【旅館の社員を時給計算してみる】リゾバを経験して見えたホテル業の闇

2年以上リゾート派遣アルバイト(リゾバ)を経験して見えて来た、ホテル業で働く社員の待遇について私なりの考えを書いてみたいと思います。また、ホテル業で働く正社員の方の給料等を計算し、なぜその職場で働くの?リゾバと正社員の違いとは?と言う事についても考えてみたいと思います。現在、リゾート地に有るホテルや旅館で正社員として勤務している人はぜひ、最後まで読んでみて下さい!


リゾバとホテルの正社員の違いは1つしかない!!


bonasu
リゾートバイト派遣社員とホテル・旅館で働いている正社員の違いで、正社員の方がメリットだと言えることは実は1つしかありません。そのたった1つのメリットとは、ボーナスの有無だけなのです。そのため、夏・冬のボーナスを合わせて月収の3〜5ヵ月分支給されると言うような高待遇の職場は除き、高校生のお小遣い程度しか貰えないような企業に働く人にとっては正社員として働く意味がないのです。もちろん、上記の事は給料面の待遇に限った話であって昇進や実家のすぐ側だから働きやすい!と言う事はあると思います。

リゾバはアルバイトではない!

ホテル・旅館に勤めている方であれば職場に1人はリゾバ派遣社員が働いている可能性があると思います。皆さんは、リゾバ派遣社員の事をただのアルバイトだとは思っていませんか?実は、リゾバ派遣社員はバイトと言われますが実際は派遣社員なのです。そのため、ホテル・旅館側ではなく派遣会社側の社会保障に入る事が出来るのです。つまり、厚生年金や健康保険の加入をしているのです。年金を納めていると言う事は、正社員と何ら変わらないのです。

ただし、リゾバ派遣社員にはボーナスが有りませんし昇給・昇進もございません。とは言っても、正社員と同じかそれ以上の給料をもらい、サービス残業が全くないリゾバスタッフは正社員としてお仕事をするよりも断然賢い生き方なのです。


リゾバと正社員の待遇の違い



リゾバ派遣と言うのはリゾート地にあるホテル・旅館で働く派遣社員の事を指します。勤務地は全国勤務(派遣先は自分で選べます)ですので、住込み(泊まり込み)を前提としてお仕事をする事になります。また、住込みを前提としているためホテル・旅館側が寮を完備してくれています。寮費はほとんどの場合で無料です。電気・水道・ガス代も当然無料です。また、勤務先がリゾート地にある事からホテル・旅館周辺に食事所がない事が多いため、毎食まかないを用意してもらえると言うのがリゾートバイトなのです。もちろん、食事も無料で食べる事が出来ます。

さらに、リゾートバイトでは全国から派遣スタッフを集めるために時給がその都市よりも数十円高く設定されています。そのため、1ヵ月間のリゾバで手取り25万円にもなる派遣先も中にはあるのです。また、1日8時間以上の勤務には残業がつきますので、8時間越えの勤務は1.25倍された時給で給料が計算されます。さらに、残業+22時以降の勤務をした場合は1.5倍の時給で給料が計算されますのでその場合は1時間1,500円以上も当たり前なのです。

リゾバスタッフは、時給で働くスタッフになりますのでサービス残業はほぼ0です。ほぼ0と言う意味は、リゾートバイトに限らずアルバイトは15分刻みで時給が発生致しますので、その端数分があると言う意味で0ではないと言う表現をしています。

正社員の待遇って?

正社員はホテル・旅館の管理する寮に住む場合であっても、寮費を給料から天引きされています。金額は10,000円〜20,000円と言った所でしょう。寮に住んでいる場合は、電気・水道・ガス代が込みの場合がほとんどですので、こちらはリゾバスタッフと同じとなります。しかし、食事に関しては社員食堂があるホテルでは一食200円くらいで食べる事になります。また、社員食堂がないホテルの場合は、まかない飯を食べる費用として5,000円程度こちらも給料から引かれる事になります。

給料に関しては、大体20万円くらいになります。20代のうちはほとんど給料が上がる事が無い業界になりますので、手取りで25万円貰っている方はかなり良い方だと言うのがホテル業界なのです。給料が30万円越えになるためには役職に就かなければ貰えない金額になります。

