【海外留学×リゾートバイト×アプリリゾート】渡航資金作り体験談

今回の話は、20代から始める海外留学についてです。リゾートバイト(リゾバ)を経験し、25歳で初めて海外留学(台湾・フィリピン)を経験した私が、”海外留学に必要な資金はどのように貯めれば良いの?”初めての海外留学は誰に相談すれば良いの?”帰国後の仕事はどうするの?”と言う事についてお話ししたいと思います。

専門学校や大学を卒業し、一度就職したものの”このまま働き続けてて良いの?”若いうちに何かやってみたい!”と思っている方はぜひ参考にしてみて下さい。


海外留学で必要な資金はリゾートバイトで貯める!


sansyahikaku1
海外留学をするためには留学資金を貯めなければなりません。今回は、25歳の時に半年間台湾に住み(留学+ワーキングホリデー)26歳でフィリピンに1ヶ月間短期留学し、そして現在台湾に住んでブロガー&カメラマンとして活動している私が20代(大学や専門学校を卒業した後)から海外へ行くための渡航資金の貯め方についての実体験をお話したいと思います。

台湾留学・フィリピン留学で必要な資金とは?

渡航資金(貯金)の貯め方を話す前に、台湾・フィリピン留学で必要な資金についてお話ししたいと思います。台湾やフィリピン以外に行く!と言う方は、飛ばし読みをして下さい!

まず台湾で生活するために必要な資金(生活費)は1ヶ月6万円〜7万円になります。大学(語学学校)の入学費用はどの大学に通うのかや1日何時間授業があるのかによって変わってきますが、日本円で約13万円(3ヶ月間のコース)になります。飛行機代に関しては、片道1万円程度ですので往復で2万円もあれば十分です。ただし、私のように北海道出身!と言う方は路線の関係上、一度関西空港や成田空港を経由しなければなりませんので片道2万円程度は準備しておきましょう。上記の金額を合計すると、3ヶ月間で最低36万円あれば留学が出来ると言う事になります。

フィリピン留学では、1ヶ月間の短期留学が主流になっています。私がフィリピンに1ヶ月間の短期留学に行ったときの授業料と宿泊費の合計は168,000円でした。テキスト代やお小遣い、航空券を合わせると1ヶ月間の短期留学で約25万円になりました。1ヶ月では短い!と思う人もいるかもしれませんが、フィリピン留学では1日8〜9時間英語の授業を受けますので、授業の総時間に関して言えば3ヶ月の台湾留学と同等になります。中国語を学びたい!と言う人は台湾、英語を学びたい!と言う人はフィリピンがお勧めです。中国語も英語も学びたい!と言う人は、ここでは詳しくは書きませんが香港がお勧めです。

私が24歳の時にとった方法とは?

私が留学を決意した24歳の時にとった行動とは、リゾートバイト(リゾバ)住込み派遣を行うと言う行動です。留学を決意した時に地元でダラダラとアルバイトをやってても一生お金が貯まらない!短期間でお金を貯めて、1日でも早く海外に行きたいと思ったのです。当時、お金を貯める方法としては”掛持ちアルバイト”をするか”リゾートバイト”をするのかと言う選択肢がございました。そして私は、リゾートバイト(リゾバ)を選んだのです。

なぜ掛持ちバイトではダメなのか?

掛け持ちバイトのデメリットは沢山ございます。

  • 時給が激安!!!
  • 残業がつかない!!
  • 無駄な生活費がかかる!!!

地元のアルバイトは時給が低いと言うデメリットがあります。低いと言うのは語弊かもしれませんが、地元でアルバイトをすると最低賃金で働かなければならない事が多いため、どんなに働いても1時間850円〜900円程度にしかならないのです。さらに、アルバイトでは8時間以上働く事があまりないため残業代がつく事がありません。仮に、残業代がつく仕事をしても給料に反映されない職場が多いと言う事も言えます。

さらに、掛持ちアルバイトをしてもご飯や寮が用意される訳ではございませんのでその分の生活費がかかってしまうのです。例え、まかない料理が出る職場であったとしても1日3食分のまかないが出る職場はございません。住む場所に関しても、海外に留学を予定しているのであれば一人暮らしの賃貸マンションをいつまでも借りている必要はございません。実家暮らしでは少し話が変わってきますが、お金を貯める上で月数万円の固定的な出費(支払い)は絶対に無駄なのです。

なぜリゾバが良いの?

