【金運UPアイテム】お金がどんどん貯まりそうな台湾のぽち袋

1月に台湾へ1人旅行に行った時、ちょうど旧正月前であったため様々な金運グッズを見つけることが出来ました。その中でも、台湾で使われているぽち袋(お年玉用袋)がなんともいい感じの金運UPアイテムでしたので皆様にご紹介したいと思います。


台湾で購入したぽち袋のクォリティーの高さ!


台湾の旧正月の時期になると掲載画像のようなぽち袋を様々な所で買うことが出来ます。台湾で売っているぽち袋は”赤”と”金”の色使いが基本となっているようです。日本のように白やアニメキャラクターのようなぽち袋はほとんど使われません。台湾の人はきちんとしたぽち袋にお金を入れ、相手にお年玉をあげるようです。掲載の画像は私が購入したぽち袋になります。かなりシンプルなものを選びましたので”金運!金運!”はしていませんが、シルバーのコインをイメージしたデザインはかなりお洒落です。お店には名字(姓一文字)が金で書かれたぽち袋も沢山売っていました。台湾人(中国人)の名字は一文字で、ラッキーなことに私の名字も一文字でしたが、台湾人の友達に聞いたところ”森”の名字を持つ台湾人はいないようです。と言うことで私の姓が書かれてぽち袋は売っていませんでした。

画像のぽち袋は誠品書店で購入したもにになります。誠品書店ではなくても露店でも沢山ぽち袋が売っています。画像のぽち袋の値段は6枚入りで128NTDです。日本円にすると約450円となりますので、かなり高級なぽち袋と言えるでしょう。値段だけではなく品質もかなり良く高級感があります。これよりも安いぽち袋は台湾で沢山売っていますので、旧正月時期に台湾へ旅行に行った際はぜひ購入してみて下さい!


ぽち袋の使い道を考えてみよう!


台湾製の高級ぽち袋の使い道は、お年玉を入れる時やお祝い事に使うことが出来ます。入学祝いや出産祝いの時に台湾製のぽち袋にお金を包んで渡すと気分が良いでしょう。

〜皆さんは口座から引き出したお金を何に入れてしまう?〜
銀行のATMでお金を下ろした時、何にお金を入れますか?お札が一枚二枚であればそのまま財布の中に入れると思いますが、数枚になるとほとんどの人はATMのサイドにある銀行のロゴやメモ欄がある封筒に入れるでしょう。封筒に入れ、お家にお金を持って帰った後はそのままタンスの引き出しにしまったするのが一般的だと思います。

タダでもらった袋にお金を入れても、お金は喜びません。封筒から出て行こうとします。絶対に使わないお金として取って置いたとしてもお金がいつの間にかなくなるのは、自分の意志が弱いだけではございません。お金が逃げようとする力に負けているのです。

無料の袋ではなく台湾製の高級ぽち袋にお金を入れると、お金にとって居心地のよい場所となりますので逃げようとする力は働きません。また、高級な袋の封を切りたくないと思うためお金を出そうと言う気にもならなくなります。

ぽち袋に入れたとしてもお金が増えることは一切ございません。しかし、高級なぽち袋にお金を入れるとお金を出すことがなくなりますのでお金が無駄に減ることもなくなります。


台湾のぽち袋はお金が貯まる?!?!


上記で述べた通りぽち袋にお金を入れたとしてもお金は貯まりません。しかし、この運気に満ちあふれたぽち袋に宝くじ(ロト6や年末ジャンボ宝くじなど)を入れておけば高額当選をすることがあるかもしれません。よく宝くじに当たる人は、宝くじの券をお部屋の運気が集まるところできちんとした袋の中に収めていると聞きます。

また、台湾でぽち袋を買ってそのレシートをぽち袋に入れて保管しておけば高額当選をするかもしれませんね。

※台湾ではレシートが宝くじとなっています。レシートには番号が振ってあり、2ヵ月に1回当選番号が発表されます。レシートは数えきれないくらい発行されていますので高額当選は難しいと思いますが、最低額の100台湾元(日本円にすると350円)は一年に一度くらいは当ります。

おすすめ関連記事