台湾の漫画喫茶|台湾の満喫の使い方と料金システムや会員のあれこれ

今回は久しぶりに台湾在住ブロガーらしい記事を書いてみたいと思います。どのような内容なのかというと、台湾の漫画喫茶についてです。台湾旅行をしている人が積極的に漫画喫茶に行く・・・ことはないとは思いますが、宿泊する場所がない・・・なんて方や、台湾に留学生をしている方が漫画喫茶で勉強をしたい!なんて時はぜひ参考にしていただけたらと思います。


漫画喫茶の使い方とは?


今回ご紹介する漫画喫茶は、台湾師範大学に通っている方の最寄駅である「古亭站」の4番出口を出るとすぐ右手にある「e書漫」という漫画喫茶をご紹介したいと思います。

プランは2種類だけ?!?!


台湾の漫画喫茶では、会員プランと非会員プランがございます。日本の漫画喫茶の場合は絶対に会員登録をしなければなりませんし、身分証明も必要ですので面倒・・・なんて感じることもありますが、台湾では会員ではなくても漫画喫茶のご利用ができますので・・・ぜひ、ご利用していただきたいと思います。プランについては「漫画のみ」と「漫画+インターネット」のプランしかございません。日本の場合は、お部屋の選択ができるとは思いますが、台湾ではお部屋の選択は・・・できません。

非会員プランの料金は?

非会員プランの料金は、1時間「漫画のみ」が80元、「漫画+インターネット」が100元となっていて、1分オーバーするごとに「漫画のみ」であれば1.3元「漫画+インターネット」の場合は1.6元料金が加算されるという仕組みになっています。

会員プランの料金は?

会員は6時間パック・9時間パックでのご利用もできます。週末・祝日の「漫画+インターネット」9時間パックで540元(1,998円)ですので、日本より料金が高い・・・ということは無いとは思います。ただ、以下で台湾の漫画喫茶の店内を簡単にご紹介いたしますが、クオリティーはかなり低いです。


台湾の漫画喫茶ってどんな感じなの?


ここからは台湾の漫画喫茶がどんな感じなのかお話ししたいと思います。

お部屋はこんな感じ・・・


台湾の漫画喫茶はこんな感じになっています。少し古臭い感じがいたしますが、まあそこまで悪くはないかな・・・とは思います。台湾の漫画喫茶は、写真では少しわかりにくいとは思いますが簡単に中が覗ける作りになっていますので、変なことはできな・・・という感じです。

パソコンはこんな感じです!


パソコンはこんな感じになっています。動画に関しても有料のものが観れますが、使い勝手はものすごく悪くタイトルもあまり無い・・・というような印象です。これなら、家で無料の動画を見た方が・・・なんて思ったりもしてしまいます。

漫画は当然だが日本のだ!


漫画は当然ですが日本の漫画になります。ただ、私が見た感じだと全て中国語翻訳されていました。(当然だとは思いますが・・・。)中国語で書かれた漫画を読んで中国語を勉強する!何て方には漫画喫茶は最適だと思います。

飲み物は自由!


台湾でも日本と同じくドリンクが無料です。ただ、種類はかなり少なく当然ですがソフトクリーム機はありません。また、グラスは受付の時に店員さんからグラスをもらうことができますので、日本の漫画喫茶みたいに何個でも使って良い!というわけでは無いようです。

と、台湾の漫画喫茶はこんな感じになっています。今回ご紹介した漫画喫茶は一つの例ですので、これよりも良い漫画喫茶があればもっとひどいところもあったりなかったり・・・。ただ、台湾の漫画喫茶は24時間営業ですし日本と同じくシャワールームも完備されています、(当然有料ですがかなり安いです。)そのため、ホテルが無い〜何て方はご利用してみるのも良いのかなと思います。