【20代リアルリゾバ体験】兵庫県有馬温泉の派遣情報&評判

リアルリゾートアルバイト派遣社員体験談、第二弾は兵庫県の有馬温泉のとあるホテルでのレストランスタッフのお仕事についての体験談です。今回で3度目のリゾートバイトになりますが、今回は前回の時とは気持が全然違います!なぜなら、前回の職場を任期満了した後、北海道の札幌で借りていたアパートを引き払い、家なき子状態でのリゾバをスタートさせたからです。(住民票は北海道の実家にありますが・・・。)1ヵ月や2ヵ月でリゾバを辞める事はしません!2年間はリゾバで生計を立てながら生活を続けたいと思っています。今回は、兵庫県有馬温泉でのリゾバ体験をお伝えいたしますが、これからリゾバについての記事を沢山書いてゆきたいと思っていますので、Blogを更新した際はぜひ読んでみて下さい!それでは、20代リアルリゾバ体験有馬温泉編の話しをしたいと思います!!!


兵庫県神戸市の有馬温泉の仕事とは


札幌から兵庫県に行くために派遣会社から指定された交通手段は、新千歳空港からLCCに乗って関空まで行き、高速バスで神戸の好きな所に行って、好きな所に泊まり(宿泊費は自己負担のため)翌日にバスで有馬温泉まで行くと言う方法でした。(有馬温泉にはJRでも行く事が出来ます。)宿泊先は小学・中学と野球少年団・野球部で共に汗を流した大親友が神戸三宮に住んでいましたので泊めさせていただきました。リゾバきっかけで全然会えなかった親友に再会出来たのは本当に嬉しかったですし、リゾバをして良かったと思いました。

当然ですが兵庫県に住んでいると、休日に大阪や京都を観光する事が出来ます。ただし、有馬温泉街には日用品の買い物が出来る場所が、コンビニ(セブンイレブンかローソン)しかございませんので必要な物はあらかじめ準備をしておくか休日に少し遠出をして買い物をしなければなりません。飲み屋はいくつかございます。どれもお好み焼き屋さんです。

それでは、有馬温泉での一日の仕事の流れを簡単に紹介したいと思います。


6:30:起床!
7:00〜11:00:出勤〜勤務(朝食バイキング)
10:00〜17:00:中抜け休憩
17:00〜22:00:出勤〜勤務(夕食バイキングor懐石料理)
22:00:退勤!

以上!


今回の職場では、約9時間の勤務が通常シフトのようです。(日によって勤務時間が異なります。)週に1〜2回の休日がございます。時給は910円となりますが、毎回1時間以上残業が付きますので、月収にすると約18〜21万円程度になります。職種はバイキング会場・懐石料理のレストランでのホールスタッフです。
有馬温泉での勤務は、有馬温泉ブランドがございますのでお客様が少なくて出勤日数が激減するというようなことはまずないと思います。安定的に稼ぎたい人にはオススメの勤務地になります!また、有馬温泉街には外国人が沢山います。特に中国・台湾人が沢山います。中国語を勉強している人にとってはここしかない!と言うような勤務地になります。





有馬温泉神社へ初詣に行く!!!


実は、今回のアルバイトはクリスマス&年末年始のために雇われた1ヵ月間だけ短期リゾバなのです。クリスマスに有馬温泉に到着した私は当然の事ながらここ、兵庫県有馬温泉で年越しすることになります。初詣に行きたいと思いましてgooglemapで神社を調べた所、近くに「温泉神社」という神社がある事を知りました。これはぜひ行きたいと思いまして、12月31日の23:00くらいに寮を出て1人で温泉神社に向かいました。

温泉神社では、甘酒と大根の無料配布が行われていました。地元の人が沢山いて少し懐かしいような切ないような、でもこんなにも人が沢山いてなぜだか安心も出来ました。明日は朝から仕事ですので私は周りの人よりも少し早めに温泉神社から去りたいと思います。あけましておめでとう!みんな元気かな?


有馬温泉周辺を探索する!


