【初めてのリゾートバイト】リゾバ体験者が書いた口コミ&評判

リゾートバイトとは、20代・30代前半のフリーターを中心に人気の「高収入の住み込みアルバイト」になります。北は北海道、南は沖縄のリゾートホテル・旅館で住込みをしながら働くことが出来ます。今回は、リゾートバイトはなぜこんなにも人気なのか。なぜこんなにも高収入なのか?という話しをしたいと思います。現在、リゾートバイトでリゾバをしている私の実体験からお話しさせていただきます。これからリゾバをしようと思っている方、リゾバに興味がある方に読んでいただけたら幸いに思います。


今話題!リゾバの人気に迫る!!!


知り合いがたくさん出来る!(海外の友達も!)


リゾートバイトがなぜ学生やフリーターに人気があるのかと言うと、高収入である事や高待遇(寮・食事・交通費が無料)であること、社会保障に加入が出来るという事がありますが、実際にリゾバをやってみて一番良かったなと思うことは、沢山の人に出会うことが出来ることです。

リゾートバイトでは全国から集まった仲間と、共に生活をしながらお仕事を致します。1つの職場に派遣社員が1人だと言うこととは絶対にございませんので、必ず同じ境遇の人と出会うことが出来ます。サラリーマンをしていると人と出会うことが少なく、職種によっては1ヵ月間に知り合った人の人数が0人だと言うことも少なくはございません。人との繫がりは、お金では買うことが出来ません。人間の心の豊かさと言う物は、人との出会いから作られる物なのです。

リゾバでは20代・30代の女性・男性がたくさん活躍していますが、リゾートホテル・旅館では海外の方(ワーキングホリデーの方)もたくさん働いています。そのため、日本人のみならずが海外の人と国際交流をすることも出来ます。更に、リゾートバイトはリゾート地でのアルバイトになりますので、沢山の外国人観光客が訪れます。リゾバの職種はフロントかレストランホール勤務が基本です。必然的に外国人と関わることになりますので、ぜひ日本にいながら留学気分を味わって下さい。


【体験談】

私が一番最初に働いた職場では、私(北海道出身)と広島県出身の20代男性・福岡県出身の30代女性と台湾人数名のアルバイトがいました。外国人がアルバイトの半数以上を占める職場は本当に賑やかで、毎日が新鮮な日々でした。リゾバで働いている外国人は、中国人と台湾人がほとんどです。中でも台湾は、親日国家ですので本当に人懐っこく良い人ばかりです。私自身、リゾバで台湾人に出会えた事がきっかけで、台湾でワーホリビザを取得し半年間台湾で生活をしました。今では、台湾は第二の故郷です。毎年、台湾に遊びに行っています!台湾で生活をした時の日記がありますので、宜しければ読んでみて下さい。


生活費が無料であるのもポイント!

リゾバをして一番良かったと思うことは沢山の人と出会えたことですが、食費・寮費・光熱費が全くかからない生活が出来ると言うことも大きなポイントです。リゾバ生活中は基本的には3食食事が無料です。勤務先によって食事の提供が違いまして、調理人さんが毎回まかない飯を作ってくれる派遣先があれば、毎日お弁当支給の職場もございます。社員食堂があるホテルでは、美味しい社食を無料で食べることが出来る派遣先もございます。

寮に関してはホテルで働いている正社員の方が、月数万円給料から天引きされている寮に無料で住む事が出来ます。もちろん、光熱費も全て無料(派遣会社又は派遣先が負担)です。生活費ではございませんが、スキー場勤務の職種(職場)ではリフトに乗り放題の「リフト年間パス」が支給されますので、休日は毎日好きなだけスノーボードが出来ます。

【体験談】
実際私がリゾバをやっていた時にかかった生活費は、一ヵ月に1万円くらいです。ほとんどの職場で食事が出ますが、コンビニでお菓子を買ったり朝に食べるパンを買ったりすると1ヵ月1万円くらいかかりました。全く買わないと言う人は、支出がほぼ0円になると思います。リゾバで出会った仲間と外食ばかりすると、月に3・4万円くらい交際費がかかったりもします。






ザクザクお金が貯まる!

食費・生活費が全くかからないリゾバ生活をしていると、必然的にお金が貯まります。リゾバをしていると、給料日にお金を下ろすと言うような感覚が無くなります。なぜなら、お金を使う事がないからです。給料日は、派遣会社からの入金を確認するだけの作業になります。リゾバの時給は、最低800円〜職場によっては時給1000円以上の所も沢山ございます。時給800円というのは、大手のリゾバ専門の派遣会社で北海道や沖縄に派遣に行った時の時給です。大手派遣会社とは、ヒューマニック株式会社とアプリリゾート株式会社になります。ヒューマニックとアプリリゾートは仕事数が沢山ありますので、希望の仕事・希望の勤務地を柔軟に選ぶ事が出来ますが、時給は少し安くなってしまいます。


