【リゾバ派遣で有給はあるの!?】住込みリゾートバイトリアル体験談

今回のリゾートバイト(リゾバ)に関するお話は、リゾバスタッフには有給休暇があるのかと言う事とリゾバで生計を立てて行く事は出来るのかと言う事についてです。約2年間、3社のリゾバ専門の派遣会社を利用して日本全国で住込みリゾバ派遣を行ったリアル実体験から、これからリゾバをしてみたい!最近リゾバを始めた!と言う人向けに、なかなか人には聞けないリゾバ事情やリゾバ生活の実態についてお伝え出来たらと思います。


リゾバ派遣でも有給はあるけど実際には使えない!


rizobayuukyu
リゾートバイトをしている人やこれからリゾバをして生計を立てて行きたいと思っている方の誰もが気になることと言えば・・・「リゾバスタッフには有給休暇はあるの?」だと思います。今回は2年間のリゾバ実体験を元にリゾートバイトの有給事情についてお話ししたいと思います。

有給の計算は派遣元で何年働いたかで決まる

まず始めにリゾバスタッフには有給休暇はあるの?という質問にお答えすると、リゾバスタッフには有給があります。しかしながら、その有給を使うことはほぼ不可能となっています。それでは、リゾバ派遣の有給の仕組みとなぜ有給を取ることが不可能なのかということについてお話しさせていただきます。

リゾバ派遣の場合の有給日数の計算は、1つの派遣元で何年間リゾバ派遣されているのかによって決まります。例えば、リゾバ業界の大手派遣会社であるヒューマニック(リゾバ.com)で3ヶ月間のリゾバ派遣をした後、同じくヒューマニックで3ヶ月間のリゾバをしたとします。この場合は、有給を取得するための最低労働期間である6ヶ月間の勤務(雇用)が行われていますので、有給を取得することが可能です。しかしながら、ヒューマニックで3ヶ月間リゾバ派遣を行った後に、時給が低いということに気づきアプリリゾート(はたらく.com)やアルファリゾートに派遣会社を変えて3ヶ月間リゾバ派遣を行った場合は、一つの派遣元(派遣会社)で6ヶ月以上の勤務をしていませんので有給を取ることはできません。

なぜリゾバスタッフは有給を使えないのか

なぜリゾバスタッフは有給を使えないのかというと、有給を使うためには派遣元と派遣先のホテル・旅館での了承が必要になるからです。リゾバスタッフの有給は派遣会社(ヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾートなど)から取得する形になりますので、派遣会社に有給を使いたいという旨を伝えれば有給が何日間あるのかと言うことを教えてもらえます。しかしながら、有給があったとしても実際に使うことはできないのです。なぜ使えないのかというと、有給を使って会社を休むのは派遣先のホテル・旅館だからです。リゾバスタッフというのは、人手が足りないホテル・旅館に雇われるという住込みの派遣になりますので基本的に休むことは難しいのです。さらに、6ヶ月間同じ派遣会社を使ってリゾバを行い、有給が認められるようになったとしても3ヶ所目(リゾバを初めて7ヶ月目)のホテル・旅館では1ヶ月目の勤務になるのです。勤務を開始して1ヶ月目の勤務先で、自分は他の派遣先でもリゾバをしているから有給を使いたい!と言っても認めてもらえるほど世の中は甘くはないのです。

賢い有給の使い方とは?

これから話す内容は、私自身は試したことがありませんがもし有給を使うのであればこのタイミングしかない!と言う話をいたします。有給を使う場合は、派遣会社と派遣先の合意によって使うことができますのでリゾバ派遣中でしか使うことができないということになります。そのため、派遣先へ着任する数日前を有給にしてアルバイト代をもらうということはできません。では、いつ有給を使ったら良いのかと言うと、派遣期間の満了日の2・3日前に使うのがベストなのです。期間満了日の直前に有給を使うと言うことはその派遣先では最低でも2・3ヶ月程度は働いていると言うことになります。つまり、着任時に使うよりも印象が良いと言うことです。有給を使うときは派遣期間の満了2・3日前を派遣先のシフト作成の方に休み希望にしてもらいます。シフトが制作された後に派遣会社に電話をして、期間満了日2・3日前が休みであるため有給にすることはできませんか?と聞いてみてください。派遣会社・派遣先双方にとってデメリットになると言うことはございませんので有給が使える可能性があるのです。
※上記はただの休日を有給扱いにして欲しい場合です。派遣期間の途中で有給を使うのは難しいと思います。ただし、派遣先ごとに希望休を取ることが出来ますので用事がある方はぜひ希望休で休みを取って下さい!
※上記の方法はまだ試したことがない方法になります。有給を取ってみたい!と言う方は是非使ってみてください!


有給がなくても辞めるときに長期休暇が取れる!

