【札幌市のプロパンガス事業者】ガス料金一覧&ガス会社の変更方法


北海道札幌市のプロパンガス事情


みなさんは、賃貸アパート・マンションを選ぶ時プロパンガス・都市ガス、又はオール電化という選択肢の中からお部屋を探すと思います。 今回は、札幌市のプロパンガス事業者のプロパンガスの基本料金・単価料金にスポットを当てて記事を書いてみたいと思います。また、一人暮らしの方にお勧めのプロパンガス料金を下げるための節約術についても記述してみたいと思います。札幌市の各プロパンガス業者のガス料金(基本料金・単価料金)の一覧についても記載していますので、お住まいの物件が契約しているガス業者のガス料金もお調べください。

プロパンガスと都市ガスの料金設定について

プロパンガス業者:単価料金、基本料金一覧~2

プロパンガスは、ガソリンや灯油などの様に料金設定が自由となっています。つまり、各プロパンガス事業者が自由にガスの使用料金を設定できるということになります。さらに、料金設定が自由だということは、現在お住まいの住居者の許可等がなくても値上げをしたり、値下げをしたりすることが出来ます。一方、都市ガスは電気料金等のように公共料金ですので、ガス事業者の届け出により国が認可します。そのため価格が一律料金になり、適正な価格(料金)で利用することが出来ます。

もし、現在お住まいのマンション・アパートが契約をしているプロパンガス事業者のガス使用料金が違法に高ければ、管理会社に連絡をしてガス事業者に対してガス料金の見直し・値下げ交渉等をしてもらいましょう。ただし、お客様の使用量と請求額が許容範囲内と言うこともございますので値下げ交渉をする場合は、間に一般社団法人プロパンガス料金消費者協会などに入ってもらい、相談に乗ってもらってから交渉をすると良いと思います。プロパンガスの見直しに関しては最後に詳しく説明したいと思います。


プロパンガスと都市ガスの原料

プロパンガスの原料は原油。都市ガスは天然ガスが原料です。原油は精製過程でガソリンや灯油、軽油、アスファルト、プロパンガスなどに分けられます。そして原油の9割近くはサウジアラビアなどの中東産油国から輸入しています。ですので、中東で紛争等があり安定的に輸入ができないとみた場合は、プロパンガスが値上がりしたりします。

プロパンガスと都市ガスの原料が違うということは、当然火力も違ってきます。都市ガスは1立方メートル当たり11,000Kcalですが、プロパンガスは24,000Kcalで、約2.2倍火力が強くなっています。これは例えばお風呂を沸かす場合、プロパンガスで適温になるのに10分かかるなら、都市ガスなら22分かかると言うことです。


札幌市のプロパンガス業者・料金一覧


イワタニ北海道株式会社

基本料金:1,850円
単  価:950円

北海道エアウォーター株式会社

基本料金:2,310円
単  価:871円

エネサンス札幌

基本料金:2,100円
単  価:780円

クリーンホームガス(株)セガワ

基本料金:2,100円
単  価:620 円

サイサン株式会社

基本料金:1,480円
単  価:567円

フジプロパン株式会社

基本料金:2,200円
単  価:780円

ミツウロコ株式会社

基本料金:1,500円
単  価:693円

リビングいずみや株式会社

基本料金:2,400円
単  価:902円

一高たかはし株式会社

基本料金:2,100円
単  価:582円

株式会社いわせき

基本料金:2,310円
単  価:885円

株式会社江上

基本料金:2,250円
単  価:840円

札幌第一興産

基本料金:1,575円
単  価:885円

西出興業株式会社

基本料金:2,700円
単  価:650円

大平石炭株式会社

基本料金:2,250円
単  価:955円

東邦北海道株式会社

基本料金:1,900円
単  価:660円

有限会社丸克燃料センター

基本料金:1,930円
単  価:610円

富士ホームエナジー株式会社

基本料金:2,363円
単  価:915円

※ガス料金に変動がある場合もございますので、詳細は各業者にお問い合わせください。
※各業者様へ、ガス料金に誤りがございましたらご連絡ください。



札幌での一人暮らしのガス料金


上記の札幌市のプロパンガス事業者の基本料金一覧からわかるように、札幌市のプロパンガスの基本料金は2,000円前後です。プロパンガス料金消費者協会の適正な基本料金からみると、ほとんどのガス業者の料金が基準以上の価格だと言うことになります。また、ガス料金には基本料金と単価料金があることを知らなかったと言う方は覚えておきましょう。

一人暮らしのプロパンガスの月額料金目安

6,000円〜8,000円
13,000円〜15,000円

一人暮らしのプロパンガス料金の使用量は、1日1回お風呂に入る人と2回入る人とでは使用料金にかなり差が出ます。また、毎日料理をする人と全くしない人でも料金が変わってきます。北海道の一般的なガスの使用料金は、夏場で6,000円〜8,000円、冬場は13,000円〜15,000円くらいになります。

※都市ガスの料金はプロパンガスの8割程度です。
※都市ガスを使用している方であっても、使い方によってはプロパンガスと同じ程度の料金になることもございます。プロパンガス以上の使用料金になることは滅多にございません。都市ガスを利用している方が、上記の料金を超える場合は使い方を見直す必要がございます。

冬期の灯油配達について

北海道札幌市の賃貸物件にはほとんどの物件に備え付けのストーブがございます。ストーブは外にある灯油缶に繋がっていますので、節約のために自分で灯油を買って補充をすることも出来ます。(ガス会社に補充をしてもらうと自分で買うよりも少し料金が高くなります。)しかし、基本的には契約をしてるガス業者に灯油を運んで来てもらいます。冬期間は、ガス業者が定期的に給油をしてくれますので個人で補充をすることはございません。ガス業者は月に何度か灯油を補給してくれますが、ごく稀に灯油の使い過ぎ(ストーブの使い過ぎ)で給油が追いつかない場合もありますので、その場合は自らガス会社に電話をして灯油を入れてもらいましょう。

電気・ガス・水道を止める方法!