残業に関しては、どの職場もサービス残業がございます。そもそも、ホテルのレストランの営業時間だけでも朝と夜を合わせて6時間くらいあるのにも関わらず、準備と片付け・締め作業など含めて10時間で終わらせるなんてのは無理な話なのです。もし、残業をした分の残業代がきちんと支払われるのであれば、少しは納得が出来るかもしれませんがホテル業の多くはサービス残業です。

私がリゾバをしていた時に一番ヒドい職場だなと思ったのは、朝の7時に出勤をして夜の10時までたった1時間の休憩で働かされているホテルスタッフがいました。勤務時間は1日14時間です。(毎日ではありませんが・・・)しかも、その職場は週に1回しか休みが無いと言う労働条件でみなさん働いているとのことでしたので、月に4回しか休みがありません。これって、労働法的にはどうなの?と思ったりも致しましたが、社員さん曰くこれで良いのだそうです。給料も手取りで25万円程度しか貰っていないとの事でした。


正社員の給料を時給計算してみる


keisan
それでは上記の正社員の方に給料を時給で計算してみたいと思います。上記のスタッフは毎日14時間働く訳ではございませんのでここでは12時間の勤務を25日間するとします。12時間×25日=300時間となります。支給額が25万円ですのでその金額を300時間で割ると・・・833円です。その時のリゾバスタッフの時給は、1,000円でしたので社員さんはかなり損をしている計算になります。

支給額が25万円と言う事は、厚生年金や健康保険・寮費・食費等を引くと手元に残るお金は17万円くらいになってしまうのです。リゾバスタッフが週6で8時間勤務をすると手取りで20万円になりますので、社会保障費が引かれても正社員よりも多く貰える計算になるのです。さらに、リゾバスタッフは1日8時間しか働いていませんので自由に使える時間が沢山あるのです。語学勉強をしたり、副業をしてお金を稼いでも良いのです。

300時間の勤務をリゾバスタッフの時給で計算すると、月収35万円以上になります。リゾバスタッフは、間に派遣会社が入っていますので残業をすると全て給料に反映されます。リゾバスタッフとして上記の職場で働くと、月収が10万円も変わってくるのです。年収にすると120万円です。もちろん、リゾバスタッフにはボーナスがありませんのでボーナスの事を考えると同じかリゾバスタッフの方が少しだけ給料が高いくらいだとは思います。短期間でお金を貯めたいと言う方は絶対的にリゾバがお勧めです。


リゾバ経験者はホテルでの正社員には興味ない!


ziyuu

リゾバスタッフをやる人と正社員としてホテル・旅館で働く人の考え方は根本的に違います。また、リゾバスタッフは正社員に興味が無いのに対して、ホテルの正社員もリゾバスタッフには興味が無かったりするのです。では、どのような所が根本的に違うのかと言うと、リゾバスタッフは新しい土地で新しい出会いを求めている人が多いのに対して、正社員で働く人は昔からの友達とのお付き合いを何よりも大切にすると言う考えなのです。また、リゾバスタッフをする人は働いていれば何とかなる!と楽天的に考えていますが、正社員で働く人はこの仕事が無くなると世界が終わる!と言うくらいその職場で働く事しか出来なくなっているのです。

出会いがあるのは断然リゾバ

ホテル・旅館業で、異性との出会いが多いのは断然リゾバです。ホテル・旅館業に勤めている方は職場結婚になるか小学校・中学校からの幼馴染みと結婚すると言うケースが多くございます。しかしながら、田舎(リゾート)のホテル・旅館に働いている人の多くは既婚者であったり地元に住んでいる年配の方が多いのです。そのため、彼氏・彼女を作りたいとなると休みの日に友人とお出かけをしたり婚活パーティー等に参加しなければならないのです。でも考えてみて下さい、そこは田舎なのです。田舎には友人と遊ぶ場所がありませんし婚活パーティーなど無いのです。

私がリゾバをしていたときに出会ったホテル・旅館業で働いている30代の男性のほとんどは、既婚者か彼女無しでした。女性と付き合っていると言う人はほとんどいなかったのです。田舎のホテル・旅館は閉ざされた空間なのです。

