人を判断してしまうという意味であって、長く付き合っていく時には中身も重要になります。もし、人間が相手の全てを外見で決めてしまう生き物であれば、千原ジュニアやバナナマン日村はすでに積んでいるということなので意味が変わってきます。(最近千原ジュニアさんは一般女性と結婚致しました。おめでとうございます!積んでいるのはバナナマン日村だけでしたね。)外見を整えたら次は出会いを求めてみましょう。仕事が充実すると必然的にプライベートも良くなってきます。また、プライベートで良いことがあると、仕事が楽しくなります。交流会で知り合った人とはビジネス上の付き合いだけではなく、プライベートでも接点が持てれば良いですね。


自己投資の還元率は無限大


自己投資は、投資先である自分(私自身)自らが何らかの利益を生まなければなりません。自己投資は、株式投資等とは比べ物にならないほどの利益を生みます。例えば、1,500円の書籍を買って自分で勉強をし、その成果が仕事で発揮され、昇級なんかした時には還元率は100%以上になります。髪型をきちんと整えると、運命の人に気づいてもらえるかもしれません。自分自身に投資をするということは、死ぬまで投資したものが自分に蓄えられるということです。20代で毎月自分に1万円投資するのか、10万円投資するのかによって30代の自分の姿が変わります。大卒の場合だと、30歳まで一年間に12万円×8年間で96万円です。もし毎月10万円自己投資をすれば960万円必要になります。30歳になった時に、それまで自分に1,000万円以上自己投資をしている人は年収1,000万円を稼ぐことなんて難しくはございません。

人生を普通で終わるのも、良い人生で終わるのもあなた次第です。30代になった時に、自己投資をしたお金の元が取れるのであれば、20代は貯金なんて必要ありません。残高が0円でも良いのです。ぜひ、ゆうちょ銀行等にお金を預けるくらいなら自分自身に投資をしてみて下さい。(毎月の家賃や光熱費・クレジットカードの使用料金の支払い分は口座に入れておいて下さいね。)

収入が無くて自分に投資なんて出来ないという人は、リゾートバイトをしてみて下さい!



【次回】20代で会社を退職|手続き一覧と「次の仕事どうする?」


次回のテーマは、20代で会社を退職した時の手続き一覧と「次の仕事どうする?」です。会社を退職した後に必ずしなければならない手続きを一覧にまとめてみました。私自身も22歳で新卒採用で就職した企業を退職致しましたので、その経験からお話しさせていただきます。また、退職は悪い事ではございません。退職は自分自身を1段階成長させる事の出来る良い機会です。超短期アルバイトやリゾートバイト(リゾバ)で自分の能力を上げるのも良いと思います。次回、『20代で会社を退職|手続き一覧と「次の仕事どうする?」』も良ければ読んでみて下さい。