【コンビニ弁当は買うな】自炊・外食生活で節約と栄養を摂る

最近コンビニ弁当を全く買わなくなった20代後半の男です。コンビニ弁当を買わなくなると、なぜだか生活習慣が良くなった気がします。なぜだか分かりますか?コンビニ弁当を食べていないからです。今回は、コンビニ弁当を一切買わなくなるとどんな良い事が起きるのかと言う話しをしたいと思います。


子供の頃のコンビニとは?


平成生まれのゆとり世代には分からないかもしれませんが・・・。と言っておきながら私もギリギリ平成生まれなのです・・・。ジャニーズのHei!Sey!Jumpで言うと、Hei!Say!BEST組の方である。(もはや昭和より)小さい子供達はコンビニエンスストア(略してコンビ二)が昔からあるお店だと思っているかもしれませんが、日本で最初にコンビニが出来たのは1974年(諸説あり)です。「何だ!結構古いじゃん!」と思った人がいるかもしれませんが、日本全国にコンビニが出来て、誰もが利用するようになったのは平成に入ってからの話しです。(私の感覚ですが・・・。)愛媛県にセブンイレブンが出来たのが最近だと言うくらいですから、コンビニ文化は本当にごく最近の話しなのです。

昔のコンビニは、朝の7時から夜の11時「7(セブン)〜11(イレブン)」まで営業をしていた事からセブンイレブンと名付けられました。今でこそ誰もが日常的に利用するコンビニですが、昔のコンビニは今とは全然違うのです。

昔のコンビニの特徴

  • 品揃えが悪い
  • お弁当が不味い
  • 商品の値段が高い

昔のコンビニは現在のコンビニのように何でもあると言うものではなく、スーパーの100分の1くらい小さな店舗で営業を行っていると言うような感じのものでした。また、特別美味しいと言うお弁当がなく特別美味しいデザートがあったと言う事もございません。そして、何より商品価格が高かったため(値段が高いのは今も同じです。)別に行きたいと思えるようなものではございませんでした。

なぜ昔の人はコンビニに行っていたのか

昔の人と言っても自分たちの親世代だとは思いますが、なぜコンビニを利用していたのでしょうか?その理由は至って簡単で、夜11時又は24時間毎日営業をしていたからです。昔のスーパーは、夜の20時か21時には閉店してしまいましたので、夜(深夜)や朝方に買い物をしようとするとコンビニしかなかったのです。夜に突然、お菓子やデザートを食べたくなる事がありますよね?そんな時に行くのがコンビニだったのです。

なぜ今の人はコンビニに行くの

昔は夜に営業しているお店がありませんでしたので、コンビニに行くしか方法がございませんでしたが今では24時間営業をしているスーパーがありますし、24Hではなくても24時まで営業をしているスーパーがあります。また、ドラックストアでも様々な物を買う事が出来ます。では、なぜわざわざ商品の値段が高いコンビニで買い物をするのだろうか?

  • 家や職場から近い
  • 商品のクォリティーが高くなった
  • その他様々なサービスがある

上記がコンビニを利用する主な理由だと思います。上記の理由が高いお金を払ってまで受けるサービス・商品であるのならば何も言いませんが、コンビニのお弁当・パン・お菓子・飲み物は品質やサービスに対して高くはありませんか?家から近い所にあるから、大好きな商品があると言う訳ではないが何となく行く、他の用事(ATM利用や支払い)で行ったからコンビニで商品を購入したりしていませんか?コンビニの身近さが数円・数十円と言う支払いの感覚を鈍らせているのです。


コンビニ弁当を買うなら外食せよ!


現在では量よりも質の良い物を選択する世の中になってきています。例えば、アサイー・チアシード・スーパーフードとテレビで健康に良いと紹介されればすぐに飛びつく日本人。なぜコンビニのお弁当を食べて生活しているのですか?

栄養面から見ると、どのコンビニ弁当を食べても定食を食べて摂れる栄養素には及ばないのです。と言うのは大袈裟です。実際にはどのコンビニ弁当が身体に良くて、どの定食が身体に悪いのかは分かりません。なぜなら、私は栄養士ではないからです。しかしながら1つだけ分かる事があります。人は1日に30品目食べなければならないのです。例えば、コンビニのカツ丼を食べた場合の食品は豚肉・卵・米です。(調味料は除く)しかし、定食屋さんでカツ丼を食べると豚肉・卵・米・漬け物・味噌汁になるのです。これなら、コンビニ弁当を食べるよりも外食した方が身体に良いとは思いませんか?

ランチでは絶対にコンビニに行かない

タイトルを読んで毎晩外食をするのか!と思った人もいるかもしれませんが、お昼ご飯を外食にしようと言う話しになります。

サラリーマンのランチにかける金額は500円と言われていますが、500円でコンビニ弁当を食べるくらいなら300円プラスして定食屋さんで好きな定食を食べた方が良いとは思いませんか?だって、月に300円×出勤日数で一万円にもならないのだからです。

何のために働いているの?

皆さんは何のために働いているのですか?おそらく、お金を稼ぐために働いているのでしょう。そして、その稼いだお金を何に使うのかは自由です。でも、一番大切な事は”きちんと食べて生きる!”だと思います。死んでしまったら”無”なのです。栄養不足や食生活が悪いために”無”になったらどうしますか?

現在私はフリーターです。でも、1時間のお昼休憩で毎回800円〜1,000円のランチ(定食)を食べています。同じアルバイトの女性は、コンビニで買ったおにぎりと飲み物だけのようです。むしろ、若い人は後者の方が一般的なのかもしれませんが・・・。しかし、その食事では十分な栄養が摂れているとは絶対に言えません。生きるため・生活をするために働いているのにも関わらず、きちんとした栄養を摂らずに、身体の寿命を縮める行為はしてはいけないのです。栄養不足は様々な病気の発症リスクを高めるのですから!!!

最近私は「大戸屋」のランチを食べる機会がよくありますので、どうせなら「大戸屋のランチを全メニュー食べてみる!」に挑戦したいと思います。大戸屋で食事をした時には、写真を追加して行きたいと考えています。

スライドショーには JavaScript が必要です。


朝食と夕食は自炊をする!


お昼にランチを食べるためには朝・夜は徹底的に自炊して食費を節約しなければなりません。もし、朝・夜の自炊が習慣になるともはやコンビニ弁当を食べない!と言う話しではなくコンビニに行く機会がほとんどなくなります。すると、ランチで800円使うのは高い!と思っていた人も月々の食費を計算してみるとランチを食べているのに変わらない!と言う事もあるのです。(但し、独身の場合です。結婚をしていたらおそらく出費は増えると思います。)

自炊をする人にお勧めの記事

「食費を節約するなら大きな冷蔵庫を買え!」(現在作成中)

”自炊をすると月々の食費が減る”を言い換えると、”スーパーで食材を買って作るから安くなる”なのです。つまり、スーパーに行くと言う習慣が大切なのです。もっと言うと、コンビニでお弁当を買うのではなくスーパーでお弁当を買って食べているだけで食費は減るのです。なぜかと言うと、スーパーは安いからです。いきなり、毎日節約料理を作る必要はございません。スーパーで買った食材で食事をする事を考えて下さい。節約はそれからなのです。

ぜひ、皆さんも外食する習慣を身につけて栄養と食費のバランスがとれるような生活をしてみて下さい。