【台湾×日本の国際恋愛】冬の台湾は寒いけど台日カップルはアツアツ

今回で三度目の台湾の冬を経験する私が、台湾(台北)の冬がなぜこんなにも寒いのかっ!と言う要因についてお話ししたいと思います。冬の時期に台湾旅行をすると言う方は、ぜひ参考にしてみて下さい。また、台湾の冬は寒いけど台湾人女性をと日本人男性の国際恋愛は寒さを吹き飛ばすほどアツアツと言う話を致します。寒い台湾の環境が及ぼす、台湾人との国際恋愛についても書いてみたいと思いますので興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。


一年中暑い台湾には暖房設備がない!


台湾の気候は一年中温帯で長〜い夏と短い冬がございます。(春と秋はございません。)一年中温かい(暑い)台湾では、基本的には暖房設備がございません。そのため、冬の台湾の気温が日本で言う秋と同じくらいでも体感的には真冬なのです。それでは、台湾の冬が寒い理由を詳しくみていきたいと思います。

暖房はホテル・公共機関もない!

上記で台湾には暖房設備がない!と言いましたが、暖房設備がないのは一般家庭だけではなくホテルやバス・MRT(地下鉄)などの公共機関にも暖房はございません。もちろん、レストランや24時間営業のマクドナルドにも暖房はございませんので、台湾の冬はどこに行っても暖房無しで過ごさなければなりません。

エアコンの暖房機能は使えないの?

エアコンのリモコンをいくら操作しても暖房に切り替える事は出来ません。なぜなら、暖房機能が始めから付いていないからです。例え、日本製のエアコンであったとしても暖房は付いていませんので、寒くても諦めるしかないのです。

浴槽がないので体の芯から温まる事が出来ない!

台湾は一年中暑い事から基本的には浴槽に浸かるという習慣がありません。もちろん、台湾でも日本と同じ様に温泉文化が盛んですので風呂がない国と言うわけではございませんが、一般家庭にはお風呂ではなくシャワーを浴びるのが基本なのです。ホテルに宿泊をする!と言う場合でも基本的にはシャワーです。浴槽があるのは高級なホテル、家賃が少し高めの賃貸物件になります。

お風呂がないと言う事は、温かいお湯に浸かると言う事が出来ませんので、体の芯まで温まると言うことが出来ません。ただ、日本のようにお風呂と脱衣所が分かれていませんので”お風呂に入ったのに脱衣所が寒過ぎて死ぬ〜〜”と言う事はございません。一緒と言うのは言わば・・・ユニットバスだと言う事です。トイレとシャワールームが一緒だと言う事です。つまり、そこまで温かいと言う事ではなく、シャワーのお湯で中が温かくなっていると言うだけなのです。


台湾の物件(お部屋)はRC・フローリング


台湾の物件はRC物件!なのかは分かりませんが、コンクリートで作られていることから、例え冬であっても一日中凍えるような寒さの日はなかなかありませんのでお部屋の中はそこまで寒くはなりません。また、木造物件ではございませんので隙間風が入ってくる・・・と言う事もあまりございません。(窓の締まりが悪く風が入ってくる事はありますが・・・)そのため、お部屋の中は比較的温かいのです。ただし、台湾の冬はたった1・2ヶ月間ですので、例えばどの家庭にも羽毛布団があったり、コタツがある!と言う事はございませんので、夏用の物で冬を乗り切らなければならないのです。(冬物の服は売っています。)

また、台湾のお部屋に畳が敷かれているお部屋はございません。基本的にはフローリングです。フローリングは、木のフローリングがあればコンクリートっぽいフローリングのお部屋もあります。いずれにせよ、スリッパなしでは足が冷た過ぎて歩けません。さらに、台湾の物件はクロス(壁紙)が張られていないお部屋が多いため、むき出しのコンクリート壁はいつも冷たくなっています。

台湾の窓の話

台湾は沖縄よりも南に位置する国になりますので、暑いと言う事が想像出来ると思います。そのため、日本では日当りの良い南向きに窓がある物件が好まれますが、台湾で南向きに窓を設けてしまうと・・・暑過ぎて生活が出来ないのです。また、台湾では電気代が光熱費の中で一番高いためエアコンを一日中つけておかなければならないお部屋は好まれないのです。

余談になりますが、台湾はアジアで初めて脱原発に関する法改正が行われた国になります。そして、2025年までに台湾にある6基の原発が廃炉になるのです。今後は、より一生電気のあり方について台湾だけではなく日本・世界で考えさせられることになるのです。つまり何が言いたいのかと言うと・・・台湾では、電気料金が上がる可能性があると言う事です。そのため、突然南向きのお部屋を作る都市開発が行われたり、暖房付きのエアコンが普及すると言う事はない可能性が高いと言う事です。そのため、南向きに窓がない台湾では冬に太陽の陽をお部屋に取り込む事が出来ませんので室温が上がりませんし、暖房が普及すると言う事もございませんのでやっぱり・・・寒いのです。


お部屋がもたらす台湾人との恋愛


bed

ワンルームが基本!

