新卒採用の会社を2年以内に辞めて良い理由やその後の20代の人生

新卒採用で合格になった会社をなぜ辞めてはいけないのだろうか?その答えは明確で、新卒採用でしか採用しない企業に就職ができた時、一度辞めてしまうとその企業以上の就職先に就職をすることが難しいとされているからです。また、再就職の際に”なぜ、前職の企業をすぐに辞めてしまったのかという理由”を問われてしまうからです。そのため、新卒採用で入社した会社には最低2年間は勤めなければならないと言われているのです。

今回は、大学を卒業して(新卒採用)札幌市内の大手の司法書士法人の不動産部門に就職ができたのにもかかわらず、わずが数ヶ月で(夏を迎える前に)自己都合で退職をした私が会社を辞めると言うことについてお話ししたいと思います。(現在27歳)


会社を辞めたいと思う理由


  • 職場環境が悪い
  • 将来性がない
  • 仕事内容がつまらない
  • 仲の良い同僚がいない

まずはじめに会社を辞めたいと思う理由について考えてみたいと思います。会社に入社をして一番最初に違和感を覚えることと言えば、職場環境が自分に合っていない・・・です。職場環境というのは上司や会社の人たちとの相性にが悪いことにより働きにくい職場だと感じた時は、職場環境が悪い(合わない)のです。パワハラやセクハラだけではなく、親父ギャグを言われただけで「はぁ〜?」っと、不愉快な気分になる場合も含まれます。

次に、一ヶ月程度働いてみると「将来性がないなぁ〜」と感じる時があります。将来性とは出世や給料アップなどの給料面や10年先まで成長し続けられる企業だとは思えない会社の場合です。将来性がない会社で働いていてもしょうがない!と、一度思ってしまうともはや長く続けたいとは思えなくなってしまいます。

さらに、仕事内容が自分に合っていない!好きではない=つまらない、と感じた時も仕事を辞めたいと心では思っています。また、つまらない仕事の上に残業などが多くて会社に拘束される時間が長い場合は、尚更辞めたいと思うものです。

最後に、仲の良い同僚に恵まれなかった場合も辞めたいと思ってしまうのです。例えば、仲の良い同僚がいた場合、それ以外の辞めたい理由すべてに該当したとしてもすぐに会社を辞める!という結論を出す人は少ないのです。なぜなら、私が辞めてしまうと彼(彼女)が辛い目にあってしまうかもしれないと思うからです。それに、仲の良い同僚がいれば仕事内容が100%つまらない!職場環境が100%悪い!とはならないのです。実は会社を辞める最も大きな理由は”同僚の存在”なのです。


私の退職理由について


ここからは少し私の話しをしたいと思います。まず、私は新卒採用になった会社をたった4ヵ月間で退職致しました。なぜ、私が退職を決意したのかと言うと上記で挙げた会社を辞めたいと思う理由4つ全てが揃った企業だったからです。まず、職場環境ですが私の働いていた会社には、法律部門・システムエンジニア部門・不動産部門があり、1つの事務所に3部門があると言うような会社でした。3部門は互いに干渉することのない、いわば他人のような関係でした。しかし、法律部門が圧倒的に力のある部門でしたので肩身の狭い生活を強いられました。

次に将来性についてですが、私が就職をした不動産部門は新規部門でしたので将来性があるともないとも言える状態でした。就職当初は明るい未来しかないような部門でしたが、日が経つにつれて絶対に潰れる!!と言うようなビジネスモデル・ビジネススタイルでした。私は先読みをして判断したと言うことです。退職後2年くらい経った頃に、ホームページで確認すると不動産部門は撤退したようです。つまり、そのまま働き続けていても2年以内にリストラ対象になっていたと言うことです。

仕事内容については、不動産の売買・仲介業がメイン業務でした。これと言って変わった営業はありませんでしたが、不動産の仲介業と言う仕事が自分には合っていない仕事だと思いました。一番嫌だったのは、ペーパードライバーの私がお客さんを連れてお部屋案内に行かなければならなかったと言う所です。そんなことも出来ないのか!と思われるかもしれませんが、当時は本当に嫌な業務でした。

最後に、仲の良い同僚についてですが私には同僚がいませんでした。上記で述べた通り、新規立ち上げの部門でしたので事業が軌道に乗ったときに新たに雇うと言うような方針があったようです。会社の愚痴も言えず、仲の良い社員さんがいると言う訳でもありませんでした。

上記が私が会社を退職した理由です。もちろん、この他にも辞めようと思った理由は沢山あります。上記の理由を見て皆さんはどう思いましたか?もう少し頑張れよ!と思った人も、辞めて良い。と言ってくれる人もいると思います。


みんな耐えながら仕事をしているんだ!


