【台湾ニュース】台湾のダイソーが値上げを行い180円ショップに!

台湾で一人暮らしをする!という時に便利なのが日本のダイソーです。台湾で生活用品をお手軽に買い揃えることができ尚且つ日本製の物が良い!という人は、日本の「無印良品」や「ニトリ」で買い揃えるのではなく、やはり100円ショップである程度商品を探してから、無いようであれば「無印良品」「ニトリ」だけではなく海外からやってきた「IKEA(イケア)」や大型ショッピングモールで購入した方が良いのです。

と、いうのは2017年6月30日までの話で7月1日以降に100円ショップ(ダイソー)で生活用品を買い揃えると少し割高になってしまうのです。今回は、そんな台湾のダイソーについてお話ししたいと思います。


台湾のダイソーは180円ショップなのだ!



6月30日までは台湾のダイソーで売られている商品は全て39元でした。39元を日本円にすると約140円になりますので、以前から台湾のダイソーは日本よりも若干高かったのです。それでも、台湾では日本の商品は良いもの!ということで少し高くてもみなさん購入していました。が・・・しかし、7月1日からダイソーの商品が39元から49元に値上げされたのです。49元を日本円にするとなんと!!!約180円にもなりますので、もはや高級品!と言っても過言ではございません。

49元の商品を買うくらいならば「無印良品」や「ニトリ」で品質の良い商品を購入してもさほど変わりませんし、大型スーパーに行けば49元よりも安く買える!ということもしばしばございます。そのため、わざわざダイソーの180円の商品で生活用品を買い揃える必要は全くないのです!

値上げの理由は?

さて今回のダイソー商品の値上げ理由はと言うと・・・日本からより良い商品が入ってくるということや日本で人気のものが入荷する!ということで値上げが実行されたようなのですが・・・100円ショップでより良い商品って一体なんなんだ?日本で人気な商品でも所詮100円のものが入荷するのだから値上げする意味はあるの?と私は疑問です・・・。

おそらく一番の理由は、単純に値上げだと思います・・・


ダイソーの商品値上げによる台湾人の反応は?


今回、ダイソーの商品が値上げされたことによる台湾人の反応はというと・・・

上記の街頭インタービューでの反応はというと、まぁ〜買うかな〜という人もいるようですが、今まで39元で売られていた商品が49元に値上げされるということでかなり厳しい目で見られることは間違いなさそうです。そのため、今までは安い!という理由でダイソー商品を購入していた人もこれからは49元の価値があるのか無いのかという精査をしなければならなくなったのです。

日本人に言わせてみれば、ダイソーに180円の価値がある商品はそんなに多くは無いと思います・・・。


台湾の労働関係も影響してる?


台湾では完全週休二日制を目指すというような動きがあり、実際に法律で週休二日制度が導入されました。(これは最近のことです)台湾では今まで一週間に1日しかない休みがなかった・・・と言うこともあったみたいですが、これからは完全に週休二日になります。この週休二日による影響はというと・・・人件費の上昇です。この話は単純に人件費の上昇という問題ではございませんが、正社員の休みが増えるということはそれだけ他に人件費が必要になるのです。

それでは休みが増えた正社員の給料はというと、休みが増えますので当然給料が減給されるという可能性もございます。ただし、給料が下がると会社を辞める人が増えてしまうというような問題が起きたりいたしますので、正社員の給料を下げずに解決する方法として・・・商品やサービス価格の上昇が考えられるのです。

台湾の週休二日に関する記事は、以下の記事を参考にいたしました。

台湾人の働き方が変わったことにより、今回のダイソーの値上げが行われたと言うことも少なからず関係していると思います。そして、このダイソーの値上げはおそらく氷山の一角でこれからもどんどん商品の価格が上昇するという動きが起こると予想されます。現在は一部のバス会社で運賃の値上げが行われたほか飲食店でも値段が上がったりいたしました。地下鉄の運賃には影響は出ていませんが、値上げされる可能性もあるでしょう。


まとめ|台湾のダイソーが商品の値上げ!


今回の話は、台湾のダイソーの商品値上げに関してです。これから、どのような新商品が台湾のダイソーに入ってくるかはわかりませんが私自身はあまり期待せずに様子を見守りたいと思います。これから台湾に住む!という方はダイソーではなくても安い商品が買えるお店がたくさんございますので、ぜひ観光がてらに色々な場所に行ってみるのはいかがでしょうか?