今回は、とある半日出勤の日に有馬温泉を探索して参りましたので、いくつかご紹介したいと思います!まず始めに行ったのは、瑞宝寺公園と言う所です。瑞宝寺公園は、有馬温泉街の賑やかさから解放され、耳を澄ませば鳥のさえずりが聞こえる・・・だろう、そんな奇麗な公園となっています。有馬温泉街からは少し歩きますがぜひ行ってみて下さい。(あと、坂が多いので気合いを入れて行ってみて下さい。)

そして、こちらの写真は今自分は神戸にいるんだ。と、ふと気づかされた写真になります。普段は絶対に注目しないものかもしれませんが、紹介したいと思います。「神戸市の消火栓」です!歩いていると、ふと目に入った物です!北海道を出発した私にとって「あ!今神戸にいる。」と、思わせられたものです。こう言う物を見ると、今リゾバをしているんだなーとも思います。生まれた土地から離れる事で、初めて新たな発見を得られるのです。これだからリゾバは辞められないな!と思いました。これにて有馬温泉の周辺探索は終わりです。少なくてすみません。


兵庫県の南京町へ行ってみる!


休日を利用して南京町に行って参りました。南京町にいる方(お店の方)はほとんど中国人ですので、関西弁に疲れた方は中国語に癒されて下さい。(笑)関西弁も素敵ですよ。南京町にいるのは中国人ですので、私が勉強していた台湾人が使う中国語とは少し異なります。南京町に売っている食べ物はどれもおいしそうでしたが、今回は肉まんだけにしておきます。

気分を良くして、その足で大阪にも行って参りました。大阪は交通機関がかなり複雑で、初めての人は私のように迷子になってしまいます。でも安心して下さい!関西で”私、迷ってます!”と言うオーラを出すと「どこいくん?」「そっちやで!」って親切に教えてくれます。本当に良い街ですね。もし、リゾートバイト(リゾバ)で関西圏の職場で働くことがありましたら、絶対に行って欲しい観光スポットになります。


有馬温泉から京都へ


休日を利用して京都に行ってみました。大阪・奈良・京都に行かなければ関西に住んでいたとは言えません。(結局奈良には行けませんでしたが。)京都はやっぱりパワースポット巡り(寺巡り)を行うのが一般的です。と言っても私のお目当ては桜餅でした!桜餅を食べるために京都に行ったと言っても過言ではございません。通常、桜餅は餅米を赤の着色料を使って桜をイメージさせますが、ご飯を桜色にせず体にいいんだろうな!と言う桜餅を食べました。美味!寺巡りも一応して参りました。残念ながら写真はありません。

京都の地形は碁盤状になっていて、札幌駅周辺の区画と同じだなと思いました。地図で見ると縦横が奇麗になっています。大阪では駅が複雑で迷子になってしまいましたが、京都は目的の場所に簡単に行けます。本当に観光者向けで良い土地です。高校の修学旅行が京都ではなかったので、1人ではございますが旅行が出来て良かったです。






有馬温泉お土産を貰う!


実は今日で短かった1ヵ月間の有馬温泉でのお仕事が終わりとなります。1ヵ月間と言う時間は本当に一瞬で、まだまだ有馬温泉に居たいと言うのが本音です。アルバイトの後半は、台湾人スタッフや同年代の仲居さんと仲良くなり、本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

さらに、出勤最後の一週間になった頃、1ヶ所目のリゾバの勤務地である富良野で3ヵ月間一緒に働い仲間がたまたま同じ職場に派遣されたため、昔の思い出話ができました。有馬温泉はリゾバの再スタートとしては本当に最高の職場でした!また、機会があれば有馬温泉に行きたいと思います!

職場の方に名物”有馬サイダー”のストラップ等々を頂きました。ホテルの皆さん1ヵ月間本当にありがとうございました!!!


1ヵ月を振り返ってみる!


1ヶ月の有馬温泉でのリゾートバイトを終え、振り返ってみると本当に楽しいところだった!に尽きます。リゾートバイト(リゾバ)の勤務地では、周辺に何もない派遣先が結構ある中ここ有馬温泉にはコンビニが2店あるということで全然不便だとは感じませんでした。(派遣期間が1ヶ月間だったと言う事もありますが・・・。)

職場では外国人と話す機会がたくさんあり、とても良い体験が出来ました。有馬温泉での仕事は大阪・奈良・京都に行くことが出来ますので、観光目的の方にもオススメの勤務地だと思います。その場合は、3ヶ月程度の雇用で働くと良いでしょう。(1ヶ月の短期アルバイトでは、休日が7・8回ですので少し足りないかなと思います。奈良に行けませんでしたので・・・。)

本当に有馬温泉は良い所でした!ぜひ、皆さんもリゾバでも観光でもいいのでぜひ有馬温泉に行ってみてください。