【リゾキャバ】女性限定リゾバ離島キャバクラの仕事で月収25万円

高時給派遣アルバイトとして巷を騒がせているリゾートバイト(略してリゾバ)住み込み派遣のお仕事に、女性限定のナイトワーク(離島キャバクラ)がある事をご存知でしょうか?その名は「リゾキャバ」と言います。今回は、主に離島で住み込みをしながら働く「リゾキャバ」についてのお仕事内容や評判についてお話ししたいと思います。リゾートバイト派遣や離島生活(離島観光)に興味のある方はぜひ最後までご覧下さい!


「リゾバ」と「リゾキャバ」の違い


リゾートバイト(リゾバ)とリゾキャバ派遣のお仕事の仕組みは基本的には同じですが、職種が異なります。リゾートバイトは、リゾート地にあるホテル・旅館・ペンション等でレストランサービススタッフやフロントスタッフ、裏方業務などをするのに対して「リゾキャバ」は、リゾート地(主に離島)でキャバ嬢として働くのです。食費・寮費・交通費はどちらも基本的には無料(派遣先によっては一部自己負担)になります。リゾバ生活に必要なものはほとんど用意されていますので、お金を使う事なく生活をする事が可能となっています。

リゾバ・リゾキャバのお仕事は、リゾバ専門の派遣会社を通してお仕事をする事になりますので時給計算や給与明細の発行などは派遣会社が全て行ってくれます。リゾバ=アルバイトではなく、派遣社員です。リゾバ・リゾキャバの派遣期間(雇用期間)は最低1ヵ月から3か月間で、期間満了日が近くなると派遣期間を延長するか満了して実家に帰るか他の派遣先で働く事が出来ます。また、派遣期間が1ヶ月間以上あると言う事は、派遣会社の雇用保険に加入をする事が出来ます。つまり、「厚生年金」や「健康保険」の加入手続きを派遣会社がしてくれますので、社会保障に関してはある意味正社員と同じ待遇になります。

リゾバ・リゾキャバをすると、休日や休憩中にリゾート地で旅行気分を味わう事が出来ます。例えばリゾキャバの勤務場所は、主に沖縄や離島(八丈島など)になりますのでマリンスポーツや島の散策が出来ます。私は以前、リゾキャバではありませんがリゾバ派遣として熱海のホテルで働いていた時に、休日を利用して「初島」に行った事があります。初島では海鮮丼を提供しているお店が沢山あり、イベントも行われています。また、林でアクティビティをする事が出来ます。離島の生活は日本でありながら日本ではないような環境がそこにはあります。ぜひ、数ヶ月間のリゾバ・リゾギャバを楽しんでみて下さい!


リゾキャバとはどんな仕事?



「リゾキャバ」とはリゾート地(沖縄や離島)のキャバクラで働く女性限定のリゾート派遣アルバイトのことを指しますが、キャバクラと言っても離島のキャバクラは一般的なキャバクラとは違うのです。

【離島のキャバクラの特徴】

  • ノルマがないので安心!
  • 指名制度がない!
  • お客さんは仲の良い島の人!

ノルマがないので安心!

まずリゾキャバのナイトワークでは、個人ノルマのない職場がほとんどです。そのため、お客様にお酒を入れてもらえるような接客をしなければならないと言う事はございません。(お店の売り上げにはぜひ貢献して下さい!)また、ノルマがありませんのでアフターでお金を稼がなければならない!と言う事もありません。と言うか、アフターで行く場所なんてあるの?と言うのが離島なのです。

リゾキャバのお仕事は、バリバリのキャバ嬢と言う訳ではなくお客様と楽しくお酒を飲んだりお話をしたりするお仕事になります。

指名制度がない!

リゾキャバのお仕事ではノルマがないと言いましたが、ノルマがないと言う事は指名制度もないのです。そのため、あのお客様は私の!という汚い女の客の取り合いがありませんので、皆仲良く仕事をする事が出来ます。

また、リゾキャバのお仕事は基本的には地方出身者しかいません。(例外もありますが・・・)なぜかと言うと、離島の世界は広くはありませんので島のほとんどの人が知り合い!ということが結構あるのです。そのため、昔から近所に住んでいる友人の娘が働いているお店に行っても楽しくない!と、なるとなかなかお店を経営してゆくことができないのです。(お客さんのほとんどが島の人のため・・・。)

他のリゾキャバスタッフもみんなリゾバ派遣スタッフになりますので、先輩スタッフに教わりながらお仕事を覚えると良いでしょう。また、皆さん派遣期間がございますので例え嫌な先輩スタッフがいたとしても自分よりも早く派遣期間を満了して地元に帰る場合がほとんどですので、人間関係もそこまで悪くはならないようです。

お客さんは仲の良い島の人!