有給を使う理由は2つあると思います。一つ目は、単純に好きな日に休みが欲しい!という理由。二つ目は仕事をしたくはないけど給料が欲しい!だと思います。もし、単純に休みが欲しいという理由で有給を使いたいと思っているのであれば、リゾバの派遣期間満了日を自分で調整することで休み希望に合わせて仕事をしないということができます。例えば、リゾバをする前から3ヶ月後のいついつに休みが欲しいと決まっているのであれば、その予定に合わせてリゾバを辞めることができるのです。仮に、X月20日に休みが欲しいのであればX月17・18日で期間満了の労働契約を結べば良いのです。実は多くの人は月末や派遣先の締め日に合わせて退職する必要があると思っている方がいるようですが、退社日は契約時に自由に決めることができます。この方法を使うことによって長期休みを自ら作ることができるのです。ただし、仕事はしたくないけど給料欲しさに長期休暇(有給消化)が欲しいという人には使えない方法になります。


リゾバで生計を立てることはできる?


rizobaseikei
リゾートバイト(リゾバ)は、約3ヶ月間の短期派遣になります。3ヶ月間の派遣期間を満了した後は、その職場で派遣期間を延長するか新たな派遣先で働くかリゾバを辞めるかになります。それでは、一年を通してリゾートバイトができるのかと言う話をいたしますが、結論から言うとリゾートバイトは一年中お仕事がありますのでリゾバだけで生計を立ててゆくことは可能です。なぜ、一年中リゾートバイトがあるのかと言うと、ホテル・旅館業では春休み・ゴールデンウィーク・夏休み・紅葉シーズン・クリスマス・年末年始の時期のように一年を通して絶えず繁忙期が訪れるのです。もちろん、閑散期もありますがリゾバが3ヶ月間の短期派遣だと考えると閑散期はあまり関係ないのです。(閑散期からお仕事を始めると案件が通常よりも少ない場合があります。)

リゾバのあまり知られていないあれとこれ

  • リゾバは最短一週間あればお仕事が決まる!
  • リゾバは厚生年金に加入することができる!

リゾートバイトは派遣登録後、担当者に働きたい勤務地や職種などの希望条件を伝えるとすぐに求人票をメールで送ってもらうことができます。送ってもらった求人を見て気になるお仕事があればその求人を担当している担当者から電話で仕事のお話を聞き、働きたい!となれば派遣会社の担当者が派遣先のホテル・旅館に連絡を取ってくれます。リゾバが全国勤務だということから、面接試験は一切ございません。採用・不採用は3・4日から一週間でわかりますので、採用になれば派遣会社から指定された交通経路で派遣先に向かうだけとなっています。

リゾートバイトは、寮費・食費・交通費が無料だと言うことは多くの人が知っている事で、2ヵ月間で50万円の高額貯金が出来ると言う噂はウソではございません。(派遣先や派遣時期によりますが・・・。)では、この事は知っているでしょうか?リゾートバイトでは、社会保障に加入する事が出来ます。社会保障に加入が出来ると言う事は、厚生年金と健康保険の支払いの一部を派遣会社が負担してくれるのです。言うならば、ボーナスがない社員です。3ヵ月間以上のリゾバのお仕事をする場合は、ぜひ社会保障の加入手続きを派遣会社の担当者に行ってもらって下さい。


リゾバ派遣の登録と派遣会社とは?


sansyahikaku1
私は約2年間で3社のリゾバ派遣会社を使ってリゾートバイト派遣を行いました。その派遣会社とは、ヒューマニック・アプリリゾート・アルファリゾートです。どの派遣会社が一番良いのかと言うことは、リゾバをする目的によって異なります。例えば、ヒューマニックは、派遣期間が1〜3ヵ月間のお仕事で少し働いては次の職場に移動したい人向けになっています。ヒューマニックは業界で時給が最安の派遣会社になりますので、仕事よりも遊び重視の人は選んでみて下さい。アプリリゾートは3ヵ月間のお仕事を日本全国で探したい!と言う人向けの派遣会社になっています。時給はヒューマニックよりも高く、3ヵ月間のお仕事を探す場合の求人数はあまり変わりません。(リゾバ業界で一番求人数が多いヒューマニックと同じだと言う事です。)アルファリゾートは、3ヵ月間のお仕事を高時給で働きたい!と言う人向けのは派遣会社になります。ただし、求人数はヒューマニック・アプリリゾートに比べると半分以下になります。
詳しい3社比較を知りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい!

〜派遣登録について〜

リゾバ派遣の場合は、どの派遣会社も店舗登録とインターネット登録が可能です。インターネット登録の場合は、必要書類等を郵送したりしなければなりませんが基本的に難しい事はございません。超がつく程ど田舎に住んでいてもインターネット環境があれば派遣登録が出来ますので、リゾバをしたい!と言う人はぜひリゾバ派遣登録をしてみて下さい!(ちなみに、私自身もど田舎出身です!)