姉と弟がいる真ん中っ子×兄と妹がいる真ん中っ子男子の性格・特徴

最近「ほんまでっかTV」などで何かと話題な真ん中っ子男子(中間子とも言う・・・)ですが、3人兄弟の真ん中っ子男子と言っても、姉・弟に挟まれた真ん中っ子(女男男)と兄・妹に挟まれた真ん中っ子(男男女)、上も下も男(女)に挟まれている真ん中っ子男子(男男男・女男女)の4パターンが存在するのです。今回はこの中でも姉・弟がいる真ん中っ子男子(私ですが・・・)と私の大親友である兄・妹がいる真ん中っ子男子の性格の違いについてお話ししたいと思います。今回の話には科学的な根拠は全くございませんので、一つのお話として読んでいただけたら幸いです。


基本的な真ん中っ子の性格・特徴



真ん中っ子男子というのは、上にも下にも兄弟がいますので年齢や性別・もちろん国籍にも関係なく分け隔てなく接することができるという特徴がございます。ただし、小さい頃に両親が上の兄弟には沢山の物を買ってあげるのに、自分には全然買ってくれない!!と、いうような不満を抱きながら生きてきたことから、平等主義の心を持っています。同時に平和主義の心も持ち合わせていますので、誰かと争うという選択はあまり選ばず、避けて通るという選択をする人が多くいるようです。また、真ん中っ子男子の特徴としては”やる気のない性格”という特徴もございます。真ん中っ子男子はどう言う訳か、率先して何かを行うということが得意ではございません。これは、面倒なことは上の兄弟に任せておけ!そうすると後々楽だから!と小さい時に学んだからかもしれません。ただし、自分がやりたいと思ったことは”お前ってそんな性格だっけ?”と周囲が少し驚くくらい自らガンガン進んで行動するという特徴もございます。

真ん中っ子男子は特に努力しない!

真ん中っ子男子は昔から、上の兄弟が勉強をしていたら真似して勉強をしたり、スポーツをしていると同じく真似してスポーツをしていたことから特に努力をしなくてもある程度のことはできるという羨ましい特徴がございます。しかしながら、世の中には努力をしなければ達成ができないことが多々あり、その度に挫折を経験するというようなこともあるようです。真ん中っ子男子は、第一子の長男・長女よりも意外に挫折を経験することが多く、その度に一回り成長する!という人が多くいるのです。

頭の中で考えることがとても好き

真ん中っ子男子は上の兄弟が親に怒られたり褒められたりしている所をよく見ながら幼少期を過ごすことから、これをしたら褒められる・怒られるということが経験として頭の中に蓄積されます。そのため、何か行動をするときにはまず頭の中で”これをしたらこうなる!”というような想像をしてから行動に移すようになるのです。また、真ん中っ子男子はよく空気が読める!と言われますが、これは頭の中で物事を処理してから行動に移すため、考える前に行動をして失敗してしまう人(残念な人)にはならない!というのが空気が読める性格だと言われる要因なのです。


姉・弟のいる真ん中っ子の特徴



真ん中っ子男子の中で最も恵まれている兄弟構成に当たるのが、姉・弟がいる真ん中っ子男子なのです。このタイプの真ん中っ子男子は、上の兄弟が女性であることから小さい頃、両親から物を買ってもらえなくて悲しい思いをした・・・ということが少なく、不平等だと感じることがあまりなく過ごすことができたはずです。また、少し大きくなると弟にあれをやれ!これをやれ!と言えますので、いつも王様気分だったと言うこともあると思います。このタイプは、真ん中っ子の中で最も自由な性格に成長することでしょう。少し子供っぽいところもあるとは思いますが、周りのことが見える副会長タイプになります。

姉の影響を受け女性的な部分もある

このタイプの真ん中っ子男子は、小さい頃に姉の影響を受けて育ちますので女の子がやるようなことが好きだ!というような人が多くいます。もちろん、そっちの気がある・・・という訳ではございませんが、男の子がやるような遊びはあまりしない!というか・・・出来ないという人が多いのです。私自身も姉がいることから、男の子が好きな車や電車には全く興味がなく、27歳の現在まで全く興味がありません。そのため、車は軽自動車で十分で改造なんか・・・面倒でしょ?と思っています。シルバーアクセサリーが好きだというのは姉の影響もあるかもしれません・・・


兄・妹のいる真ん中っ子の特徴


兄・妹がいる真ん中っ子男子は、真ん中っ子男子の中で最も不満を抱きながら小さい頃を過ごしたことでしょう。まず、兄がいる真ん中っ子男子は小さい頃に兄にこれやれ!あれやれ!と言われます。姉・弟がいる真ん中っ子男子とは完全に真逆です。また、妹にも”ね〜ね〜”といつもお願いばかりされるという幼少期を過ごします。その結果、何でもできて年下の女性の気持ちもわかる!イケメン男子に成長するのです。こちらは、副会長ではなく会長タイプです。

最も安定志向がある!

兄・妹がいる真ん中っ子男子は兄のことが嫌いではございませんが、兄と同じことをするという人は少なく、兄とは別の道に進むという人が多くいるのです。さらに、兄にだけは負けたくない!自分のことを認めてもらいたい!という気持ちがあることから真ん中っ子の中で最も自立が早いという特徴もございます。また、兄・妹のいる真ん中っ子男子は、真ん中っ子男子の中で最も安定した生活を好むという傾向もございます。私の大親友は安定した職業(公務員です。)に就き、結婚をして子供もいます。もちろん、彼の他にも私の周りで結婚をしている人はたくさんいますが、彼ほど安定した仕事をして計画的に生きている人はいません。


まとめ|真ん中っ子男子の性格の違い


姉・弟がいる真ん中っ子男子と兄・妹がいる真ん中っ子男子の性格は、共に真ん中っ子男子であることから性格の部分で共通する点が多いといえるでしょう。ただし、影響を受ける兄弟がともに違うため、姉・弟がいる真ん中っ子男子の苦手なことでも兄・妹のいる真ん中っ子男子は得意であったり、またその逆もあったりするのです。友人関係では、兄・妹のいる親友の結婚式に参加した時に気付いたのですが、彼には男性の友人が本当にたくさんいたのです。姉・弟のいる私の男友達は親友の彼の他に数える程度しかいませんので、本当に羨ましく思います。

自由人と安定志向

現在私は台湾でフリーランス(ブロガー)して自由気ままに生きていますが、真ん中っ子男子の大親友の彼には家族があります。収入に関しては毎月不安定な私とは異なり公務員という安定した職業に就き、将来も安泰です。姉・弟がいる真ん中っ子男子を一言で言うと・・・自由人です。もちろん、自由奔放に生きているわけではございませんが、誰に制限されることなくやりたいことをしながら生きてゆく!それが、姉・弟のいる真ん中っ子男子なのです。一方、兄・妹がいる真ん中っ子男子は誰よりも安定志向が強いという性格です。兄・妹がいる真ん中っ子男子自身も自由に生きてはいますが、大切な者のために自分のことを犠牲にすることができるというのが・・・兄・妹がいる真ん中っ子男子なのです。

オススメ関連記事

大親友と私の違いをもう少し詳しく書いてみましたので、こちらの記事も合わせてご覧になってみてください!

※冒頭でも述べましたが、真ん中っ子男子には4パターンの兄弟構成がございます。また、今回の話は個人的な考えになりますので科学的な根拠はございません。