会社を辞めたいと思う理由がたくさんあると言う人も、その気持ちを抑えながら・耐えながら仕事を続けている人が実はほとんどなのです。やりたくもない仕事・好きでもない仕事を我慢しながらやっているのです。

じゃあ、何で続けているの?

では、なぜその仕事を続けているのかと言うと・・・

  • 他にやりたいことがない
  • 他に出来ることがないと思い込んでいる
  • 再就職をするのが面倒
  • 家庭を持っている(幸せにしたい相手がいる)

上記がやりたくもない仕事を続けている一例です。実は意外に多いのが、会社を辞めてもやりたいことがない!と言う人が多いのです。「やりたいことがないから今の仕事を続けている。まぁ、お金がもらえるから良いか!」って・・・お金がもらえるのは当然のことなのです。労働をしているのですから!おそらく、辞めてもやりたいことがないと言う人は世の中にどのような仕事があるのかよくわかっていないのではないでしょうか?本気になって調べれば”そんな仕事もあるのか〜”と気づけるかもしれませんね。そして、自分には出来ないと思っていること・自分は採用されないと思っている業種でも仕事ができることもあるのです。要は、チャレンジしてみることが大切だと言うことです。

再就職が面倒だと思っている人は、その考えは捨てるべきです。日本は徐々にではありますが実力主義の社会になりつつあります。能力が評価されて役職や給料に反映されると言うことは、転職を繰り返した方が有利なのです。また、実力主義になると言うことは、海外の人のように自分を売り込む必要があるのです。海外では転職することが当たり前で、転職することで給料が上がる仕組みになっています。どういうことかと言うと、転職先に”俺はこんなことが出来る!と、アピールするのです。”結果、転職先の方が給料や高い地位が与えられるのです。日本も完全に実力主義になる日も近いでしょう。

結婚をしたいと思っている彼女がいるから意地でも仕事を続ける!結婚をして妻のお腹の中に赤ちゃんがいるから仕事を辞めることは出来ない!と言う考えは日本人の心です。でも、私は思うのです。結婚をしたい彼女がいるから、赤ちゃんが生まれるから良い待遇の会社に転職をするべきなのではないでしょうか。もちろん、気分で安易に転職をすることは禁物ですが辞める理由がある場合には辞めても良いのではないでしょうか。

ここから先は、彼女・奥様と沢山話し合ってみて下さい。


同じ職場に2年以上勤めた方が良いのか?


同じ職場に2年以上勤めた方が良いのかを調べていると言うことは、つまり2年後には会社を退職しようと思っているのでしょう。そんな人に私が言えることは1つです。”どうせ辞めるなら今すぐに辞表を出して会社を辞めてしまえ!”です。人生と言うのは生まれた時から死に向かっているのです。1秒たりとも無駄にしてもよい時間はないのです。例えば、入社一ヵ月で仕事を辞めたいと思ったとします。辞めたいと言う気持ちを抱いて残りの1年と11ヵ月働くよりも、一ヵ月で辞めた方が絶対に良いのです。

もし、再就職が出来なかったら?

一ヵ月間で仕事を辞めると、再就職先の面接官になぜ一ヵ月間で退職をしたのかと言う理由を絶対に聞かれますし、一ヵ月間で退職したことがマイナスになることもございます。その結果、再就職が出来ないと言うことがあるかもしれません。でも、あなたには1年と11ヵ月間あるのです。1年と11ヵ月後に、2年間嫌々仕事を続けていた自分を超えていれば良いのです。国家資格取得のための時間にしても良いと思いますし、沢山のアルバイトをするのも良いと思います。私みたいにリゾートバイト(リゾバ)をやっても良いのです。


上記では辞めたいと思ったら一刻も早く辞めた方が良いとは言いましたが、辞めた方が良いと言うのはその職場で働くメリットがあまりにも無い時です。上司に怒られたり、仕事でミスをしたからすぐに辞める!と言うのは賢い生き方ではありません。辞めるのか続けるのかの選択はあなた次第です。