【就職に困った専門学校生へ】20代から始める高収入リゾバ派遣とは

専門学校とは美容系や医療・ペット関連・介護関係のお仕事に就くための専門的な学校を指し、卒業後はその専門学校で学んだ専門知識が活かせる勤務先に就職をすることになります。世の中には、内定率100パーセントをうたう専門学校があるようですが、就職ができなかった場合どうするの?また、高校生の時に決め、専門学校に通い始めたのだがなんだか自分のやりたいことと違う・・・と思ってしまったらどうしますか?

今回は、現在専門学校生の方・現在就活中の学生・専門学校を卒業して就職したけどつまらない・専門学校を卒業したけど就職ができなくて現在実家でダラダラと生活をしている方向けに20代から始める高収入リゾバ派遣についてお話ししたいと思います。


18歳で決めた進路・職業は正解?


皆さんが専門学校に通う!と決めたのはおそらく17歳くらいだと思います。高校で大学に進学をするのか・専門学校や短期大学に通うのか・就職をするのかという進路希望を担任の先生に聞かれて、真剣に考え始めるのが17歳くらいになります。つまり、弱冠17歳という若さで自分の将来を決めたのです。「〜という職業に就く!」と強い思いで専門学校を選択したのに違いはありません。

専門学校で学べることは様々で、美容師(理容師)・ネイリスト・エステシャン・マッサージ師・ペット関係・医療関係などここには挙げられないほどたくさんございます。高校生の時に、美容師になる!(例えばです。)と決意して専門学校に通い始めた人も、就職してみると実際の美容師のお仕事とは想像していたものと違う!ということは多々あるのです。専門学校を卒業してすぐはお客様の髪の毛を切ることができません。シャンプー係です。給料も手取り20万円以下で、営業が終わった後はお店の人とカットの練習をしなければなりません。こんなの想像と違う!(想像はしていたとは思いますが、つまらない!面倒い!)

親が学費を払ってくれたから!

専門学校を卒業した友人に”何でその仕事やってるの?楽しいの?”と聞いたことがあります。すると友人はこう言うのです。高校の時、両親に”大学に行け!”と言われたみたいですが、専門学校で専門的な勉強をして就職したいと親に反抗してまで専門学校に通わせてもらったため、今更他の仕事ができない・・・だから何となく続けている・・・

確かに、ペットが好きだから”ペットトリマーになる!”と言って専門学校に通ったのに、今更その熱意が冷めちゃったなぁ〜などとはなかなか言えないと思います。さらに、親が専門学校に行くのを反対していたのにも関わらず、学費を払ってもらって専門学校に通った時にはもう、他の仕事を選ぶ権利がないような感覚に陥ってしまいます。でも私は思うのです。17歳で決めた選択が正しいとは限らないのです。そして、当然親もそのことについては十分理解しているのです。専門学校を卒業した後のゴールは、その専門知識を活かして就職をすることです。美容師になるための専門学校に通ったから、絶対に美容師にならなければならないということではありません。専門学校で学んだことを活かせればいいのです。美容師になって、美容院で働いてみて”ダメだ自分には合わない。”と思ったら他のことをやればいいのです。それが、専門学校を卒業して学んだことなのです。他にやりたいことを見つけなければならない!そう思うこともある意味大事なのです。

振り返っても何もない

専門学校生がその専門知識を活かせるお仕事に就けなかった場合、ただの高卒扱いになります。大学生がすごいと言うわけではございませんが、社会的にはまだまだ学歴社会となっているのです。専門学校を卒業して就職した人ならわかると思いますが、専門職=給料が高いのではなく、専門職=社会的需要があるなのです。専門学校に進学をすれば就職ができます。でも給料が良い(高い)とは限らないのです。

20代後半や30代になってそのことに気づいても遅いのです。歳を取り、振り返ってみると”あれ?私には何もないんだなぁー”(国家資格はあるけど・・・)とならないようにしてください。何もというのは友人や物(ブランド品)ではございません。他の人が羨む能力や実績です。




人生の分かれ道は自分で決めろ!


