【台湾生活でのお金の管理】最も簡単な現地での日本円の引き出し方法

今回は台湾(台北)に住んでいる私が、どのようにして台湾ドル(台湾のお金)を工面しているのかと言う話しをしたいと思います。台湾で台湾ドルを手にする方法はいくつかありますが、最も簡単な方法をご紹介したいと思います。これから、台湾留学をする!という方や台湾でワーキングホリデーをする!という方はどうぞご覧になってみてください。


台湾ドルを手にする方法は4つある


  • 現金(日本円)を持って台湾に入国する
  • 海外送金という手段を使う
  • デビットカードで台湾ドルを引き出す
  • クレジットカードでキャッシングをする

台湾生活でお金の管理をする方法は、大きく分けると上記の4つになると思います。日本でお金を貯金してから台湾に行く!毎月親にお金をもらう・・・など人によって事情は様々です。また、どのようなクレジットカードやデビットカードを使うとお得であるのか・・・と言う違いもありますので、一概にどの方法が良いということは言えません。ただ、台湾ドルを手にする方法としては上記の4つになりますので、どの方法が自分に一番合っているかを考えてみてください。


現金を台湾に持って行く方法


台湾に日本円(現金)を持って行くという方法は、もっとも簡単な方法になると思います。日本から現金を持って行くという方は、自分の生活に合わせて”今月はいくら分の日本円を台湾ドルに変えよう!”と言うことができます。ただし、この方法ができるのは社会人の方など日本である程度貯金を作ってから台湾に行く!という人になります。そのため、毎月親からお金を仕送りしてもらうという方は少し難しい方法なのではないでしょうか。

また、台湾の空港の関税では100万円を超える日本円を持っている場合は申告をしなければなりません。台湾で3ヶ月間の生活をする費用は約50万円(大学の授業料込み)かかりますので、1年間の留学の場合は200万円程度かかる計算になります。もし、関税でお金の申告をせずに呼び止められお金が見つかってしまうと、そのお金は没収になってしまいます。例え、海外にお金を隠す目的がなく単なる台湾留学であったとしてもそのお金は没収されてしまいますので、その時は無一文になってしまいます。

台湾で半年以内の留学であれば、現金を持って行くという方法でも良いと思いますがそれ以上の滞在となると別の方法も必要になると思います。

関連記事のご紹介


海外送金という手段を使う


海外送金という方法は、日本の銀行から台湾の銀行へお金を送るという手続きになります。そのため、海外送金を行うためには台湾の銀行口座が必要になります。

海外送金の流れとしては、まず初めに台湾で銀行口座を開設する必要がございます。台湾で銀行口座を開設するためには、中華民國統一證號が必要になります。この中華民國統一證號とは台湾のマイナンバーになりますのでとても重要なナンバーとなります。中華民國統一證號は学生ビザやワーキングホリデービザがなくても、発行してもらうことができますので移民署に取りに行きましょう。

中華民國統一證號の発行ができましたら、パスポートと日本の身分証明書を持って開設したい銀行に行けば銀行口座を開設することができます。銀行口座の開設ができましたら、お金を送金する手続きをするのですが・・・注意していただきたいのは、日本円を送る場合は日本の銀行から海外送金の手続きをするということです。つまり、自分は台湾にいるのに日本の銀行で手続きをしなければならないのです。

もちろん、海外送金の手続きはインターネット上で出来ますので、例えば誰でも持っているであろう「ゆうちょ銀行」でもネット上で手続きをすることができます。ただし、今日海外送金をしたい!と思っても、ゆうちょ銀行をネット上で使うための手続きがありますし、海外送金の手続きが完了しても実際にお金を受け取れるまでには約一週間かかってしまいます。

そのため、海外送金では緊急に今日お金が必要!という時には対応ができません。そのため、私の周りの台湾在住者で海外送金を使ってお金を手にしているという方はまずいません。


デビットカードでお金を引き出す


デビットカードというのは、銀行口座に入っている預金残高の範囲内でカード払いができるカードになります。そのため、例えば銀行に10万円しかない場合は、お店で10万円までしかカード払いができないのです。預金残高の範囲内でしか買い物ができないため、カードを使い過ぎてしまって支払いができない・・・ということはございません。また、カードを紛失してしまった場合で、万が一他人がカードを使った場合の被害は銀行に入っている金額分のみで済みます。そのため、10万円しか貯金がない人が100万円の被害に遭うということはありません。

デビットカードは台湾のATMでお金が下ろせる

さてこのデビットカードを持っていれば、台湾のどのATMからでもお金を下ろすことができます。例えば私の使っているデビットカードは楽天銀行のVISAデビットというカードになりますが、このカードがあればATMでVISAを通して台湾ドルを引き出すことができるのです。通常海外のATMに日本の銀行のキャッシュカードを挿入してもお金を下ろすことはできませんが、VISAデビット機能があればその時のレートで計算された海外通貨を引き出すことができます。おそらく海外(台湾)で生活をする場合、このデビットカードを使う方法を使うと最も簡単にお金を引き出すことができます。

お金を引き出す時はハイライフで!