台湾の国土面積は3万6千㎡で、日本の九州と同じくらいの大きさになります。つまり、小さいと言う事です。そして、国土面積が小さい台湾では賃貸マンションのお部屋も小さく、基本的にはワンルーム(1R)になっているのです。そのため、台湾人女性と一緒に住むと言う事になればワンルームのお部屋に一緒に住む事になるのです。

日本にはカップル間であってもプライバシーが大切!別々の部屋がベスト!と言う人が多いと思いますが、台湾人と国際恋愛をすると環境がそうさせてくれないのです。ワンルームで一緒に生活をすると相手の全てを見る事になります。逆に言えば、見れる事にもなります。

台湾ではダブルベットが基本!

台湾では全ての物件が家具・家電付きの物件となっています。そのため、生活をする上で必要な物はほとんど揃っていると言うのが台湾なのです。そして、家具の中で絶対にお部屋についている物としてベッドがあるのです。ベッドが付いていないお部屋はまずございません。

台湾人は同棲や結婚をするまでは基本的には実家暮らしです。なぜかと言うと、給料に対して家賃が高いからです。そのため、共働きのカップルや夫婦が賃貸物件を借りる割合が高いのです。つまり、台湾の賃貸物件は2人以上で借りる事を想定した家具・家電が揃えられているのです。2人以上でお部屋に住むと言う人が多い事から、台湾のお部屋ではダブルベッド〜キングサイズのベッドが備え付けられています。台湾人の彼女と一緒に住むと言うことは、”部屋一緒にする?別にする?”布団は一緒?別にする?”と言う選択肢はございません。お部屋もベッドも一緒なのです。これが良いか悪いかは人によると思いますが、”良いね!”と言う方はぜひ台湾生活をしてみて下さい!


台湾人はハグ・ハグ・キス・キスが日常


hug
私は昔、台湾について書かれているブログ記事を読んだときに街中の至る所でハグ・hug・キス・kissをしているカップルがいる!と言う事が書かれている記事を見たことがありますが、実際は・・・至る所でされている訳ではございませんが、人目を気にせず大胆にハグ・キスをしています。

台湾人のカップルはコンビニでもバスの中でもキスをしています。キスを人前でしても大丈夫!と、言う文化がある事から、他人に見られているから・子供が近くにいるから!と言う考えはあまりございません。と言っても、街中で長〜いキスをしている人はいません。みんなお部屋でやっているのでしょう。

ハグに関しては、日常茶飯事です。例えば日本の場合、エスカレーターに乗っているカップルはどんなにラブラブでも手を繋ぐくらいですが、台湾人女性は例えば女性が一段上に乗っている場合は後ろ向きになり彼氏にハグをしますし、一段下に乗ったときは男性の背中からハグをします。また、日本人カップルがバスに乗ったときは頭を肩に乗せるくらいですが、台湾人女性は男性を椅子の様に使い、後ろからハグをしなければならないような状況にさせられてしまいます。

このように台湾人(女性)はハグやキスが当たり前の生活環境で育って来た事から、例え相手が日本人(男性)であろうと、”台湾ではこう言うのが当たり前!”と言うようなスタイルで接してきます。日本人男性にとっては、このようなスタイルが意外にも心地よいものだと感じる人も多いでしょう。


まとめ|台湾のお部屋と国際恋愛


台湾では冬に対する備えがあまりございません。服装等でその寒さをカバーすると言う事はございますが、たった数ヶ月のしかも夜と朝の少しの時間だけ寒い!というだけでは暖房器具を買ったりと言う事はないのです。寒いのであれば、一緒のベッドでくっついて温まれ!と言うようなスタイルなのです。これが、台湾旅行であれば悪い時期に来てしまった!と思う事でしょう。ただ、ハネムーン旅行やカップルでの旅行であれば、奥手な男性の場合には良いのかもしれません。

台湾・日本のカップルは、台湾で生活をすると更に親密になる事が間違いありません。日本人男性の中には、台湾女性が日本に来るべきだ!と考える人もいるかもしれませんが、私は一度台湾で生活をしてみることをお勧め致します。そして、結婚を決意した時に日本に住むのか台湾に住むのかを決めると良いと思います。始めから、台湾で生活をする事に否定的では今後の生活に不安が出てくると思います。また、台湾に住むと相手の友達や家族を紹介してもらえますのでより相手の事を知る事が出来ます。ぜひ、国際恋愛をしている人は寛大な心でお付き合いをしてみて下さい!また、台湾生活をしてみたい!と言う人は観光でも留学でも何でも良いと思いますので、一度台湾に来てみて下さい。