【リゾバ中のお部屋】リゾバ時にお部屋の解約と放置する場合の注意点

今回は住み込みリゾートバイト派遣(略してリゾバ)で生計を立てようと考えている方へ、2年2ヶ月間12カ所の派遣先でリゾバ派遣スタッフとしてホテル・旅館で働いた経験のある私がリゾバを始める時に絶対にして欲しい事についてお話し致します。また、リゾバで生計を立てようとは思ってはいないけど、半年以上働いて(3ヵ月間のリゾバ派遣×2ヶ所)高額貯金を作り、海外留学やワーキングホリデーをしたい!また、起業をするための開業資金を貯める!と言う方もぜひリゾバに出発する前に読んでみてください。


寮費は無料でもお部屋を借りていたら意味が無い!


oheya
リゾートバイト(リゾバ)では、有料・無料の違いはありますがどの職場にも寮が必ず用意されています。これは、リゾバ派遣が全国求人で住み込みを前提としているからです。私が約2年間のリゾバ派遣の時に派遣会社から送ってもらった求人を見た感じで言えば8割以上は無料の社員寮になります。さらに、最近の求人では個室寮が用意されている派遣先も多いため、相部屋は嫌だ!と言う人は、個室寮を完備している派遣先の求人だけ送ってもらうということもできます。ちなみに、有料の寮の場合でも5,000/月程度で社員寮に住む事が出来ます。(有料だからと言って綺麗で設備が整っている寮だとは限りません。)

リゾバの派遣先で寮が用意されていると言う事は、現在一人暮らしをしている方はそのお部屋が不要になるのです。お部屋がないと帰る場所がなくなって不安だと言う人もいると思います。私自身も最初は不安でしたので、お部屋を借りたまま3ヵ月間のリゾバを行いました。最初にリゾバをしたのは北海道の富良野と言う所で、時給が800円とリゾバでは最低時給のような職場でしたので1ヵ月間の給料は約15万円でした。それなのに札幌で40,000円の賃貸物件を借りていましたので、ほぼ物置状態のお部屋のために3ヵ月間で12万円の家賃を支払った事になります。もし、そのお部屋を引き払ってからリゾバを始めていたらその時のリゾバ生活が少し変わっていた事でしょう。

※お部屋を引き払った場合は、住所を実家にするのが基本です。場合によっては、派遣先の寮になる事もあるでしょう。


リゾバではお仕事がなくなることは無い!

リゾートバイトで生計を立てて行く事が出来るのかと言うと、全国で働く事を予定しているのであれば必ず生計を立てる事が出来ます。しかしながら、例えば北海道の富良野でしか働かない!働けない!と言うのであれば派遣期間が終了した後に次の職場が見つかりませんでした・・・と言う事もあるかもしれません。ただ、北海道内であればどこでも大丈夫!もっと言えば、東北でも関東・関西・九州・沖縄でも大丈夫!と言うのであれば、必ずお仕事はございます。

さらに、1つのリゾバ派遣会社との関係が悪くなり、その派遣会社を使いたくない!と言う事になったとしても全国求人を扱うリゾバ派遣会社はいくつもございます。大手リゾバ専門の派遣会社としては、ヒューマニックアプリリゾートアルファリゾートが有名です。例えば、ヒューマニックでリゾバ派遣をしていた場合、派遣された職場環境が悪くその職場を誰にも言わずに辞めてしまった場合であってもその情報はアプリリゾートやアルファリゾートに渡る事はございませんので、どちらかで再びリゾバをすれば良いのです。以下に、上記3社のリゾバ派遣会社の特徴についてまとめてみました。


