【リゾバの持ち物】派遣期間に合ったスーツケース選びと必要な持ち物


リゾートバイト用の荷造りをしよう!


リゾートバイト(略してリゾバ)とは、日本全国のリゾート地や観光地にあるホテルや旅館、ペンションなどに住み込み(泊まり込み)をしながら短期又は長期でお仕事をする派遣アルバイトのことを指します。リゾバは、短い期間(超短期リゾバ)であれば1週間、短期間アルバイトであれば1・2ヵ月間程度、長期間派遣であれば3ヵ月間以上の契約期間の住み込みアルバイトをすることになります。宿泊先(滞在先)は基本的には派遣先のホテル・旅館の周辺にある社員寮になり、リゾバの派遣社員は無料で寮に住む事が可能です。(派遣先によっては有料の場合もあります。また、相部屋の場合もございます。)冷蔵庫やベッド・テレビなどはありますが、調理器具などは用意されていない寮がほとんどになります。住み込み=一人暮らしをすると言うことになりますので、一部家具・家電を共有する事が出来ますが、何も無い寮に住むこととほとんど変わりませんのでしっかりとした身支度が必要になります。

まず始めに、リゾートバイトではどのくらいの大きさのキャリーバックを持って行ったら良いのかと言う話しを致します。リゾバの派遣期間によって持ち物の量が変わると思いますので、派遣期間にあった大きさのキャリバックを選ぶ必要があるのです。既にキャリーバックを持っている人はそのキャリーバックを使うと良いでしょう。

1ヶ月間未満のリゾバの場合

1ヶ月間のリゾートバイトの場合、40L程度(1〜5日用)の大きさのキャリーバックで十分です、なぜなら1ヵ月間未満のリゾバでは洋服も1シーズン分で済むからです。例えば夏休み・春休み期間の短期アルバイトであれば、Tシャツ5・6枚と長袖シャツが1・2枚あれば何とかなります。(男性の場合です。女性の方はそうはいきませんが・・・。)秋・冬の洋服が必要ないと言うことです。また、一ヵ月間のリゾバでは6・7回くらいしか休日がございませんので、自宅でゆっくり料理をすると言うことはほとんどないと思います。休日の半分くらいは市内観光で潰れますし、残りの半分は疲労のため無気力になり料理をする気にはなりません。つまり、調理器具を持って行く必要はないと言うことです。また、リゾバは基本的には無料の食事付き派遣になりますので、そもそも調理器具が必要な派遣先はほとんどないのです。

1ヵ月間未満のリゾバの場合、キャリーバックの大きさは人によってかなり異なりますが、私が見た感じでは40L程度のキャリーバックをみなさん持ってきます。60Lのキャリーバックを持っていくと少し大きいかなと感じます。但し、40L以上のキャリーバックを持っている場合はそのまま使うと良いと思います。

3ヶ月間以上のリゾバの場合

3ヶ月間以上の派遣期間のリゾバの方は、60L程度(5〜7日用)の大きめのバックを持って行くのがお勧めです。60Lのキャリーバックであれば冬物のジャンパーなども入れることが出来ます。約2年間10か所以上のリゾートホテル・旅館を転々としリゾバ派遣で生計を立てていた私も60Lのキャリーバックを使っていました。キャリーバックの中には、小さな折りたたみテーブルが入っていたり、大量の書籍が入っていたりしました。リゾバ生活に必要な物がそこに全て入っていたと言っても過言ではございません。3ヵ月間の派遣期間が終了した後、さらにリゾバ派遣を何ヶ所か続けてみようと考えている人は、60L以上のキャリーバックをお勧め致します。

※例え、1ヶ月間のリゾートバイトであったとしても、期間満了後にまた次の職場でリゾバ派遣社員をしようと思っている方は、大きめのキャリーバックを選ぶと良いと思います。

キャリーバックに入りきらない荷物は、段ボールに詰めて派遣先のホテルに送ることも出来ます。私がリゾバ派遣をしていた時は、段ボール3箱分の荷物を実家から送って来た人がいました。荷物を派遣先のホテル・旅館に送る時は必ず元払いで送りましょう。また、差出人の欄には「ヒューマニックのスタッフの〜」「アプリリゾートのスタッフの〜」と言うように派遣会社の名前を記載しましょう。


初めてのリゾバの持ち物とは?



初めてのリゾートバイト(リゾバ)に持って行くと良いと思うものを筆者自身の2年間のリゾバ経験をもとにまとめてみました。リゾバに持って行く荷物を確認する前に、リゾバに行く際には出来るだけ荷物を少なく(軽く)することをお勧めします。なぜなら、段ボールに詰めて荷物を郵送で送る場合でもキャリーバックに物を詰めて自身で運ぶ場合でも、荷物の量が多くなると郵送料金が高くなってしまうからです。(段ボールの場合は大きさ、飛行機の場合は重さです。)リゾバでは通常LCC(格安航空)を使って目的地まで移動するのが基本ですので、荷物が重たい場合はお預け荷物の追加料金が取られてしまいます。そのため、現地で調達できるものは極力持っていかないようにしましょう。
※派遣先までの距離が短い場合は、飛行機移動ではなく新幹線や電車なども使われます。

