【台湾のレシートは宝くじ!?】まじか!専用アプリもあるらしい

台湾旅行をしたり台湾留学をした!という方なら誰でも知っているとは思いますが、台湾のレシートは何と!宝くじになっているのです。無料の宝くじなんて大したことないのでは、と思っている人もいるかもしれませんが、一等に見事当選するとその金額は3,700万円にもなります。もちろん、当たる確立はものすごく低いとは思いますが、日本の宝くじの当選確率も相当低いため・・・日本人にとってはまさに宝くじそのものなのです。

今回は台湾のレシートについて詳しくお話ししたいと思います。また、当選した時の換金方法と最近流行っている専用のアプリケーションをご紹介したいと思います。


台湾のレシートの概要について!


台湾のレジで会計が終わった後に、すぐに帰ろうとすると「レシート忘れてるよ〜〜〜」と言われます。レシートなんかいらないよ!と台湾に住み始めた最初の頃は思っていましたが、台湾のレシートには宝くじの番号が付いていますし、何より台湾でレシートをもらわないとあまりよく思われません。と言うのも台湾のお店ではレシートを発行しないと法律的に問題があるため、お店では必ずレシートを発行いたします。もし、お店のレジが壊れてレシートの発行が出来ない場合は、店員さんはお客様にレシートが発行できない旨を伝え了承を得る必要があるのです。それくらい、台湾ではレシートは重要なのです。

宝くじの当選金額は?

台湾のレシートは2か月おきに当選番号が発表されますので、一年間に6回も宝くじに当たるチャンスがあります。そして、その金額は一体いくらなのかというと・・・

上記が当選金額になります。日本円にするには3.7倍(2017.5)すれば良いので10,000,000元×3.7倍で約3,700万円になります。3,700万円もあればお金に気にすることなく留学生活を送ることができるでしょう!


専用アプリで台湾のレシートを管理する!


数年前までは台湾のレシートを管理するアプリケーションがありませんでしたので、一枚一枚レシートと当選番号を照らし合わせていましたが、現在はアプリケーションに自分のレシートを取り込むことで一瞬でレシートが当選しているかを調べることができるのです。今回は、台湾のレシートを管理するアプリケーションをご紹介したいと思いますが、アプリケーションは何種類かありますのでお好きなものを選ぶと良いと思います。

「發票+」というアプリを使う!

私が使っているアプリは「發票+」というアプリケーションになります。このアプリが最も良いアプリかはわかりませんが、それなりに使えるアプリですので簡単にご紹介したいと思います。

まずこのアプリでできることは、レシートについている「QRコード」を読み込み、アプリ内にレシートの番号を記録することができます。もちろん、アプリは番号を記録するだけですので原本であるレシートは別に保管しておかなければなりませんが、当選発表の時にわざわざ一枚一枚確認する手間が省けるのです。さらに、当選番号だけではなくレシートの内容も記録できますので、どこのお店で何を買っていくらになったのかを見返すことも可能です。そのため、簡易的な家計簿としても活用することができるのです。

「發票+」の使い方


まず一番下の項目の左から2番目の「掃描發票」というのを押してください。(レシートをスキャンするという意味です。)「掃描發票」を押すとカメラが起動しレシートのQRコードを読み込むことができます。レシートを読み込みましたら、左上の「返回」を押すかスワイプすればさらにレシートを読み込むことができます。

続きまして一番左側の「消費清單」という項目ですが、こちらではすでに読み込んだレシートを見ることができます。レシートは、読み込んだ順に並んでいますので保管の際は読み込んだ順に保管しておけば当選した時に簡単に原本を見つけることができるでしょう。最後に一番左上の「對獎」を押すことでレシートが当選しているかを一瞬で確認することができます。もし、当選している場合は赤く表示されます。以下が当選したレシートがある時の画面になります。


台湾のレシートの換金方法とは?


当選したレシートをお金に換金するためには郵便局に行かなければなりません。もちろん、当選したレシートを使ってコンビニで買い物をすることもできますが、その際にはお釣りがもらえませんしせっかく当選したのであれば是非郵便局で現金と交換してみてください。

交換に必要なのはパスポート

当選したレシートは当然のことながら外国人でも換金をすることができます。そして、その際必要なものはというと当選したレシートとパスポートになります。

レシートの裏は上記のようになっていますので、「發票年期別」「發票字軌號碼」「新台幣」「中獎人」「身分證號」「電話」「戶籍地址」をボールペンで書きましょう。上記の内容は郵便局で書いても良いのですが、台湾の郵便局は日本よりも混んでいることが多いため家で書いてから行った方がスムーズだと思います。

台湾の郵便局も日本と同じように郵便の窓口とその他の窓口に分かれていますので、その他の窓口に並びましょう。と言っても、台湾でも日本と同じく整理番号を取り呼ばれるのを待っていればいいだけです。自分の番号が呼ばれましたら、窓口でパスポートと当選したレシートを見せてください。もし、中国語がわからないようでしたらただ見せるだけで大丈夫です。郵便局の方が当選番号を確認して、当たっているようであればその場で現金が貰えます。ただし、高額当選の場合はすぐには貰えないかもしれません。(私は高額当選したことがありませんのでわかりませんが・・・)

上記は先月当選したレシートを換金した時に撮影した写真になります。当選金額は最低金額の・・・200元です。200元と言うと安く感じるかもしれませんが、日本円にすると大体740円ですので、結構高いと思います。なお、私が撮影した写真はイメージしやすいようにレシート・パスポート・当選金を撮影してみましたが、レシートは換金の時に郵便局の方に渡さなければなりませんので、換金後は手元にレシートは残りません。


まとめ|台湾の宝くじについて!


台湾のレシートで1,000万元当てるのはほぼ無理でしょうが、200元や1,000元を当てるのは意外にも簡単です。私自身は200元しか当たったことがありませんが、私の友人は1000元(日本円で3,700円)当たりました。

語学学校に留学をしている方は、当選番号が発表された時には皆んなに”当たった?”と聞かれます。レシート欲しさに何度もレジに並んだり、商品を無駄に買う必要はないとは思いますがレシートをもらった時はぜひ保管して当選番号が発表された時はぜひ確認してみてください!