【丸分かり】20代男性のリゾートバイト生活1年間の体験談

ゆとり教育の正否の論争を繰り広げているのは、ゆとり教育を推奨した側でそこにゆとり教育を受けた側の意見はあるのだろうか?どちらにせよ、私はまだまだゆとり教育を否定するのは早すぎると思う。ゆとり教育を受けた学生が社会に出たのは最近のことだ。今の若者はと言う前に、あなたの社会人一年目を思い出してみてほしい。

と言ったものの、新卒採用で司法書士事務所に入社したものの数ヶ月で退社してしまうのだから、やはりゆとり世代は・・・平成生まれは・・・と言われても仕方ないのかもしれない。私が会社を辞めた理由は2つあります。一つは、不動産会社を自分で経営したかったからです。初めに言っておきます。このサイトは、リゾバのサイトではなく札幌で生活保護受給者向けに事業展開する不動産会社のwebサイトです。2つ目はもっと人と出会いたかったからです。

現在、高時給で月収20万円稼ぐことの出来るアルバイトとして大学生やフリーターに人気のリゾートバイトで生計を立て始めて1年間が経過致しました。自分の中では折り返し地点に立っていると思っています。残りの1年間でリゾバ業界に自分が働いた、そこにいた証を残せるような仕事をしてみたいと思います。今回は、1年間リゾバをしてみて感じたことを皆様にお話し出来たらと思っています。


人生の中で一番大切にしたいものは何ですか


あなたが人生で一番大切だと思う物はなんですか?お金ですか?仕事ですか?家族ですか?友達ですか?私の答えは全部です。しかしながら、20代前半の社会人時代の私にとって当時一番大切だったものは人(人との出会い・繫がり)です。そして、会社に勤めているうちは人との出会いに限られてしまうと思い、思い切って退社をしました。退社して始めのうちは、不動産会社を経営しながら、人との出会いを増やそうとしました。しかしそれには限界があるうえに、仕事絡みの繫がりでは自分の思い描いている出会いとは全然異なったのです。そこで、私が始めたのがリゾートバイト。略してリゾバです。

始めはリゾートバイト!?(リゾバ)って何って感じでしたが、調べてみると当時の自分にピッタリの仕事だと思いました。リゾバでは、20代・30代で大きな夢を持ったフリーターが沢山活躍するアルバイトだったのです。私はすぐにリゾートバイトの派遣会社のホームページから気になる仕事に応募しました。これが私の一年間のリゾバ生活の始まりです。私が応募したのはリゾートバイト業界では一番歴史のある大手派遣会社のヒューマニックの仕事です。初めての応募の方にも親切丁寧に採用から着任までの流れを教えてくれました。仕事の紹介はまずホームページから気になる仕事を見つけ、お仕事の応募フォームからエントリー致します。いきなり電話で仕事をしたいですと言うよりも、応募フォームから連絡する方がスムーズです。なぜなら、仕事の案件が数多ある上に派遣登録も必要だからです。あらかじめ気になる案件を伝えると、後日(応募当日か翌日)派遣会社の人が応募条件に近いいくつかのお仕事と一緒に提案してくれます。

派遣登録を済ませ、エリアの担当者にお仕事の説明をしてもらってから採用までは2、3日〜1週間くらいで分かります。(1年間で不採用になったホテルはございません。)派遣会社が先方のホテルに連絡をしてくれますので、私(本人)は一度もホテル側と連絡を取ることはありません。派遣先のホテルに着任する日が初めましてです。私の場合は、1週間ほどで採用が決まりましたので3ヶ月分の生活用品をスーツケースに詰め込んで夏の富良野に向かいました。





富良野編

北軽井沢編

有馬温泉編

熱海温泉編

大分県編

この1年間、派遣期間が満了したらすぐに次の派遣先に向かうという生活を致しました。そのため、滞在費用はほとんどかかりませんでした。交通費も派遣会社が出してくれますのでこちらもほとんどかかりません。(交通費は任期満了後、最後の給料と一緒に振り込まれます。)期間満了後、次の派遣先が決まるまでに1・2週間くらいは必要です。任期満了の2週間前になりましたら派遣会社に一度連絡をするのが良いと思います。次の派遣先を決める時は、一ヶ所目の職場で感じて良かったこと・嫌だったことを派遣会社の担当者に伝え、より自分の条件に合った派遣先を紹介してもらいましょう。リゾートバイトの派遣期間は通常3ヶ月程度です。一年間リゾートバイトを続けると、全国4ヶ所で住み込みアルバイトが出来ます。沢山の出会いもあります。もちろんお金も貯まります。