生活用品洗面用品小物類その他

Tシャツ
長袖シャツ
ジャージ
下着
薄手の上着
帽子

歯ブラシセット
タオル・バスタオル
シャンプー等
ドライヤー
ヘアワックス

スリッパ・サンダル
パソコン
ティッシュ(ポケットティッシュ)
爪切り
はさみ
本(電子書籍)


保険証
印鑑・通帳

生活用品はリゾートバイトに行く季節や派遣場所によって若干異なりますが、Tシャツは多目に持って行くと良いと思います。また、北海道で働く場合は夏でも長袖が必須です。どんなに暑い内陸の旭川や富良野・美瑛の派遣先であっても夜は肌寒いです。さらに、山の中にあるような勤務地はどこも寒いです。私が実際に経験したのですが、九州でも雪がたくさん降る地域がありましたので、上着も必須です。洗面用品の中のバスタオルは必ず必要です。今までバスタオルが用意されていた職場は一ヶ所もありませんでした。最低でも一枚は用意しましょう。(コンビニで買う事も出来ます。)ドライヤーも基本的には用意されていませんが、ホテルの大浴場や温泉が使える派遣先ではドライヤーが不要です。レストランのホール勤務の場合は、男女ともに髪の毛をセットするように言われる職場があります。

小物類はどんなに多く持って行っても鞄が重くはなりませんので、生活に必要となるものは必ず持っていきましょう。(爪切りや綿棒など)また、リゾートバイトでは中抜け時間(中抜け休憩)がとても長いため、休憩時間に楽しめるものを何か持っていきましょう。個人的には、電子書籍を持っていくことをお勧めします。私がリゾバをしていた時、毎日中抜け休憩時間に資格試験の勉強をしている人もいました。

意外に必要なものはサンダルです。職場で仕事用として使うのではなく、生活をする上で便利なアイテムになります。

印鑑・通帳は給料の振込を確認するために必要となります。通帳は、地方銀行よりも都市銀行の方が使い勝手が良いです。例えば、北海道の人が北海道以外で働いた場合、地方銀行の北洋銀行や北海道銀行の窓口や専用のATMはございません。みずほ銀行などの都市銀行などの口座を開設すると良いでしょう。ゆうちょ銀行も当然全国で使うことが出来ますのでこちらも活用して下さい。(地方銀行だとお金の引き出しがコンビニのATMに限られ、毎回手数料がとられます。)



リゾバの中抜け休憩を有効に使う!


(中抜けシフトとは朝の出勤と夜の出勤の間に、長いお昼休憩を取るシフトのことを言います。)

中抜けシフトとは朝6:00に出勤をして11:00くらいにいったん仕事を終え、また夕方17:00から22:00まで仕事をするというようなシフトです。

この出勤のスタイルだと、お昼に自由に使える時間が5・6時間あるということになります。中抜け休憩時間に毎回昼寝をする人もいますが、毎日昼寝をするのはもったいないと思いませんか?なぜなら、昼寝をすると1日10時間以上の睡眠を取っていることになるからです。始めは中抜け休憩が短いと感じる人がほとんどだと思いますが、仕事に慣れてくると中抜け休憩の時間がとても長く感じてきます。そんな時、派遣先に持って行くと良いアイテムをご紹介致します。そのアイテムとは電子書籍です。単行本や文庫本でも良いのですが、それだと荷物が重くなってしまいます。また、派遣先で買おうとしても、近くに大きな書店がない場合もあります。私の場合は、10カ所以上の勤務地で働きましたが、派遣期間中に大きな書店に出会えたのは2回です。ぜひ電子書籍を読むための端末を持っていきましょう!

上記で少し話しましたが、私がリゾバ派遣をしていた時にユーキャンの通信講座で国家資格のテキストを購入して、中抜け休憩中に黙々と試験勉強をしている人がいました。約1年以上前の話しです。彼はもう国家資格に受かっているのでしょうか。中抜け休憩の5・6時間と言うのは勉強をするためにはちょうど良い時間になります。仕事終わり(朝の出勤終わり)に1時間休憩をして、その後に3時間を勉強をして、1時間のんびりと夕方の出勤の準備をすると良いでしょう。3時間であれは集中力を保ち続けることが出来るはずです。ただし、中抜け休憩では本当に眠くなります。コーヒーなどを飲んで乗り切りましょう!


【次回】リゾートバイト(リゾバ)生活31日間の体験談&給料公開


次回のテーマは「リゾートバイト(リゾバ)生活31日間の体験談&給料公開」になります。私が兵庫県の有馬温泉で実際に行ったリゾートバイトの31日間を毎日記録してみたいと思います。Blog記事の最後には、リゾバのリアル収入(給料・手取り)を大公開したいと思います。給与明細の画像はほとんど加工せずに掲載する予定です。これからリゾートバイトの派遣社員をやってみようと思っている人、現在リゾバをしている方で自分の職場と比較(職場環境や手取り・待遇)をしてみたいと言う人向けに記事を書いてみたいと思います。

ちなみに、「リゾートバイト(リゾバ)生活31日間の体験談&給料公開」の時に使う予定の派遣会社は、高時給で有名なアルファリゾートと言う派遣会社になります。求人数が大手派遣会社のアプリリゾートやヒューマニックに比べると格段に少なくなりますので、良い職場に派遣されるか分かりませんが収入は高い事が予想されます。リゾバのリアルを知りたいと言う方は、ぜひ以下の記事も読んでみて下さい!