一方、中堅派遣会社では時給が1,000円以上の仕事が沢山ございます。全国規模の仕事案件を抱えている派遣会社の中で一番評判の良い派遣会社は、アルファリゾートと言います。アルファリゾートは、「2ヵ月で50万円の貯金が出来る」をうたい文句としています。中堅会社は、仕事数が大手のヒューマニック・アプリリゾートに比べるとかなり減ります。そのため、希望の勤務地での仕事が少なかったりします。しかしながら、時給は1,000円以上ですので短期間で貯金をしたいと言う人向けになります。海外留学や会社起業を考えている人は、アルファリゾートを使うと簡単に夢を叶える事が出来ます。

【体験談】

実際の派遣先のホテル・旅館に行くと、ヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾートを使っている派遣社員がいます。つまり、ホテル側はいくつかの派遣会社を使って派遣社員(リゾバスタッフ)を集めていると言う事です。派遣先が同じでも、派遣会社が違うと当然時給も変わってきます。この場合、アルファリゾートを選んでいると月2・3万円ヒューマニック・アプリリゾートの方より多く給料がもらえます。(職場内での待遇は同じです。違うのは給料だけです。)

アルファリゾートでリゾバをすると、「2ヵ月間で50万円の貯金が出来る」言われていますが、本当に50万円貯金が出来るのかを実証したいと思います。アルファリゾートを使って1ヵ月間リゾバをして、その時の給料(給与明細)を公開してみましたので、結果が気になる方はぜひ見てみて下さい。


リゾーバイトを始めるには!?

リゾバをするため一番初めに行うことは、派遣登録です。派遣登録は、登録会社で直接行う方法だけではなく、ウェブ上や郵送で行うことも出来ます。しかも、一度派遣登録をしてしまえば何度も履歴書を作成する必要がありません。(例、1ヶ月間北海道で働き、期間が満了したとします。次の職場を決める際は、登録会社に電話をして「次は沖縄!いや、関西に行きたいです!」というだけで、後は全て登録会社が行ってくれます。採用も2,3日でわかります。)

派遣登録は、大手の派遣会社ヒューマニック・アプリリゾートのどちらかと中堅の派遣会社のアルファリゾートの2つに登録をすると良いと思います。派遣会社選びによって良い派遣先に行けるか変わってきます。以下に、2年間で10ヶ所以上の派遣先でリゾバを経験した私が、実際にヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾートを使って派遣を行った感想・体験談を元に派遣会社3者を中立に評価してみました。リゾバをやってみたいと思っている人はぜひ以下の記事も参考にしてみて下さい。


沖縄のリゾートバイトが題材の映画

リゾートバイト(リゾバ)の口コミ・体験談はいくつもございますが、なかなかイメージが出来ないという方も多くいると思います。そんな方々にぜひ観ていただきたい映画があります、その映画は香里奈・谷原章介・成宮寛貴・長澤まさみ他出演の『深呼吸の必要』という映画です。

〜映画概要〜

本州から沖縄に降り立った七人の若者が、慣れない気候・慣れない共同生活の中、沖縄での仕事を通して共に成長していく姿を描いたヒューマン映画。沖縄でサトウキビを収穫するという目的で、サトウキビ農家を経営するおじいとおばあのもとに生まれも学歴も違う七人が集う。しかし、サトウキビの収穫・納品の最終期限に向けた作業の進行状況が予定よりも大幅に遅れる。

沖縄の過酷な生活に耐えることが出来ず脱落する者や、けが人が出たりと次々と問題が発生する。しかし、その度に仲間の絆が深くなり、みな成長していく。沖縄に集まった7人は、それぞれ悩みを抱えて沖縄に来ていることが話が進むにつれて分かってくる。でも、ここでは話したくないことは話さなくていい。それがおじいのルール。過酷なアルバイトの毎日に、垣間見えるそれぞれの過去、悩み、希望。そんな若者たちの間におこる、出会いと葛藤、心の交流が、沖縄の美しい自然の中でさわやかに描かれている。

リゾートバイトとは、生まれた場所・生まれた年・性別・学歴等は関係ありません。







君たちを成長させてくれる世界

ご紹介した映画は、サトウキビを期間内に収穫すると言うような内容です。この他にもリゾートバイト(リゾバ)の職種は多種多様です。メインの業種はレストラン業務・フロンと業務・冬のスキー場・アミューズメントスタッフになります。沖縄や離島の勤務地では、映画さながらの職種があるかもしれませんので希望の方は、派遣会社に相談してみて下さい。映画と実際のレストラン業務の仕事内容はかなり違いますが、休日の感じは映画ととても似ています。

実際私が北海道の富良野でリゾートバイトをした時は、年齢・国籍の違う7人で2ヶ月の共同生活をしました。実際の映画とほぼ同じです。北海道と沖縄は気温は違えど共通するものがたくさんありました。富良野の広大な大地で7人で騒ぎ、一緒に花火をしました。また、映画のジャケット写真のように皆で寝そべり流れ星を見ました。(奇跡的に流れ星が3回見れました。)もちろん、出会った人や環境によって生活が変わります。まずはリゾートバイトの世界に足を踏み入れてみましょう。