※一番最初にリゾバ派遣をした富良野では、リゾートバイトの記事を書いていませんでしたのでリゾバ体験談としては2ヶ所目の勤務地である群馬県北軽井沢のホテルが始めの記事となります。


リゾートバイトの派遣先を間違わないため



通常のアルバイトであれば、お店に一度足を運ぶことでどのような店員がいるのかであったり、どのようなお仕事をしているのか、お店の雰囲気なども確認することが出来ます。しかしながら、リゾートバイトの場合はそれが出来ません。リゾートバイトの採用までの流れは、まず派遣会社に登録すること。その後派遣会社から仕事の案件をもらい、一番自分に合っている案件の派遣先に、派遣会社の担当者に連絡を取ってもらうことです。つまり、着任まで一切派遣先(リゾートホテル・旅館の採用担当者)と連絡を取ることはないのです。ですので、派遣先がどのようなところなのかは行ってみないと実際には分かりません。

派遣先の情報は、担当者から聞くことになります。もっと言えば、担当者からしか得ることが出来ません。

「楽天トラベル」「るるぶトラベル」でホテル名を検索してみて下さい!

※「楽天トラベル」や「るるぶトラベル」でお客様を集客していないホテルは、ほぼ無いと言っても過言ではありません。(リゾートバイトの派遣先という意味で。)

派遣会社の担当者の話しだけでは正直情報不足です。そのため、派遣先を決める時は「楽天トラベル」や「るるぶトラベル」で応募予定のホテル名を検索してみて下さい。一番見てほしいの所は、口コミと、ホテル側のコメントです。例えば口コミで、「交通機関が少ない」や「ホテルまでの道のりが分かりにくい」等の外的マイナス評価の内容は、駅前の立地ではない限りどこのホテルでもあります。また、バイキングレストランの場合は「料理の補充がされていなかった」というようなマイナス評価もよくあります。大きなホテルだと、団体客のご予約をとっているため、団体客が一気にレストラン会場に入った時には、料理の補充が間に合わないこともございます。(食事の時間をずらす工夫は必要だと思いますが・・・。)このような、内容の評価があったからと言って職場(勤務先)を諦めるのは早すぎます。

口コミの中には「スタッフの態度が最悪」「館内が全く清掃されていない」などと書かれているホテルもございます。しかも、このようなマイナス評価の書き込みが一件だけではなく、何件もある勤務先(ホテル)がございます。もし、派遣会社に勧められたホテルが悪評に満ちあふれているホテルであった場合は、担当者から詳しい話しを絶対に聞いてから派遣先を紹介してもらいましょう。もし、返答が良くない内容であればその派遣先は止めるべきです。なぜなら、その悪い評価をお客様にされているスタッフとあなたが一緒に働くことになる可能性があるからです。数日間派遣されただけのスタッフやすでに任期を満了したスタッフの評価である可能性もありますが、できることなら避けたいですよね。実際何が起るか分からない所が、リゾートバイトの魅力の1つなのかもしれませんが、勤務先を決める段階で少しでも危険因子があると思った場合は他の職場を希望するべきです。


リゾートバイトの派遣会社選び!



リゾートバイト(リゾバ)を始めるためには、まず派遣会社に派遣登録をする必要がございます。派遣会社の中にも大手と呼ばれるリゾバ専門の派遣会社と中堅の派遣会社がございます。大手の派遣会社に登録するメリットは、派遣先(仕事)が沢山あるということに尽きます。また、大手では短期間のアルバイトから3ヵ月間の長期アルバイトを全国規模で探すことが出来ます。そのため、初めてリゾバの派遣会社に登録をする方にとっては、お仕事の条件や勤務地・職場環境等を吟味できるという点で安心出来るでしょう。

しかし、大手の派遣会社の最大のデメリットは時給が中堅の派遣会社に比べるとやや低いことです。そのため、大手の派遣会社でリゾートバイトを一度体験し、リゾートバイトを続けたい!次はもっと時給の高い所で働きたい!と思った方は中規模の派遣会社に切り替えると良いでしょう。但し、仕事の案件はかなり少なくなります。