引っ越しするときは家具・家電を全部売る


kadennwouru
リゾートバイト(リゾバ)派遣をする場合は、引っ越しの際に家具・家電等は全てリサイクルショップに売りましょう。リゾバでお部屋を引き払う人のほとんどは、住所登録を実家に移し必要なものだけを実家に送ると思うのですが、いつリゾバ生活を卒業するかは分かりませんので親に迷惑をかけないと言う意味で全て売りましょう。(リゾバ派遣を終えて再び1人暮らしをする事になった場合でも、リゾバで稼いだお金があれば家具・家電を買い揃えられます。)また、家具・家電を全て売ってしまうとリゾバを途中でリタイアすると言うような考えはなくなると思います。さらに、家具・家電を売却すればいくらかの現金に変えることが出来ますので、そのお金を赴任先まで行くための交通費と給料が入らないリゾバの初月の生活費に充てると良いと思います。

※リゾバでは交通費が支給されます。しかしながら、交通費は派遣期間の満了が条件となりますので、必ず自分で立替える必要があるのです。

お部屋を引き払うと、家賃だけではなく電気代・水道代・ガス代なども支払わずに済みます。もちろん、お部屋を借りていても各契約先に電話連絡をする事で一定期間料金がかからないようにする事が出来ますのでお部屋を借りていてもあまり変わりませんが、例えば冷蔵庫の電源を付けておきたい場合は電気を止める事が出来ませんので電気代(おそらく基本料金の部分で済むと思います。)がかかってしまうのです。

さらに、誰もいないお部屋を数ヶ月間放置すると空き巣に狙われてしまう危険や重要な郵便物を受け取ることが出来なくなってしまうのです。

リゾバの時って住民登録はどうするの?


1年以上リゾバするなら車は売る


1年以上リゾバ生活をするつもりでいる方は、絶対に車は売った方が良いと思います。

車を売るメリット

  • 駐車場代を支払わなくても良い
  • 自動車保険の解約が出来る
  • 車は高いうちに売った方が良い
  • 売ったお金を他の事に使える



車を売ることの1つ目のメリットは、駐車場代金を支払わなくて済むからです。例えば、お部屋を引き払ったとしても車だけ残ってしまえばその車を置いておくために月極駐車場を借りなければならないのです。もちろん、実家に車を一台置いておくスペースがあると言う方であれば問題はございませんが、月極駐車場を借りるとなると安くても15,000円/月はかかってしまうのです。1年間借りるとすると、最低180,000円となりリゾバの1ヵ月分相当の給料の支払いになってしまうのです。

さらに、自動車を売ると自動車保険を解約する事が出来ますのでその分の費用が浮きます。ゴールドペーパードラバーの私がネット保険に入っていたときは4,000円/月程度でしたが、それでも1年間に48,000円もかかってしまうのです。駐車場代金と車の保険を合わせると一年で228,000円にもなります。

3つ目のメリットとしては、車は早めに売った方が高値で買い取りが出来るからです。仮に、1年間全く車を乗る事がなく走行距離も1年間全く変わらなかったとしても、1年後には車の価値が下がってしまうのです。さらに、車を売ってしまえば数十万円とまとまったお金が手に入りますので、そのお金でお部屋の退去費用や今後の人生設計で必要な資金の足しにすると良いと思います。

リゾバが終わったら車を使うと言う理由はなし!

1年間のリゾバが終了したら必ず車を使う!と言う人であっても、私は車を売った方が良いと思います。なぜかと言うと、リゾバをすると多くの人はその後の人生に何らかの変化が現れるからです。例えば、リゾバを経験した人は海外留学をしたりワーキングホリデーをする人が多くいます。海外が苦手だと言う人は日本全国を旅する人もいるのです。1年間と言う短いリゾバを計画していたとしてもその後に海外へ行ったり、日本を旅してしまうと2年・3年はあっという間に過ぎて行くのです。

リゾバ友達の悪い例

友人がリゾバを始める時に車を売った方が良いかどうかという相談をされましたので、今すぐに売った方が良い!と回答いたしました。彼は、前職が病院勤務で国家資格を持っている事から2年間のリゾバを終えた後に再就職をして、病院に勤める予定との事でその際必ず車を使うとの事でした。彼が安定の病院での職を捨ててまでリゾバをするとの事でその本気度が大変伝わってきましたので、車を売る事のメリットを伝えもし2年後に車が必要になったならばその時にまた買った方が良いと言いました。

