【台湾留学リアル体験談】留学費用と中国語勉強と台湾生活について

親日国である台湾で語学留学をして中国語を身につけたい!または、ワーキングホリーデーをしなが1年間台湾で生活をしてみたい!と言う人向けに台湾(台北)で生活をするための費用(生活費や留学費用など)がいくら必要なのかと言うような話を、実際に台湾留学を経験した私が可能な限りリアルな留学体験を話せたらと思っています。台湾留学やワーホリに興味のある方はぜひ最後までご覧下さい!


代理店を使った台湾留学の費用


初めての海外留学(台湾留学)をする場合、ほとんどの方は代理店を使って複雑な手続きを代わりに行ってもらいます。私も初めての台湾留学(ワーホリ)をした時は、代理店を使って留学を行いました。それでは台湾で1年間留学をする場合に必要な費用についてのお話を致します。

〜出発前にかかる費用一覧〜

台湾に出発する前にかかる費用としては、航空券と海外旅行傷害保険(任意加入)、そして代理店に支払う手数料になります。台湾までの航空券は、代理店を使っても自分で手配をする事になります。現在では格安航空会社(LCC)の海外路線が主要都市から1日に何本かありますので、往復で20,000円〜30,000円程度で台湾へ行く事が出来ます。(留学の場合は、片道の手配で十分です。)海外旅行傷害保険は、どの保険会社を選ぶのかや保証内容によって金額が大分変わります。私が初めて台湾留学をした時は、AIU海外旅行保険に加入しましたが1年間の保証で219,430円でした。(途中解約をした場合は、残りの保険期間に応じて返金されます。)代理店費用は、199,000円で、上記全ての費用を合わせると448,430円となります。
※代理店と言うのは、留学先の学校の入学手続きや滞在先の手配を行ってくれたり、ビザの手続きをしてくれる会社の事を指します。
※代理店を使わないで海外留学をすると約20万円安くなると言う事です。

〜現地でかかる費用一覧〜

台湾は物価が安いと思っている人がいるかもしれませんが、日本よりもほんの少し安い程度で基本的には日本とあまり変わりません。特に地方に住んでいる人にとっては物価は同じだと感じることでしょう。東京出身の人は物価が安いと感じるかもしれません。

台湾のアパート・マンション・学生寮で生活をする場合、1ヵ月の家賃は最低30,000円〜になります。探せばもう少し安い物件に住む事も出来ますが、基本的には30,000円〜35,000円程度だと考えると良いと思います。食費は1ヵ月間で20,000円〜25,000円程度になります。交通費は日本よりも断然安く、1ヵ月で2,000円程度あれば十分です。更にお小遣いとして別途5,000円程度必要になると思います。

この他に大学(語学学校)に通う場合は授業料が必要になります。授業料は語学学校によりますが1ヵ月35,000円〜40,000円程度になります。

    • 家賃:30,000円×12=360,000円
    • 食費:8,000円×12=96,000円
    • 交通費:2,000円×12=24,000円
    • お小遣い:5,000円×12=60,000円
    • 語学費用:35,000円×12=455,000円
    • 合計:995,000円

※外貨レートによって金額は変動致します。
台湾で1年間全く仕事をせずに留学する場合に必要な費用は、448,430円+995,000円=1,443,430円(約150万円)必要になります。


代理店を使わずに海外留学って出来るの?


kyuuhunn
代理店の主なお仕事は、大学の入学手続きと滞在場所の確保、ビザの取得に関する手続きになります。もし、上記のこと全て自分で出来る!と言う方であれば代理店を使わずに海外留学をする事が出来ます。代理店を使わない場合は、繰り返しになりますが約20万円安く台湾留学をする事が出来るのです。