実際どのくらい時給(給料)が変わるかというと・・・

(私が体験した職場の場合)

とある派遣先では派遣会社を4社扱っていました。(大手企業2社、中規模の派遣会社2社)
大手企業2社の時給は共に950円
中規模の会社2社の支給は1,000円と1,030円
当然ですが、時給が違っても派遣社員に対する待遇は同じです。ホテルの社員さんのほとんどはリゾバ派遣社員の時給を知りません。知っているのは、我々派遣社員だけです。ホテル側の採用担当者も実は知りません。なぜなら、給料はホテル側から派遣会社にお金を支払い、派遣会社が手数料を引いて我々に給料を支払うからで。もっと詳しく説明をすると、例えば派遣社員が20万円稼いだとします。派遣会社はホテル側に派遣社員の給料として20万円と手数料として5万円、合わせて25万円請求致しますので支払って下さい!と言うのではなく、今回の派遣社員の派遣費用は25万円です!と言うように請求致します。ホテル側は当然25万円派遣会社に支払うのですが、25万円のうちいくら派遣社員に渡っているのかは分かりません。時給も手取りも分からないのです。そのため、派遣社員はみんな同じ扱いをされるのです。時給が高いからと言って、出勤日数が減らされる心配もございません。

上記の時給で月給を計算すると一回の出勤で640円、月にすると14,080円(22回出勤で計算した場合)違ってきます。登録した派遣会社が違うと言うだけで一ヵ月にこれだけ給料がかわるのです。但し、大手の派遣会社としか取引をしていない派遣先も沢山ございますので、時給だけで善し悪しの判断は禁物です。中堅の派遣会社は、大手の派遣会社でも扱っているお仕事の時給を高くして雇うと言うケースが大いにございます。大手の派遣会社には独占案件があります。中堅の派遣会社は、とにかく派遣先は何処でも良いから高時給で働きたい人向けです。大手の派遣会社は、自分に合ったお仕事を探したい人向けです。一番勿体ないのは、大手の派遣会社で自分に合ったお仕事を見つけた場合で、そのお仕事が中堅の派遣会社でも扱っているケースです。以下に、皆が使っている派遣会社の比較をしてみましたのでぜひ参考にしてみて下さい!


食事の有り・無しの選択について


例え時給が高くても、食事が3食付いていない派遣先では1食500円×3食×30日で45,000円負担することになります。500円と言う金額は寮で自炊が出来ず、毎日コンビニ等でお弁当を買った場合です。もちろん、皆さん節約をすると思いますのでこれほど高くはなりませんが、上記の金額だと仮に時給1,030円で食事無しと時給950円で食事有りの方の給料を比べると、トータル食事有りで950円の方がお得だということになります。しかも、食品を買ったり食事を作ったりする時間を考えるとより後者の方がお得だということになります。


全国各地のリゾートバイト検索サイト
はたらくどっとこむ


まとめ|一年間リゾバをやってみて


まずリゾートバイト(リゾバ)を始める目的であった多くの人と知り合うことが出来たのかですが、沢山の人と知り合うことが出来ました。各職場で出会った仲間とは今でもLINEやFacebookで連絡を取っています。おそらく、こんなに多くの人と短期間で知り合うことが出来る仕事は限られているでしょう。またリゾバではレストランの接客スキルを身につけることが出来、人間関係の大切さ、挨拶の大切さを学び、もちろん貯金も沢山することが出来ました。こんなにも沢山の良い所がある仕事は他には無いと思います。

この1年間のリゾバ生活で出会った仲間たちは、私に様々な影響を与えてくれましたし、これからも良い刺激を与えてくれるでしょう。今まで出会えた人に感謝をするとともに、これからあと1年間リゾバを頑張ってみようと思います。


【次回】リゾートバイト(リゾバ)の荷造り・持ち物一覧


次回は、リゾートバイトに持っていく持ち物を一覧にまとめてみたいと思います。中抜けシフトが基本のリゾートバイトでは、空き時間を有効に使うためのアイテムを用意しましょう。次回、リゾートバイト(リゾバ)の荷造り・持ち物一覧では、キャリーバックの大きさはどうしたらいいの?日用品は何を持っていけば良いの?空き時間を有効に使うためのアイテムは何?についてお答えしたいと思います。次回もぜひお楽しみに!