それに比べてリゾバスタッフには沢山の出会いがあります。そもそも、リゾバスタッフを募集している職場にリゾバスタッフが自分一人しかいないと言う事はございません。必ず複数人います。また、男女比がどちらかに偏らないよう人事の方も調整しているようで5人募集の職場で5人とも男性と言う事はほぼ100%ございません。ですので、リゾバスタッフには必ず出会いがあります。そして、リゾバで出会った人と付き合い、結婚をするケースも中にはあるのです。

楽に生きたいならリゾバ

楽に生きたいと思っている方も絶対にリゾバがお勧めです。楽に生きたいなら正社員になって、同じ仕事を毎日繰り返していた方が全然楽だ!と言う人がいるかもしれませんが、つまらなくはありませんか?同じ仕事をする事はとても楽です。しかし、毎日同じ事の繰り返しをして、時が進んで行く事に生き甲斐はありますか?

リゾバスタッフには、派遣期間が決められています。短期バイトであれば1ヵ月、中期・長期バイトであれば3ヵ月間の派遣期間が採用時に決められます。そして、職場に着任をした時から退職に向けてのカウントダウンが始まるのです。職場で一番問題となるのは人間関係です。人間関係が良好であれば楽しい職場だと言えます。しかしながら、全ての職場が人間関係の良い職場だと言う事はまずございません。そのため、正社員になってしまうとその人間関係を良好に保ちながらお仕事を一生しなければならないのです。もちろん、リゾバスタッフにも人間関係を良好に保ちながら派遣アルバイトをする必要がございます。しかし、中には生理的に無理!と言う従業員もいるのです。

そんな時、正社員であれば心が折れてしまう事があると思いますがリゾバスタッフの場合は期間が決まっていますので、あと、60日!あと30日!あと7日!と絶え抜く事が出来るのです。そして、派遣期間が終われば解放されるのです。その後は、リゾバ派遣を続けても貯金をしたお金で海外留学をしても、実家に帰っても良いのです。

夢ややりたい事をまだ失っていないならリゾバ

人はいつからか夢や目標を立てる事をしなくなってしまいます。小さい頃20代って!30代って、凄い大人だ!と思っていたかもしれませんが、いざ自分かその歳になるとなんて子供なんだ!と思ってしまう事があると思います。なぜ、そう思うのかと言うと小さな頃は大きな夢があり、20代・30代もその夢を諦めずに頑張っている姿を想像していたからです。しかし、その夢を諦めてしまった人はなんだか小さな大人だ!大人ってこんなもんなんだ・・・感じてしまうのです。

現在私はリゾバをしたり、海外に住んだりして、小さな頃に描いていた事を遥かに超える生活をしています。小さな頃に想像をしていた20代・30代にはなれてはいませんが、別の意味で素晴らしい人生を歩んでいると胸を張って言えます。

決して皆さんにリゾバをしてもらいたい!と言う事ではございません。夢を見つけよう!とも言いません。自分が素晴らしい人生を送っていると胸を張って言えるような生き方をして欲しいと思います。

リゾバって将来不安じゃない?

リゾバの将来は大変不安定です。そのため、安定と言う観点から見ると正社員の方が断然良い選択だと思います。しかしながら、ホテル・旅館業の離職率は高く、多くの職場で30代・40代が不足しています。このような言い方をしてしまうと、あまり良くはないかもしれませんがホテル・旅館業で就職をするのは比較的簡単なのです。派遣社員をしていると、多くの職場で正社員にならないかい?と言われることも多く(私だけではございません。)どこも正社員を雇いたいのです。でもみんな正社員にはなりたくないのです。

リゾバスタッフの給料は20万円程度ですが、ホテル・旅館が派遣先に支払うリゾバスタッフ1人当たりの給料(支払い)は30万円以上なのです。派遣会社に30万円払うなら正社員として雇った方が言い!と言う考えもありますし、リゾバスタッフを雇っているくらいですので人員が足りていないのです。

すべての職場で随時正社員を募集しているとは限りませんが、ホテル・旅館業は退職する人が多い業界ですので正社員として働く事はそう難しくはないと思います。また、リゾバ経験者=ホテル・旅館業での経験があるとみなされますので、ある程度は優遇されるでしょう。

結婚に関して将来が不安だと言う人もいるかもしれませんが、そもそも相手がいなければ結婚など出来ません。これは、完全に私の考えになりますが、リゾバをして恋人をつくり、その人と何年も付き合っていざ結婚をする時に正社員として地に足を着いても遅くはないのではないでしょうか。