〜大学入学の話〜

台湾にある大学(語学学校)には、代理店を使わずに自分で入学手続きをする事が可能です。入学の申し込みは中国語か英語で説明があります。中国語(英語)がある程度出来る方であれば各大学のホームページから入学申し込みに関する要項を閲覧し、入学の手続きをする事が出来ます。また、入学申し込み後に簡単なテストを受ける場合がありますのでしっかりと中国語の勉強をしておきましょう。ちなみに、台湾は繁体字になりますのでHSKのテキストで中国語の勉強をしている人は少し戸惑うかもしれませんので、繁体字にも慣れておきましょう。発音は同じです。(ただし、台湾人の使う中国語の発音はCDの発音とは少し違います。)

〜台湾での滞在場所はどうする?〜

台湾には日本人が経営するゲストハウスが沢山存在致します。しかも、1日・1週間・1ヵ月間と自分の滞在期間に合わせてゲストハウスに泊まる事が出来ます。一泊500元(日本円で約1,500円)程度で泊まる事が出来ますので、1ヵ月間ゲストハウスに住んでも45,000円で滞在する事が出来ます。もし、1ヵ月で45,000円は高い!と思う方は台湾に行ってからアパート・マンションを借りると良いと思います。

台湾でのアパート・マンション探しは基本的には日本と同じです。仲介手数料があったり、敷金があったりします。大家さんから直接お部屋を借りる事が出来れば初期費用は安く済みます。台湾は日本に比べて短い期間でお部屋を借りる事が出来ますので、半年間の賃貸借契約であっても違約金がない物件が沢山あります。滞在費用を安くしたいと言う方は、ぜひ賃貸物件を探してみて下さい!

〜滞在のビザはどうする??〜

台湾の語学学校は3ヵ月更新になります。正確には3ヵ月間の授業が終わればクラス替えが行われますので、3ヵ月間が1セメスターとなります。もし、3ヵ月間の台湾留学をする場合は特別ビザは必要ではございません。なぜかと言うと、台湾は観光ビザ(ノービザ)で3ヵ月間滞在が出来るからです。また、半年間(1年間)留学をしたいと考えている方でも、3ヵ月のタイミングで他国に出国してまた入国をすれば更に3ヵ月間台湾に滞在する事が出来ます。

学生ビザを取得すると言う方法もございますが、学生ビザを取得するためには留学する大学(語学学校)が発行する証明書(入学許可証)が必要になります。また、民間の語学学校では学生ビザが発行されなかったりしますので学校選びも大変になってしまいます。学生ビザでもノービザでもアルバイトをする事が出来ませんので、面倒な手続きが嫌い!だと言う人はノービザで語学留学をしてみて下さい。

〜ワーホリビザとは??〜

ワーホリと言えば、オーストラリアやニュージーランドで取得することを想像する方が多いと思いますが、実は台湾でもワーホリビザを取得する事が出来るのです。台湾のワーホリビザは18歳以上30歳未満の方で、諸条件を満たせばワーホリビザを取得する事が出来ます。ワーホリビザを取得すると、ビザの有効期間中は自由に日本に帰って来れますし台湾でお仕事する事も出来ます。ワーホリビザは各国一度しか取得する事が出来ないビザになりますが、一年間滞在の予定があるのであればワーホリビザを取得しても良いかもしれませんね。(ワーホリビザは、半年経過のタイミングで更新が必要になります。)

〜台湾の時給っていくらなの?〜

台湾で働きながら留学をしたい!と言う人向けに台湾の時給っていくらなの?と言う話を致します。まず、飲食系の時給ですが100〜250台湾ドルになります。マクドナルドの時給が110台湾ドルくらいになります。日本企業の飲食店で働くと高時給で働く事が出来ます。現在(2016.10)のレートで言うと、3.2倍した金額が日本円の価値になりますので台湾では時給320円〜800円で働く事になります。販売系は100〜200台湾ドルで働く事が出来ます。日本語教師のお仕事の場合は、150台湾ドル以上で働く事が出来ます。(職場によりますが・・・。)

基本的にどの職場で働いても日本よりも時給が安い職場での勤務になると思います。時給が安くても語学勉強を兼ねて仕事もしたい!と言う方はワーキングホリデービザが一番良いかもしれません。時給300円ではやってられない!と言う人は、日本で貯金を作ってから台湾留学をすると良いかもしれませんね。


現地(台湾)で友達は作れるの?