さて、ここからは私のことをべらべら話します。私は専門学校ではなく大学に進学いたしました。(マジかぁー!)でも、その理由は”大学に行けば何かあるかなぁ〜”という理由です。高校生の時に専門学校で専門的な勉強を学ぶ意欲がなく、何となく大学に進学いたしました。もちろん、やりたいことはありました。ですが、すべて”何となく”で明確な理由や目標はありませんでした。

これと言ってやりたいことを見つけられないまま、あっという間に4年間が過ぎ大学を卒業してしまいました。運良く地元の企業に就職ができましたが僅か4ヵ月間で退職をしてフリーになりました。あっ、フリーターです。約一年間フリーターを行った後、自分を変えたい!変わりたい!変わる!変える!という思いでリゾートバイトというお仕事をしました。これが、自分の中で大ヒットしたのです。このリゾートバイトに出会ったおかげで、人生が変わったのです↑↑

リゾバって何ダーーー!?

リゾートバイトというのは、日本全国のホテル・旅館で住み込みをしながら働く派遣社員のことを言います。(詳しい話は次項でお話しいたします。)そう、私はリゾートバイト(リゾバ)スタッフとして全国を飛び回ったのです。ある意味バックパッカーです。そして、日本全国でたくさんに人に出会い、たくさんの考えを聞き、様々なことを見たことで何倍も成長することができたのです。そして、やりたいことも見つかったのです!やりたいことというのは、海外で活躍したい!です。具体的に何かということはまだ言えませんが、とにかく海外を拠点にお仕事をしたいと思うようになりました。

リゾバはお金持ちーー!!

リゾバの月収は20〜25万円です。寮費・光熱費・食費が無料ですので、ほとんどお金を使うことがありません。貯金がガッポガッポ貯まって行きます。結果、3年間のうち2年間リゾバをして、7ヶ月間外海で過ごし、5ヶ月間ダラぁ〜っと過ごすことができました。周りの友人には、年収400万円以上もらっている人がチラホラいますが、生活水準はリゾバ派遣社員の方が上です。なぜなら、住むところがタダ〜、食べるものもタダ〜、交通費もタダ〜時給は1,000円以上〜だからです。





今流行のリゾバとは?


rizobasenmon
リゾバは誰でも出来る仕事で、20代が中心に活躍しています。もちろん、18歳から始める人もいますし、30代・40代の人もいます。誰でも出来る仕事って何か怖い!!と思う方がいると思いますが、誰でも出来る=誰でも良い!と言う訳ではございません。リゾバとは、日本全国のリゾート地にあるホテル・旅館で働くアルバイトですが、リゾート地=住み着く人が多くないのです。例えば、東京から近い箱根や熱海などは週末や夏休みに皆で家族旅行に行くことはあると思いますが、そこに若い人が沢山住んでいる訳ではございません。長野県の軽井沢や兵庫県の有馬温泉、大分県にある湯布院なども同じで沢山の観光客が年中訪れますが、若い人は地方に出て仕事をするのです。リゾバスタッフとは、そんな若い人材が地元にいないため人材集めに困ったホテル・旅館側が雇い入れているスタッフなのです。勤務内容は、ホテルのレストランやフロント・清掃業務など多種多様ですが、どの仕事も簡単な作業ばかりなのです。

18歳から20代が沢山いる!

1つの勤務先に派遣社員が自分1人だけ!?と言うことはほとんどございません。なぜなら、派遣社員が1人しか要らない職場ではリゾバスタッフを雇う必要が全くないからです。頑張れば地元求人で人材を集めることが出来るのです。リゾバでは基本的に2人以上〜5人くらいの職場が多く、大規模にリゾバスタッフを募集しているホテル・旅館もあります。つまり、全国から少なくとも数人は同じ職場にリゾバスタッフが集まるのです。

お仕事の採用までの流れとは?