長期間お部屋を空ける場合で、その期間全く電気・ガス・水道を使わない場合は使用の停止をする必要がございます。なぜ、利用の停止をするのかと言うと電気・ガス・水道は基本料金と単価料金に分かれているからです。もし、この使用の停止をしなければ単価料金がかかることはございませんが、基本料金がかかってしまうのです。ガス料金で言えば約2,000円です。一ヵ月間全くガスを使わなくても2,000円程度(基本料金は各プロパンガス業者で確認して下さい。)の請求がきてしまいます。


戸建て向け|プロパンガス会社の変更方法


プロパンガス業者って変更出来るの?

2016年から「電気」取引が自由化されました。今まで「ほくでん」(北海道の場合)と契約をして、「ほくでん」に電気料金を支払っていましたが、これからはどこの業者から電気を購入しても良いのです。それと同じように、プロパンガスも自分が選んだ業者から購入する事が出来るのです。
※マンション・アパートなどの集合住宅の場合は、大家さんや理事会の承認が必要になります。

こんな誤解は持っていない??

  • プロパンガスは公共料金だ!(間違い!)
  • プロパンガスは各家庭一律料金だ!(間違い!)
  • ガス業者はエリアで決まっている!(間違い!)

上記が、多くの人がプロパンガスについて誤って思っている事の一覧になります。まず、プロパンガスは公共料金ではございませんのでガス料金が事業者によって異なります。また、プロパンガス業者と契約をしている全てのお客様が同じ利用料金だと思っている方がいると思いますが、実は契約をしている家庭によってガス料金が違うのです。つまり、自分の隣の家の方は自分よりも高い(安い)契約をしていると言う事になるのです。さらに、ガス会社はエリアで決まっているのではなく住宅(家)やアパート・マンションごとに契約をしています。そのため、隣の家は違うプロパンガス会社からガスの供給を受けていると言う事がほとんどなのです。

上記の事からプロパンガス業者はスマホをdocomoからソフトバンクに乗り換えするように、ガス会社も料金やサービスによって自分が契約をしたいガス業者で契約が可能なのです。しかしながら、docomoからソフトバンクに携帯を買える時は月額使用料などが明確に分かっているため安心して乗り換えが可能ですが、プロパンガス会社のガス料金やサービス内容には不透明な内容が多いため、どのプロパンガス業者を選んで良いのか分からないと言うのが大半なのです。

プロパンガス会社の変更には費用がかかる?

プロパンガス業者の変更は、個人で行ってもプロパンガス協会で精査された安心のプロパンガス会社と契約をしても無料になります。個人でプロパンガス会社の変更は可能ですが、どのプロパンガス会社が良いのかと言う事が分からないと思いますので「一般社団法人プロパンガス料金消費者協会」を利用してガス会社を変更するのが一般的となっています。

プロパンガス業者変更の条件

  • 築年数が5年以上経っている事
  • お住まいのエリアに協会の会員会社がある(業者以来の場合)
  • 借家の場合は、大家さんの了解が取れている事

まず、築年数が5年以上経っている場合ですが、これは戸建て住宅に住んでいる人の条件になります。なぜ、築年数が5年以上経っている場合でなければプロパンガス会社を変更出来ないのかと言うと、住宅を建築する際の配管工事をプロパンガス会社が行っているからです。配管工事は、10万円〜15万円程度の費用がかかりますが、通常は15年間プロパンガスを使ってもらえれば減価償却され15年後には0円になる計算になっています。なぜ、築年数が5年以上経過していなければならないかと言うと、築年数が5年以下である場合新たなプロパンガス業者の負担(配管工事費用)が大きいからです。そのため新築後、最低5年は同じガス業者を使い配管工事費用の減価償却によってその価値を下げなければ新たなプロパンガス業者が契約してくれないのです。10・15年以上住んでいれば配管工事費用の問題は大きくはありませんので、比較的スムーズにガス会社を変更する事が出来るでしょう。


北海道のガス基本料金を確認する!!


いくらガス料金が高い高い!ガス会社を変更する!変更する!と言ったとしても、単純にガスの使い過ぎが原因で月々の請求額が高い場合があります。そのため、契約をしているガス会社の基本料金が適正な価格であるのかと言う事を調べる必要があるのです。以下に、戸建て住宅に住んでいる方向けに日本全国のガス基本料金の適正価格を表したものを掲載致しますのでぜひご確認してみて下さい!
kihonnryoukinn
※エリアにより一律ではございません。価格は税抜き表示となっています。
上記がガスの適正な基本料金の目安になります。この適正価格を見ると、北海道のプロパンガス業者のほとんどが適正価格でガスを販売していないと言う事になってしまうのです。周りの人も同じくらいのガス料金を毎月支払っているのだから我慢しよう!と言う考えではなく、周りの人も含め多くの人がプロパンガス業者が設定した高いガス料金を支払っていると言う考えを持ちましょう。