デビットカードを使えばどの銀行からでもお金を引き出すことが可能ですが、お勧めは「聯邦銀行」になります。なぜこの銀行が良いのかというと引き出し時の手数料が無料だからです。通常デビットカードを使ってお金を引き出す際は、手数料として100元取られてしまうのですが、100元は日本円で約360円になりますのでかなり高額な手数料だと言うことです。他の銀行への振込み手数料が台湾では15元で約100円程度なのに、お金を引き出す時に100元も取られるのは考えられない!という方は「聯邦銀行」のATMを使ってください!以下の銀行が「聯邦銀行」になります。

「聯邦銀行」のATMは台湾のコンビニであるハイライフ(Hi-Life)というコンビニの中にあります。(もちろん、店舗もありますが・・・)日本の場合、例えばセブンイレブンには「セブン銀行」しかありませんが、台湾では各銀行のATMがそのまま入っています。ハイライフでは2つの銀行を取り扱っているようで、一つは「聯邦銀行」で、もう一つは、「國泰世華銀行」になります。(一つの店舗にどちらかの銀行のATMしかありません。)以下が「國泰世華銀行」になります。

「國泰世華銀行」でお金を引き出すと手数料100元がかかってしまいますので、ぜひ「聯邦銀行」でお金を下ろしてください。


クレジットカードでキャッシングをする


クレジットカードのキャッシング機能でお金を調達するという方法もございます。クレジットカードを作るといくらかのキャッシング可能枠が与えられます。(人によっては金額が違いますし、キャッシングができないクレジットカードもございます。)キャッシングというのは現金を持っていない時に一時的にお金を借りるというものです。

海外に住んでいる方はお金を借りるというよりも、お金を引き出す手段として使っているようです。もし、お金がないのにキャッシング機能を使ってしまったら高額な利息の支払いに追われ、いずれ債務者になり司法書士事務所に駆け込むことになることでしょう。しかしながら、高額なキャッシングであったとしても台湾のATMでお金を借りた後にインターネット上で返済の手続きをしてすぐお金を返せば、無利息でお金を借りることができます。そのため、お金の管理ができる!という方はキャッシングでお金を調達すると良いでしょう。

ただし、クレジットカードを作るためには審査が入りますし、さらにキャッシング機能をつけるためにはさらに厳しい審査に通らなければなりませんので、台湾でワーキングホリデーをする!だから今は無職・・・という人なんかは、キャッシング以外でお金を調達する手段を考えた方が良いかもしれませんね。


まとめ|最も簡単な台湾ドルの引き出し方法


台湾で生活をするなら、デビットカードでの引き出しが最もおすすめです。なぜなら、デビットカードを作るのには審査がいらないからです。そもそも、デビットカードは自分の銀行に入っているお金の範囲内でしか使えないカードになりますので、お金の未払いが起きないのです。そのため、仕事をしているのかや収入があるのかという審査が入りませんので誰でも作ることができるのです。

デビットカードの次におすすめ・・というか消去法で考えると、日本円を持って台湾に行くという方法が良いと思います。ただ、現金を持って行く方法だと例えばお金がなくなってしまった時にどうするの?ということになります。帰ればいい!という人もいるかもしれませんが、日本に帰るのにもお金がかかります。もし、台湾に滞在する目的があるのであれば帰らないでお金を手に入れる方法がベストです。さらに、現金を持って台湾に行ってしまうと、その期間お金の運用ができません。例えば、1年間台湾に留学する時にかかる費用は約200万円になりますが200万円を運用しながら台湾生活をすると5〜10万円程度は費用が浮きます。そのため、少しでも安い費用で留学をしたい!という人は・・・お金の運用ができない現金は最善の方法ではないのです。

私がおすすめする方法は?

私がオススメする方法は、お金を楽天証券で運用しながらお金が必要になった時に随時売却をしてお金を楽天銀行に移し、お金を楽天のデビットカードで引き出すという方法です。お金の運用をしない人でも楽天銀行にお金を入れておけば楽天のデビットカードですぐにお金の引き出しができますのでぜひこの方法でお金の引き出しをしてみてはいかがでしょうか?

台湾生活に関する記事