案外収入が少なくても生きれる|何で20代はブラック企業で仕事する

案外収入がなくても何だかんだ今までいろいろなことをしてきた私が、何で毎日毎日サービス残業ばっかりのブラック企業で働いてるの?何で仕事してるの?と、言うことについて書いてみたいと思います。一度の人生を楽しめる人になるための考え方を少し聞いてみてください。


なぜ就職しようとは思わないの?


現在私は、海外を拠点にフリーランスとして活動していると言えば聞こえは良いかもしれませんが、実際の生活は海外の大学で必死に語学勉強をしてビザの関係やアルバイトをする時間がないことからブログを書き、広告収入で生計を立てている・・・と、いうのが現実です。

そんな私は、大学卒業後地元(札幌)の大手司法書士法人に運よく就職ができ、これでしばらくは安泰だ!と、私だけではなく両親も思っていたことでしょう。しかしながら、実際に働いてみると”毎日つまらない・・・”そんな日々でした。サービス残業が毎日あるわけでも、給料が低い・・・わけでもないのに、半年も働かないうちに辞めてしまったのです。ブラック企業で働いている方は、辞めたいけど辞められない・・・そんな環境にいる人だとは思いますが、私は辞めました。会社は簡単に辞めれます。

それ以降は約6年間フリーター生活

6年間フリーターをしていると聞くと、案外収入がなくてもやっていけるような気がしませんか?実際のところは・・・やって行けます。私が、仕事を辞めた後はこのブログのタイトルの一部にもなっていますがリゾートバイト(リゾバ)という住み込み派遣のお仕事を始めました。リゾバ派遣というアルバイトは、寮・食費・交通費が基本的に無料とかなり高待遇働くことができます。何か特別なスキルが必要!?というわけではないリゾバは、派遣会社に登録をすることで一週間後には日本全国のホテル・旅館で働くことができます。一ヶ月に20万円以上の収入が貰えるリゾバをすると、今まで頑張っていた自分は何なんだ!と思うようになることでしょう。

半年間リゾバ生活をした頃に、海外生活にも興味が湧いてきた私は半年後(リゾバを始めて1年後)に海外に行く決意を致しました。海外に行くと収入がなくなってしまいますので、生活して行けるか相当不安でしたが・・・それでも挑戦したい!と言う気持ちが強かったため、語学学校の申し込みやお部屋を借りたりと準備を進めました。その当時は、海外経験を積み帰国後に日本の会社で就職するつもりでいましたが、その頃に私が生きてきた中で最も大きな出来事にあってしまったのです・・・

親友の過労死なんてありえない!

もう直ぐ初の海外生活!という時に、私の一番の親友が・・・過労死してしまったのです。実際には、原因不明の心停止で会社側は過労死を認めませんでしたが、私がリゾバ派遣中に彼の家に1泊した時、小学生の時から一緒に育ち5年間も一緒に汗を流して野球を行った親友の私が1年以上ぶりに会いに行ったのに、一緒に食事をした後家で患者さんのカルテの確認・次の勉強会で使用する資料のまとめなどを行っていました。私は、ソファーで寝ましたが彼ばベッドではなく電気がついたままの部屋で机に伏せて寝ていました。

死因は原因不明の心臓停止だったようですが、スポーツ万能でしかも24歳の男性が原因不明で心臓が止まるだろうか・・・

それ以降、私は仕事って何なんだ・・・生きるって何だんだ・・・そう考えるようになったのです。

案外収入がなくてもやって行けるけど・・・

収入に関して言えば、案外収入が無くてもやっていけます。ただ、歳をとるにつれて収入が無くてもいい!などという考えはできなくなってきます。現在私は28歳ですが、一生フリーターで良いとは思ってはいません。ただ、何のための仕事なのかをよく考えた上で仕事を選ぶ必要はあると思います。

そして、ブラック企業で働いている方は1日でも早く働く意味に気づくべきです。と、言いながら一番悔しいのは、ブラック企業に勤めている方はブログ記事を読む時間すらなく働いていることです。ブラック企業に勤めている方は、ブラックだとわかっているのに働き続けるのです。辞められない何かがあるのです。


今お金いくらあるの?



私のお金の考えは、1円はお金がある。0円はお金がない。です。年をとるにつれて、いくらの貯金がなければ無いとお同じだ!みたいな考えを持ってしまうと思います。例えば、私の友人なんかは100万円あっても年齢(28歳)から考えると無いみたいなもんだ・・・と考える人がいますが、私から言わせれば100万もあります。

生活するお金があればいいのでは?

お金に対する価値観は人それぞれですが、最低限生活して行けるお金があれば良いのではないでしょうか?生活して行けるお金というのは・・・例えば、一ヶ月間の生活費が15万円の場合、最低15万円いる!ではなく、例えば貯金が30万円あるのであれば10万円でも良いんじゃない?と言う意味です。これでは毎月5万円のマイナスですので、半年後には生活ができなくなるのでは?と、心配になる人もいるかもしれませんが、はい。半年後には生活ができなくなります。私の考えは、その半年間の間に15万円稼げる仕事を探すか何か副業をするか・・・考えれば良いと思っています。

人というのは、実際に”やばい・・・”という状況にならなければな行動しない生き物なのです。例えば、夏休みの宿題を登校日の1日前にする人は・・・結構多くいると思います。それで、1日前にやって間に合うかというと間に合わない場合もございます。ただ、なんとかなるのです。医者に余命宣告をされた後に生活改善をする人がいます。その場合は、手遅れ・・・だとは思いますが、やはり”やばいな・・・俺”という状況になって初めて考えるのです。残りの人生をどう生きようか・・・と・・・

ブラック企業に勤めていてもお金はあるはずです。なぜなら、一ヶ月に150時間以上も残業をしていたらお金を使う時間なんかないからです。お金があると、ブラック企業に勤めていても”体力がやばい・・・”と、思うかもしれませんが、体力なんて寝ればなんとかなる・・・こともございます。でも、お金がなければ寝ればなんとかなる・・・とは絶対になりません。どう生きるべきか考える必要があるのです。

もう、ブラック企業を辞めるのが怖い・・・などとは言わせません。辞めてもう一度生活を見直してみてください。