リゾートバイトは全国勤務のお仕事ですので、採用までの流れが通常のアルバイトは少し異なります。例えば、北海道の人が沖縄の求人を紹介してもらった場合、”じゃ!沖縄まで面接に行って来て!”などと言うことは不可能です。リゾバの採用は全て派遣会社が行ってくれます。例えば、沖縄の求人が気になった場合は沖縄支部の担当者の方に、お仕事内容やどんな人が働いているのか・月にどのくらい稼げるのか・交通手段・周辺環境など気になることを全て聞くことが出来ます。担当者の話しを聞いて”ぜひその職場で働きたい!”となれば、沖縄支部の担当者にホテル・旅館に連絡をしてもらいます。”こんな方が働きたいと言っているんですよね〜どうですか?”と言う感じだと思います。採用・不採用の連絡は2・3日から一週間くらいでもらえます。リゾバスタッフ=つまりあなたは面接することなく、相手先のホテル・旅館に連絡をすることもなく採用か不採用かの連絡を待っていれば良いだけなのです。

大事なのは派遣会社選び!

リゾバをする時に一番重要なことは、派遣会社選びになります。なぜかと言うと、採用になるかは派遣会社の担当者の力量で決まるからです。信頼のある派遣会社でさらに担当者が良ければ高確率で採用になるのです。(ちなみに、私は10ヶ所以上で働きましたが不採用の派遣先はありませんでした!)また、派遣会社によって待遇が全然違います。給料が高かったり安かったり、交通費が高かったり安かったりします。また、扱っている仕事の案件数も派遣会社によって異なりますので派遣会社選びは慎重に行って下さい!

以下に、私が2年間のリゾバで使った派遣会社3社を比較してみましたのでぜひ参考にしてみて下さい!

勤務先は自分で決めることが出来る!

リゾバ派遣のイメージは”あなたは沖縄に行きなさい!あなたは北海道に行きなさい!”と言うように派遣先を勝手に決められると思っている方がいますが、実はこの情報はウソ情報です!リゾバの勤務先は自分で決めることが出来ます。例えば、北海道の人が地元北海道のリゾバ求人を派遣会社からもらうことが出来ますし、友達が大阪に住んでいるので大阪の職場を紹介して下さい!週末に海ではしゃぎたいから沖縄に行きたい!という理由で勤務地を決めることも出来ます。

どんな仕事をするの?

基本的にはホテル・旅館のレストランスタッフやフロントスタッフがほとんどです。レストランスタッフの場合、バイキング会場で料理の補充をしたり、お客様の食事が済んだお皿を下げる仕事などが主な業務で経験者ではなくても出来る仕事になります。必要なのは”元気”だけです。懐石料理を提供するレストランでは、コース通りに料理を運べば良いだけです!料理名を覚える必要がありますが慣れれば難しくはございません。

フロントのお仕事はチェックイン・チェックアウトの手続きがメインです。外国からのお客様も泊まりに来ますので、この機会に語学勉強をしてみてはいかがですか?もちろん、外国語が話せない!!と言う人でも大丈夫です。通常フロントには外国語が話せる人がいます!

給料ってどのくらい???

リゾバの給料は20万円〜25万円くらいです。但し、閑散期で勤務日数が減らされてしまった場合は20万円に届かないと言うこともございます。また、派遣先によって給料がかなり異なります。時給は高いけど出勤日数が少ない場合もあります。給料に関しては、派遣会社の担当者に聞いてみて下さい。

以下に、私が一ヵ月間リゾバをした時の給与明細を公開した記事がありますので、参考にしてみて下さい!


なぜみんなリゾバをやるの?


なぜみんなリゾバをやるのかと言う理由は一言では表せませんが、人には考える時間が必要なのです!”専門学校に行ったけどこれからどうしよう?””何か他にやりたいことを見つけたい!””他の人と一緒にされるのは嫌だ!”など悩みは沢山あるのです。でも、立ち止まることは出来ないのです。よく自分探しのために海外へ行くと言う人がいますが、リゾバも同じ考えなのかもしれません。生まれ育った場所を離れ、1人の時間を過ごすことが必要なのです。

リゾバでは、沢山の仲間に出会うことが出来て貯金も貯めることが出来ます。もし、リゾバをしてみてやりたいことが見つかった時、リゾバで貯めたお金を使って何かが出来るのです。やりたいことはリゾバをしなければ分からないことかもしれません。ぜひ、自分の将来について真剣に考える時間を作ってみて下さい。