お客様のほとんどは、島の人になりますので顔見知りと飲んで騒ぐのがリゾキャバのお仕事になります。よくキャバ嬢はお客様からのストーカー被害を受けたりと危険な仕事を想像する人もいると思いますが、離島は狭い世界ため陰湿な嫌がらせに発展する事はほとんどございません。むしろ、離島の人たちが”美味しい魚が釣れたから!”と新鮮なお刺身を家まで届けてくれたりすることもございます。また、離島へ観光に来ている人がお店を利用した場合でも、ほとんどが一度きりのご利用になりますので警察沙汰に発展する事はございません。


気になるリゾキャバの収入とは?


rizokyababaito
リゾキャバの基本時給は1,200円以上が相場ですが、22時以降の時給は1.25倍の1,500円になります。ただし、1日の出勤時間は6〜7時間程度とリゾバ派遣にしては多くはございませんので、月収にすると23万・24万円くらいで手取りにすると20万円くらいになります。リゾートバイト(リゾバ)の時給でも900円〜1,100円と高時給になりますので、わざわざキャバクラで働かなくてもホテルのレストランやフロントスタッフとして働いても同じくらい又はそれ以上の給料になります。但し、リゾバはリゾキャバよりも働く時間が長いため自由に使える時間が少ないと言えます。短時間の勤務で、月に20万円以上稼ぎたいと言う人はリゾキャバが良いと思います。(但し、女性限定です。)

リゾキャバは当たり前ですが女性しか出来ませんので、職場(派遣先)で男性(異性)の派遣スタッフとの出会いは全くございません。全くと言うのは語弊があります(例えば、離島にあるホテルでは男性のスタッフが雇われている可能性はあります。しかし、繫がりはありません・・・)が、お客様以外で同じリゾバ派遣社員との出会いはないと思って下さい。また、リゾキャバは離島でしか雇われていない職種になりますので離島に行くのが怖い!と言う人はリゾキャバではなくリゾバをお勧め致します。離島に行くためには船に乗らなければなりませんからね。

上記で指名制度やノルマが無くて働きやすい職場だと言いましたが、一方でリゾキャバでは月50万円・100万円稼ぐキャバ嬢にはなれませんので、収入目的だけでキャバクラのお仕事をすると言う方にとっては少し物足りない給与形態になると思います。ただし、職場環境や離島でリゾート気分を満喫しながら少し稼げるお仕事をしたいと言う方にとってはリゾキャバのお仕事は最適です。

〜リゾバの職種とは?〜

上記でリゾバの職種は、レストランスタッフ・フロントスタッフ・裏方業務と言いましたが、もっと細かく言うと実はこの他にも沢山あるのです。例えば、リゾバでは遊園地のスタッフを募集していたり、皿洗いや客室清掃・仲居・調理・調理補助・売店・アロマセラピストなども募集しています。もちろん、上記は全て「リゾバ」ですので基本的な待遇は同じで食事手当や寮(社宅)に無料で住めます。リゾバではアロマセラピスト以外は、初心者大歓迎の職場が多いためわざわざキャバクラで働く必要は無いのです。(キャバクラが絶対に良い!と言う人は別ですが・・・)

以下は、リゾバではなぜ100万円の貯金が簡単に出来るのか書いた記事になります。合わせてご覧下さい。


20代・30代が活躍するリゾートバイトの世界は、本当に楽しいものです。私自身もリゾバが楽しくて、何と2年2か月間12ヶ所のリゾートホテル・旅館で勤務を致しました。リゾバを始めるきっかけは職場(会社)が潰れてしまったから、お金を貯めたいから、人との出会いを求めているからなど様々です。リゾートバイトは若い時にしか出来ません。正確に言うと、40代でもリゾバ派遣が出来ます。でも、若いうちに行うリゾバは本当に楽しくて最高の仕事なのです。これから、結婚をしたり子供が出来てしまうと100%リゾバをする事が出来ません。言い換えれば、独身男性・独身女性が集まっている職業だとも言えます。ぜひ、リゾートバイトに興味がわいた人はリゾバやリゾキャバをやってみて下さい!

ちなみに、「リゾキャバ」のお仕事はリゾバ専門の派遣会社「ヒューマニック」というリゾバ業界で老舗の派遣会社から探すことが出来ます。(リゾキャバのお仕事は、おそらく「ヒューマニック」にしかないと思います。今後は分かりません。)リゾキャバではなくリゾバを探したいと言う人は、「アプリリゾート」や「アルファリゾート」がお勧めです。以下に、上記のリゾバ派遣会社3社(ヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾート)を実際に利用してリゾバを行った私が中立な立場で評価をしてみました。リゾバをするためには派遣会社での派遣登録が必須となります。また、派遣会社によって時給や待遇が異なりますのでリゾバをする時は、ぜひ以下の記事を参考にしてみて下さい!