台湾で友達を作りたいのであれば大学(語学学校)選びがとても重要になります。例えば、私が留学をした中国文化大学は台湾ではとても有名な大学になりますが、留学生が勉強する校舎と台湾人の大学生が通う校舎は別になりますので中国文化大学に留学しても台湾人の友達を作る事は出来ません。ただし、中国語を勉強するために台湾へ来ている様々な国の方とは友達になる事が出来ます。私が中国文化大学に留学していた時は、クラスに韓国人・モンゴル人・アメリカ人・スペイン人・ブラジル人がいましたので様々な言葉を使う事が出来ました。

台湾で最も学力の高い台湾大学や師範大学に通うと、同じく台湾の学生も学校に通っていますので交流する機会があるようです。ただし、師範大学は日本人が多く通ていますので授業を受けるクラスは日本人ばかり!と言う事があるようです・・・。

〜Hello talkアプリって?〜

実は無料で外国人の方と言語交換が出来るアプリケーションがあるのです。その名は、hello talkです。日本語を勉強したい!!!と言う台湾人の多くが利用しているスマホアプリケーション(世界で使われているアプリケーション)になります。日本にいる時に台湾人の言語交換相手を見つけ、台湾に留学した時に実際に会ってお話しが出来ればどの大学に通っても、授業が終わったあとにカフェで一緒に勉強をする事が出来ます!
hello talkについて詳しく知りたい方は、以下にまとめてみました!

〜台湾人がパートナーを探せる掲示板!〜

台湾人との出会いは、hello talkだけではなく掲示板でも見つける事が出来るのです。掲示板の名前は「JC.info」「J&T日台交流掲示板」になります。どちらも私が留学中に使っていた掲示板になりますので安心してお使い下さい!
掲示板情報について知りたい方は、以下の記事を読んでみて下さい!


台湾生活ってどんな感じ?


台湾は1年中暑く、1月〜2月に短い秋があります。1年中真夏のイメージがある台湾ですが、時々寒い日もありますので長袖は必須です!また、建物の中はどこもガンガン冷房をきかせていますので、薄い上着が必要です。冬は、当然上着が必須です!台湾では至る所に台湾料理のお店がありますので、いつでも(旧正月以外)食事が出来ます。また、日本以上にコンビニ(セブンやファミマ)がありますので、買い物に困る事はございません。コンビニで売っているお茶には砂糖が入っていますので苦手な人は注意して下さい!

台湾と日本は同じアンペアですので、日本で購入した電化製品を台湾でも使う事が出来ます。また、台湾でも家電を買う事が出来ますので全て日本から持って行く必要はございません。ただし、日本でしか買えない家電も沢山ありますし、日本製の家電は台湾で買うと割高になります。

台湾には日本企業が沢山進出していますので、台湾料理に飽きてしまった!と言う人でも、和食を食べる事が出来ますので安心して台湾に滞在する事が出来ます。台湾で吉野屋の牛丼を注文すると濃いめのレモンティーが付いてきます!意外に相性が良くてビックリします。大戸屋などの和定食が食べられるお店があると言うところも台湾の良い所です。ただし、台湾の洋菓子(ケーキ)は日本に比べるとクォリティーが低い店が多いため、甘党には少し厳しいかもしれません。それでも、タピオカミルクティーやマンゴーかき氷はさすがの味ですので、ぜひ本場の味を台湾で試してみて下さい!

台湾は人も気候も本当に温かい場所です。一度台湾に行くと戻っては来れないかもしれません!ぜひ、皆さん台湾に行ってみて下さい!