しかしながら、彼は私の意見を聞く事無く今も車を所有しているのです。現在彼は1年間(予定の半分)のリゾバ生活を終えようとしています。そして、最近その彼から電話があり近々海外に留学をしてその後ワーホリを1年間するつもりだと言うのです。と言う事は、リゾバ1年間と留学3ヵ月間とワーホリ1年間で当初予定していた2年間を超えるのです。更に、留学やワーホリをすると言う事はどんなに高収入のリゾバをしていたとしても海外での生活費や留学資金が必要になるのです。ここからは私の予想ですが、留学を終えた後に3〜6ヵ月程度リゾバをするのではないかと思います。また、ワーホリ後にも3〜6ヵ月のリゾバをして(当初予定していた2年分のリゾバ)就職なり何か自分のやりたい事をやるのではないかと思っています。つまり・・・3年以上車を使う事は無いのです。

彼の事を悪く言うつもりはございません。リゾバと言うのは、良くも悪くも人生のベクトルが多少変わるのです。リゾバを始めるときはお金を稼ぐ!としか思っていないかもしれませんが、貯金が出来ると多くの人は自分に問いかけるのです。この先どう生きて行けば良いのかと・・・。そして、もっと成長したい!今まで普通に働いていた事がバカらしい!と思ってしまうのです。

もし、リゾバで生計を立てて行きたい!と考えている方は車を売ってしまった方が楽になることでしょう。ただし、3ヵ月でリゾバ生活を辞めてしまうかもしれない。と言う不安のある方は、3ヵ月間の短期リゾバを行ってみてリゾバ生活が続きそうであれば期間満了後に車を売却してから再びリゾバを始めると良いと思います。


キャリーバックは74L〜84L必要な訳


carrybagキャリーバックは、派遣期間に合わせて選ぶ必要があると思いますがお部屋を引き払ってしまった方は出来るだけ大きめのキャリーバックを購入すると良いと思います。そして、そのキャリーバックを持ち運びが出来る自分の家だと思って大事なものを全て詰め込みましょう。もし荷物が入らなければ段ボール2つくらいは派遣先に郵送で荷物を送ってもそれほど料金はかかりませんので、派遣先が決まりましたら段ボールとキャリーバックを元払いで派遣先のホテルに送りましょう。キャリーバックを郵送する場合は、大きさで料金が決まっていますが飛行機に乗せる場合は重さで料金が変わってきますので、郵送で送った方がお得になります。移動の際は、小さなカバンに2日分程度の着替えを入れて身軽にして飛行機に乗りましょう。新幹線移動の方も荷物が重たい場合は郵送で送った方が何かと都合が良いと思います。

リゾバの派遣先の中には、黒のスラックスや革靴が必要な派遣先があります。上記の2点はキャリーバックに入れておいても良いと思いますが、使わない可能性も十分にございますので、中身が分かるように小さな箱に入れて実家に置いておくと良いと思います。そして、採用された派遣先で使うようであれば親に送ってもらうと良いでしょう。


まとめ始めてのリゾバマニュアル


リゾートバイトを始める時は、出来るだけ要らないものを処分したり支出を出来るだけ抑える必要がございます。そのため、お部屋を引き払い、家具・家電・車も売った方が良いのです。もちろん、1ヵ月間の超短期リゾバを経験してからリゾバ生活を続けて行けそうな場合に全てを売ると言うのも良いでしょう。リゾバの給料が高い高いと言われていますが、実際の所は月に15〜25万円程度ですので決して高いと言うわけではございません。では、なぜリゾバでは高額貯金が出来るのかと言うと生活費(主に家賃の支払い)がかからないからです。生活費の部分が丸々自分のお小遣いとして使う事が出来ますので、高額貯金が出来るのです。

しかしながら、お部屋を借りてさらに車の保険なども支払っている場合は、無駄に生活費を支払っていると言えますので貯金ができたとしも月に5万円〜10万円程度なのです。

リゾバのオススメ関連記事