時給に関しては、900円から1,100円程度で働く事が出来ます。また、リゾバ派遣は住込み派遣社員と言う位置づけにございますので、基本的には8時間のフルタイムで働く事が出来ます。職場によっては1日10時間程度働く勤務先もございますので、2つの仕事を掛持ちする必要はございません。さらに、派遣会社が間に入っている関係上1日8時間以上の勤務に関しては25%増の給料が支払われますし、8時間越えで尚かつ22時以降の勤務の出勤に関しては50%増で時給計算されます。1,100円の時給の職場の場合は、時給1,650円になると言う事です。

生活費に関しては住込みを前提としているリゾバでは無料の寮に住む事が出来ますし、食事に関しても3食無料で食べる事が出来ます(職場によって条件が異なります。)リゾバをする人の多くは、住民票を実家に移してから旅立ちます。派遣のお仕事になりますので働く都道府県に住所が無くても、全く問題なくお仕事をする事が出来るのです。

給料に関しては私の実体験から月に15万円〜25万円稼ぐ事が出来ます。生活費がほとんどかからないリゾバでは、賃貸物件を借りていない人であればどの職場で働いても10万円程度は毎月貯金をする事が出来ます。


海外留学はglobal diveに相談しよう!


global-dive
海外留学に行く方法としては、全て自分で手配する!と言う方法と代理店に任せる!と言う方法がございます。全て自分で手配する場合は、留学先の大学への申し込みや滞在先、ビザ、保険、航空券の購入や渡航までの計画を全て自分でしなければなりません。代理店に任せる!と言う場合は、上記の他に大学選びや現地情報の提供や現地サポート(空港から宿泊先までのお迎えや現地での銀行口座開設など)をオプションで付ける事が出来ます。一番最初の留学では、代理店を使う!と言うのが一般的です。私自身も一番始めの渡航(台湾留学)では代理店を使いました。代理店を使うと代理店に支払う手数料が発生致しますが、サポートは十分ございますので損は無いと思います。

リゾバ×留学×アプリリゾート

リゾバ派遣の専門会社の中で、海外留学希望者のサポートを積極的にしている会社としてアプリリゾートと言う会社がございます。アプリリゾートでは、留学したい!ワーホリしたい!留学費用を貯めている!と言う方向けに外国人の働いている職場の紹介(日本の職場)やglobal diveと言うアプリリゾートの海外留学部門から留学サポートを受ける事が出来ます。現在は、フィリピン留学とオーストラリア留学をメインとしていますが、その他の国への留学希望者にはglobal diveが精査した代理店の紹介が可能となっています。フィリピンやオーストラリア留学には興味が無い!と言う人も、アプリリゾートでリゾバをすると言うメリットがございます。アプリリゾートやリゾバに興味がわいた人は、以下に私が実際に利用した派遣会社について中立的に比較してみましたのでぜひ参考にしてみて下さい。


帰国後の仕事はリゾバもしくは東京生活が出来る!



アプリリゾートでリゾートバイトや留学をするメリットはもう1つございます。それは、東京で仕事を探している人向けに一人暮らしのサポートがあると言う事です。良くお部屋を探しますよ〜と言うようなサービスを見かけたり致しますが、アプリリゾートの東京に住んで東京で働く!【TokyoDive】を利用すると敷金・礼金・仲介手数料が無料で家具・家電付きの物件に住むことが出来るのです。と言うと聞こえは良いと思いますが、要は東京でもリゾバが出来ると言う事です!リゾートバイト=リゾート地のアルバイトを意味致しますが、東京はリゾート地ではございません。そのため、東京だけ別のくくりにしたと言うものがTokyo Diveなのです。お仕事は旅館やホテル勤務以外にも如何にも東京らしいと言うような職場もございます。

選択肢が多い方がやっぱり良い!

リゾバ派遣会社では時給が他の派遣会社よりも少し高めのアルファリゾートや老舗企業のヒューマニックなどがございます。リゾバをするだけ!お金を貯めるだけ!と言うのであれば、上記で掲載させていただいた「リゾートバイト大手派遣会社3社比較」の記事を読んでいただき、ここが良い!と言う派遣会社でお仕事を探すと良いと思います。しかしながら、留学やワーキングホリデー・東京生活をしたい!と思っている人や人生何が起るか分からないから多くの選択肢が用意されている派遣会社で仕事をしたい!と言う人は、アプリリゾートで仕事を探す事をお勧め致します。

今、東京で生活をしてお金を貯めてから海外へ行ってその後リゾバをする!と言う人でも、リゾバをしてその後に海外に行ってから東京に住みたい!と言う考えでも良いと思います。アプリリゾートは自分のやりたい!を叶えてくれる会社になります。私自身もアプリリゾートを使ってリゾバをした事によって人生が変わり、今では台湾に住んでいます。

一人でも多くの人が、良い人生が送れた!と思える事をお祈りしています。